2014年7月アーカイブ


今年は冷夏だと聞いた気がしますが、
厳しい暑さが続いております。

お客様邸での施工も非常に厳しい季節です。

神奈川県横浜市ナノグラスコート30施工後金沢区jpg.jpg
(本日7月31日横浜市金沢区にてナノグラスコート30 ツヤ控えめガラスフロア)

さて、7月を振り返ってみます。

まず、施工レベルがより一層飛躍した感があります。

施工部でも様々な試みを自発的に実施し、
常に向上心を持った仕事をしているところによるものです。

その反面、事務方での単純ミスが頻発。

ここの責任はすべて私のあるのですが・・・。

あれもこれもと手を広げても、
一度に扱える仕事量には限りがあります。
そうわかってはいるものの、ついつい
私は、圧を掛け過ぎてしまいました。

そんな時こそ、私が率先して仕事をするべきでした。
かなり厳しい状況にいたスタッフに、心からごめんなさい。

猛省しているところです・・・。

また、御見積の公明正大さを今一度確認をします。

明日8月1日は誠に勝手ながら臨時休業とさせていただき、
社内研修を実施します。

すべてのお客様への御見積やご契約内容に齟齬が
ないかのチェック。
担当レベルで生じる価格差はないか。

あらゆる角度より業務を確認し、
一度リセットをする必要があります。

当社は営業職にノルマを設けておりません。

それ故、恣意的な価格設定をする必要はないのですが、
人対人のことですため、少なからず生じてしまうところ・・・。

そんな部分を看過しない会社とします。

明日は、研修日と言う名の監査日となるのですが、
私はとある工務店様の本社へお伺いを
させていただきます。

当社とのシナジー効果をなど言うつもりはありません。

当社とお取引をするとお客様が喜ばれますよ。
などと真顔で言ってしまいそうですが、
基本的に本音で話しをさせていただこうかと。

7月にいただきましたクレーム状況。

施工部のクレーム

コーティングの中に何かゴミのようなものが
内包されているとのご指摘。
8月10日にお伺いをし綺麗に除去をし、
再コートをさせていただきます。

収納部分が埃っぽいとのご指摘。
即日お伺いをさせていただき、再作業をさせて
いただきました。

コーティングをしたフローリングが一カ所滑るとのご指摘。
翌日お伺いをし、IPAで拭き解消しました。

フロアコーティングを実施した部分が一部傷がついている
とのご指摘。
お引越日が翌日であったため、
お引越後5日経ちお伺いをし、
一部再施工をし、ご納得をいただきました。

業務部のクレーム

ご契約書のお支払方法に記載ミスのご指摘。
即日、正しきご契約書をご郵送。

ご契約書の施工期日記載ミスのご指摘。
即日、正しきご契約書をご郵送。

エコラットの御見積がでるのが遅く、連絡もないとのご指摘。
また、ようやく出た見積をみたら
面積をだいぶ縮小したにもかかわらず、
金額の減少が少ないのではとのご指摘。

対応の遅さ、後手後手な対応が有ったことを社内で確認しました。

本件に対しまして、
今後の対応策を本日、社内で検討、実践を開始。

金額面について再度精査し、ご提示させていただくと同時に、
対応の遅さにつきまして心よりお詫びを申し上げました。

これは、本日頂戴したご指摘です。

お客様の仰せの通りであり、
何ら言い訳の余地が無き事案です。

せっかくご期待をいただいております中、
このようなこととなりましたのは、
私の責任です。

7月最後の日に、
大きな警鐘をいただきました。

スタッフ一同、反省すると同時に、
今後このようなことがなきよう、将来に活かし、
ご不信を払拭していただけるべく、
努めて参る所存でございます。

今年私は、本厄の年です。

気を引き締め直します。


代表









「 フロアコーティングショールーム 」森のしずくへ

ご来場をいただきますと、内覧会への無料同行サービスがございます。

また、玄関部の石材タイルへナノグラス玄関コートを無料プレゼントさせて
いただきます。

このほか、様々な特典がございます。

ショールームご来場者様からは、フロアコーティングをお選びになられる際に、
小さなサンプルではイメージができなかったとの声を多くいただきます。
  夏本番森のしずくjpg.jpg

ナノピークス
ナノグラスコート30
UVフロアコーティングと当社30年保証のコーティングが
床にディスプレイされておりますため、
実際に歩いていただき、
滑り具合や風合いを体験いただけます。

とても暑い夏ではございますが、
コーティングに迷われた方は是非お気軽にお越しください。

フロアコーティングショールームjpg.jpg




本日、茨城県水戸市東野町にお伺いしている
スタッフより、完了報告と施工画像が届きました。

その中で、懐かしい一枚。
昔は良く、キッチンカウンターもコーティングをして
おりました。最近ではほとんど無いですが・・・。
キッチンカップボード天板コーティング.jpg
このカウンターにナノグラスコート30ジコーンと浸透し、
板の中でクリスタルのように結晶 硬化しております。
想像をしただけで、うらやましいです。 それにしてもキレイに入っています。

昔はもっとピカピカしたUV等をカウンターに施工をしておりましたが、
このような木質を活かす、ナノグラスコート30も惚れ惚れしてしまいます。

今回のお客様は水戸市から埼玉県所沢市のショールームへお越しをいただきました
貴重なお客様でした。キッチンカウンターは現場仕上げがされていたり、
施工が出来ない具材が増え、自然と施工をしておりませんでした中、
ショールームご来場の際に、キッチンカウンターにはできませんか?
との質問をいただいておりました。
施工スタッフがお伺いをし、可能な天板でしたら是非施工をさせていただきますと伝えて
おりました。

本日お伺いスタッフによると、とても相性の良い天板であったとのこと。
何よりでございました。
ナノグラスキッチン天板コート・・・とても良いかもしれません。

下図は施工前処理を終えた階段部分です。
ナノグラス階段施工前.jpg
階段は実は一番傷が付きやすい場所です。
そして摩耗も激しい場所です。

ナノグラスコート30階段施工後水戸市.jpg
そのようなことを考えると、洋室よりも使用頻度が高い階段をチョイスすることも
費用対効果の面からとてもおすすめします。
ナノグラス階段コートは質感を変えることなく、基材(ステップ版)を強化できる
画期的でとてもきれいなコーティングです。
艶はほとんどありません。

そこがまたきれいなところであります。


現場からの報告メール画像に、天板が。
最近実施していなかった、
キッチン天板コートの画像があったため、報告させていただきました。

代表
価格につきまして述べさせていただきます。

コーティング剤の品質と保証年数は
必ずしも比例しません。

これは保証年数は各会社が任意で設定して
いるからです。

ですから、保証期間が長ければ良いコーティングとは
限らないのです。

コーティング剤の品質を知る一つの指標は
施工価格に表れるのが一般ですが、
こちらも価格を各社で設定するため、
信憑性に欠けます。

それでは、何を知ればコーティング剤の価格と
内容、品質がわかるのでしょうか。

結論から言うと、そのようなことが、わかるものが
多くの場合存在しないのです。

一般的に㎡単価¥3,000であると安いです。
現在¥4,200を超えるとちょっと高い気がします。
広さにもよりますが、上記が基準ではないかと・・・。

安くて良い会社もあるはずですが、
安かろう悪かろうの世界である点も注意が必要です。

せっかく高品質のコーティング剤を使っていても技術に
不足があると、本末転倒。

全てのバランスが大切です。

コーティング剤に自信を持っている会社であれば、
コーティング剤の安全データーシートを保有しています。
また、第三者機関による安全性の確認も実施しております。

これらは、取得を定期的に実施する必要があります。

例えば、検査取得日が2010年などの場合、
今から既に4年も前のものです。

コーティング剤も当然4年前の商品です。

コーティング剤の改良スピードは遅くとも、
半年ごと更新の頻度であるので、
業界的には手遅れぐらい古いコーティング剤となるわけです。

大切な新居のことですから、
出来るだけ、掘り下げて調べることが重要です。

そうすると、自然と適正価格がみえてくるでしょう。


フロアコーティング森のしずく




オハナ北戸田ガーデニア にて依頼件数が20件を超えました。

販売戸数を鑑みますと、非常に多くのご依頼をいただき、
心より御礼申し上げます。

それと同時に、スタッフ一同身の引き締まる思いでおります。
オハナ北戸田エントラス.jpg
これは私の勝手で、一方的な思いですが、オハナ様とは相性が良い・・・。
オハナシリーズでお伺いをしていないところが無いのでは・・・。
多くの内覧会へもお伺いをさせていただきました。

販売会社様もとても紳士的なご対応をいただき、
また何と言いましても、施工精度が高い印象がございます。

オハナ北戸田ガーデニアは内覧会ご同行時にも、
当社の経験では非常に良い仕上がりでした。
オハナ北戸田のLDKJPG.JPG
それゆえに、森のしずくご施工に際しまして、社員一同
細心の注意をもち、万全を期し臨ませていただく所存でございます。

思えば、昨年の夏に当社ショールームに、オハナ北戸田ガーデニアの
最初のお客様がご来場をしてくださりました。それから約1年が経過し、
内覧会も終わり、残すは御引渡しを待つばかり。

お客様におかれまして、どのような一年を過ごされたのか・・・。

そんなことを思いますと、
当社の責任を改めて自覚するのです。

施工時はもとより、ご施工後におきまして、
お客様のご期待にお応えし、無償保証を実践させていただき、
長きにわたり、お付合いをさせていただかなくてはなりません。

一年前にショールームへお越しをいただきましたお客様も
8月末にいよいよう、当社での施工を迎えます。

一年前に私が対応をさせていただきましたこと、
深く覚えております。

このように、多くのお客様に支えられ、ご期待をいただいております
ことに心より御礼を申し上げます。

今後におきまして、当社へご依頼をし良かったと実感いただくべく、
努めて参る所存でございます。


代表
森のしずく が考えます
フロアコーティングを施工するメリットは、
視点が少し違うところにございます。

「 森のしずくメリット 」とは?

傷が付いてしまった場合に補修することで、
床材をきれいな状態(ご入居時)にしやすいことです。

下図をご覧ください。
床傷JPG.JPG
日常生活を営んでおりますと、このように気が付けば床は傷だらけになってしまいます。

コーティングをしても傷は多くの場合防ぐことはできません。
であるならば、ついてしまった傷を補修するしか方法はありません。
室内で使用できるコーティング剤である限り、どんなコーティングを実施されても
残念ながら傷は付いてしまいます。
ですから森のしずくは傷補修を基本的に無償とさせていただいております。

通常の補修.JPG
このように、まずおおよその色合わせをして、パテ充填剤で穴を埋めます。

つぎに、細かい色合わせをして、最後に補修した部分へコーティング剤を塗布しますと
下図のようにきれいにほとんど解らない程度へと修復ができます。

補修後.JPG
傷のあった場所がわからない状態となり、完成です。

森のしずくが考えます保証年数と保証内容の神髄でもあります補修力。

補修技術の向上も当社における重要なファクターです。


代表
フロアコーティングを検討されている方の多くが
インターネットの情報を色々と観て、
ホームページから数社に絞り、
見積を取り寄せますが、

結局何が良いのか判らない・・・。

森のしずくナノグラスコート江東区施工後.JPG
(上図は、フローリングの自然さを最大限にいかしたフロアコーティングです。)
ナノグラスコート30と申します。


そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そもそもフロアコーティングとは、
液体を塗布し、硬化及び揮発して塗膜や被膜を
床材に形成ものです。

そんな商品を比較すること自体にそもそも論として、
無理があるのも事実です。

サンプルを見比べたところで、実際に住む家の床材とは
大きく違ったり、色が違ったりでイメージが掴めない。

何よりも小さな床の切れ端でイメージをしてくださいと言うことに
かなりの無理がございます。
・・・・・ここは当社もおなじですが。

多くのお客様が、限界ぎりぎり状態まで悩み、
えいやっと半ば結果オーライを念じて依頼をする。

そんな方もいらっしゃるでしょう。

先日、仕事上お付合いのある某社N社長に、
「 森のしずくさんの業界はドロドロしていますね。 」
と言われました。

まさにその通り、ドロドロしておるのです。

まず、フロアコーティング口コミサイトがとてもダークです。
もうブラックですね。
フロアコーティング会社を徹底比較などと言うサイトもあります。

これらのほとんどが、ヤラセです。

現に当社への営業電話も半端ではありません。

一括見積サイト等も同様です。営業電話鳴りまくり。

そんな中で、当社が頼みもしていないのに掲載されているサイトまで
ある始末。

ドロドロしております。
もっとお客様を向いた方へエネルギーを使わなくてはいけません。
こんなことを書いている私も私です。

結論として、
フロアコーティングは比較可能です。
何より各会社の特性を観ること。
①塗膜はあるか?
②光沢はあるか?
③コーティング剤のMSDS(商品安全データーシート)を貰うことができるか。
④コーティングの主成分は何か。
⑤コーティング剤はどこで作られているのか。
※⑤につきましては、自社オリジナルと言われる場合がありますが、
デベロッパー様が床材をつくらないのと同様に、コーティング剤をオリジナルで
つくれるフロアコーティング屋さんは存在しません。
そのような高度な技術、頭脳、工場がございません。
⑥会社概要に代表者名の記載があるか。
その代表は実在するか。

①~⑥を検討した時に、ご新居を任せることができるか否かは見えてきます。

電話応対等もとても単純ですが、その会社組織カラーが出るため、
要チェックでしょう。

一番良いのは、フロアコーティングショールームに行くことです。

そこで、執拗に営業されたり、契約を迫るようなことは現在ショールームを
保有されている会社さんでは無いでしょう。

とにかく、比較検討をし、ご自身がご納得できるところまで、
頑張っていただきたいと思っております。


代表

施工もバンバンしております。

プライベート日記です。

下図は、ナノピークスです。今や森のしずくで高い人気を誇る新商品。
UVフロアコーティングとガラスフロアコーティングの良いところを持ち合わせた
最新商品です。浸透硬化と塗膜形成により犠牲皮膜との両面を期待できる
ナノピークスは画期的商品として、販売開始と共に森のしずくで爆発的にヒット中です。
ナノピークスツヤ感.JPG


「 ナノピークス 」 森のしずく最新フロアコーティングです。
アデニウム大山町ナノピークス.JPG

透明感あるフローリングが実現する30年保証のガラスツヤ有りコーティングです。

UVフロアコーティング
UVフロアコーティング森のしずく.jpg
UVフロアコーティングはかなりの光沢度がある、
ピカピカの床が実現します。

そして、
ナノグラスコート30です。
アサカワホーム武蔵村山市.jpg
ナノグラスコート30はほとんど光沢がありません。
もとのフローリングの質感を阻害せずに、
自然な風合いに仕上がります。


本日も、多くのお客様にショールームへお越しをいただいております。

その中で、本日ご来場のお客様2で、組様のご新居のフローリングが
永大産業の特選シートフロアでした。
当社では、特選シートフロアへの施工を実施しておりません。
遠路お越しいただきました中、ご要望にお応えができず、
誠に申し訳ございません。

施工上、しっかりとした裏付けを持った仕事をすることが絶対条件で
ございます。

施工時、または施工後に不具合が予見されます場合は、
その旨をご説明をし、施工を実施できない事由をご納得いただくしか
ございません。

無理な施工や、どんな床材でも施工が可能な耐久性の乏しい
水性コーティングを実施することは当社の信義に悖るため
行っておりません。

費用対効果が十分に発揮されることを持ち、
30年無償保証を実践させていただいております。

本日のお客様には、ご理解を賜り御礼申し上げます。
フロアコーティングの施工ができない床が悪い床ではありません。

森のしずくは只今、軟性EBオレフィンシート専用の
フロアコーティング剤を開発中です。

すべてのお客様のご期待に沿えるべく、
努めて参ります。





ショールームへ来ております。

本日も、各地で施工を実施させていただいております。

今日の施工部の予定表を見ていたら、
ショールームから徒歩5分ほどの距離のところで
施工中の現場が・・・。

空き時間に少し差し入れをしてきました。

ショールーム近くで施工.JPG
ショールームより本当に近いです。
当社の車両を確認。

現場へ差し入れ.JPG
スタッフは中に居ることを確認。

各部位の際までしっかりと養生JPG.JPG
トイレ部もフローリングです。
各部位の細部までしっかりとマスキング養生がされていることを確認。

オリエント エポルカフロア.JPG
スタッフに発見されました。
フローリング材は「 オリエントのエポルカフロア 」
と、最近一戸建てで多い床材です。

幸いワックス無しのため、問題なく施工が可能。

差し入れを済ませ、邪魔者は退散です。

暑い中、御苦労様です。

当社は常に現場に支えられているのです・・・。


代表


部長


かなりプライベートなブログ

ナノピークスショールーム.jpg

フロアコーティングはショールームでお選びください。

フロアコーティングを施工されるまでには、
共通の流れがあります。

多くのお客様がインターネットの情報を
基にある程度ご自身にあったフロアコーティングに
照準を定めてから会社を選んでいきます。

この時点で既に、結果における間違いの
危険性が孕んでおります。

第一にその情報の信憑性・・・。

本当に、謳われているような状態が実現するのか。

第二にインターネットの情報のみによる会社選びの妥当性。

すべてはイメージであります。

ホームページは、人が作り上げたつくりもの、もっと言えば、
ホームページの運営者が理想としたただのイメージに他なりません。

このことは、当社にも当然に言えることです。


(7月19日ショールームにて本日最初のお客様へフロアコーティングのご説明中。)
シュールームご案内.JPG
(実際に敷設ディスプレイをご覧いただき、触っていただき、歩いていただけます。)


大切なことは、そのイメージが本物か否かの判定をする機会の有無です。

出来もしない理想を語り、
お客様に誤った期待をさせてしまうことが多くございます。

しかし、本当に正しい会社は、出来ないこと、デメリットをしっかりと
お客様にお伝えする会社だと考えます。

依頼をする前に、それらを確認いただく場所と機会をとの思いで、
森のしずくはショールームを設置しております。

大切なご新居のことです。
住居選びと同じく慎重になる必要がございます。

当社ショールームにお越しいただくお客様は遠路足をお運びいただく、
真剣にフロアコーティング選びをされている方々です。

ですから、私たち森のしずくは、より一層の真剣さを保持して
いなくてはなりません。

お客様の期待可能性を裏切ることなく、
お客様のご期待をはるかに上回る満足をお届けするために、
正直で、真摯なサービスを徹底しております。

フロアコーティングの真価が問われる場面は、
施工時にはありません。

真価は絶対に、施工後にのみ問われます。

施工後に、ご新居にて新しきご生活を始められてからの
将来に・・・・
フロアコーティングを実施して良かったと思える日が来るべく。
この会社に選んで良かったと思っていただける日が来るべく。
お客様の人生を豊かにする一助となれるべく。


歩んで参りたいと森のしずくは考えております。


そのファーストステップに「 フロアコーティングショールーム 」
ございます。

フロアコーティングショールームは、フロアコーティングを
検討されるすべてのお客様にございます。

当社へのご依頼の有無にかかわらず、ご対応させていただいております。

コーティングを考えられている皆様の正しい情報提供の場として
機能させて参りたいと考えております。

当社では過度な営業は厳禁としております。

お客様の自由意思を大切にさせていただきます。

少し興味がある方や、興味が無い方、フロアコーティングに
否定的なご意見をお持ちの方でも、是非お越しいただきたい
と考えております。

当社は、多くの方々による多角的ご意見を
常に欲しております。


森のしずく 代表

森のしずくホームページ

和田のブログです。

私のプライベートなブログです。
ここのところ、連日のように、
オハナさんへ内覧会ご同行にお伺いを
させていただいております。

本日も「 オハナ北戸田ガーデニア 」にて
内覧会に当社スタッフがお伺いをしました。

オハナ北戸田エントラス.jpg
内覧会の会場でも、もはや顔を覚えられたようで、
販売会社さんにも知る人ができたようで・・・。

本日のお客様はB棟でした。
オハナ北戸田7月14日内覧会.jpg
担当スタッフによると、オハナ北戸田ガーデニアさんにて、
これまで多くのお部屋を拝見し、きれいな状態であるとの感想・・・。
その中でも本日のお部屋は特にきれいであったとのことです。

このようなご物件に当社は入らせていただくのです。

スタッフ一同、身の引き締まる思いですが、
とにかく、常に万全を期して臨んでいきましょう。


代表
オハナ続きですが、
本日、埼玉県所沢市のオハナ新所沢の前を
通ったので一枚撮影させていただきました。

最終工事段階のようです。 2014年7月11日撮影
オハナ新所沢今.jpg
スタッフ紹介ページにて、当社部長和田の
ご挨拶をホームページにアップさせていただきました。


代表

「 オハナ北戸田ガーデニア 」内覧会
ご同行サービスを実施させていただきました。

当社にてフロアコーティングをご依頼いただき、
またショールームへお越しいただきましたお客様です。

本日2組のご案内を実施させていただきました。

オハナ北戸田ガーデニア内覧会.JPG
エントランスへとつづきます。最初のお客様の開始時刻は11:00からでした。

埼玉県戸田市美女木東にございます。
イオンモール北戸田のすぐ近くで、大変便利な立地です。

オハナ北戸田ガーデニア外観.JPG
美女木と言えば、当社スタッフも良く使用する外環道。
高速から建設中のオハナ北戸田ガーデニアが見えておりました。

オハナ北戸田ガーデニアJPG.JPG
解放感がある共用廊下です。
本日は台風の影響で時折強い風が吹いておりましたが、
それほど気にはなりませんでした。

オハナ北戸田廊下からリビングへ.JPG
これより、内覧会ご同行サービスの開始です。

オハナ北戸田スライドドア部傷.JPG
内覧会にご同行をさせていただきます場合、
デベロッパー様には大変申し訳ございませんが、
お客様のご利益を最優先させていただき、傷や不具合箇所を細かく
チェックさせていただきます。

オハナ北戸田収納部.JPG
収納は数が多いため、意外と見落としがちです。
ダボが無かったりするケースは多々ありますが、
収納扉の化粧板が剥がれているケースもあるため、しっかりとチェックしてください。
また、高い部分は目が届きにくいため、小さい脚立や、
手鏡があるととても便利です。

オハナ北戸田内覧会JPG.JPG
左窓側に当社スタッフのカバンがありますが、
しっかりと敷物を敷設後に、置かせていただきます。

洋室オハナ北戸田内覧会.JPG
洋室も隅から隅まで細かくチェックをさせていただきます。
洋室に梁がある場合は、クロスの貼りがあまい場合がありますが、
オハナ北戸田ガーデニアさんはしっかりと貼られております。

オハナ北戸田洋室.JPG
屋内のドアにつきましては、
ドア枠に傷がついている場合が多いので、しっかりとチェックします。
また、上図の右側に出墨壁がございますが、
このような壁は、ボード自体に傷が入っている状態で、
パテ埋めをして、クロスできれいに見せていることもございます。
その場合、指触にて確かめる必要があります。
当社スタッフが白い手袋にてすべての壁面もチェックを入れさせていただきます。

オハナ北戸田のLDKJPG.JPG
本日は、お客様へ長谷工様の担当者様がご説明をされておりました。
私どもは、ご挨拶をさせていただいた後に、
ひたすら、チェックに回らせていただきます。

オハナ北戸田洗面部.JPG
洗面所や浴室、お手洗いはどこを見れば良いのかが解らないとの
お声に対しまして・・・。
まずは、光るものに傷は無いか。水栓金具や、鏡。鏡も良く見ると結構傷が
あるケースがあります。
また、洗面ボールが割れているケースもあります。
いずれのチェックも、目で見るだけではなく、指触をおすすめします。

オハナ北戸田内覧会にてキッチン.JPG
キッチン部分は、工事が多い箇所です。そのため、必然的に傷が多い部分と
なります。床面、クロス、枠角部分と慎重に見てください。

オハナ北戸田玄関部.JPG
以外と多いのが、玄関ドアの傷です。
玄関は工事時の過程でも一番の通り道で、搬入経路となるので
ある程度は仕方がありませんが、傷については、見逃したくないものです。

オハナ北戸田エコカラット採寸.JPG
すべての傷や不具合を確認させていただきました後に、
エコカラットの採寸をさせていただきました。

オハナ北戸田外観.JPG
内覧会を終えて外へでると、晴れ間が・・・。

オハナ北戸田ガーデニア.JPG
ガーデニアとは、この中庭からきているのでしょうか・・・。
植栽がきれいにされており、とても良い雰囲気でした。

本日オハナ北戸田ガーデニアにて2件のお宅にお伺いをさせていただきました。

ご指摘をさせていただいた内容は、
床の傷が5~8箇所 クロスの汚れ10~15箇所 その他傷が7~9箇所でした。
可動不具合は2件共にありませんでした。

上記、 「 内覧会指摘事項 」が少ないと思われる方。
多いと思われる方と様々かと思います。

当社のこれまでの経験におきましては、指摘は少ないに該当します。
新築でありましても、物理的に傷がゼロであることは不可能に近いところがあります。
それを前提とした上で、落としどころと申しますか、
妥協点をどのレベルに持つかが肝心です。
許容範囲は存在しないとお考えの方もいらっしゃると思いますが、
それは、ご自身がご契約主体様である以上当然の権利かもしれません。

しかし、あまりに細かすぎる指摘をすることが総合的にベストでもない気がします。
施工会社様と殺伐とした空気になり、傷の再補修でもっと傷が増えてしまい、
いたちごっこ化してしまうケースも多くありました。
そのあたりは、新居の運気を大切にするためにも、
指摘するべきはしっかりと指摘をして、
許容範囲は逃していくことも、ご生活を開始後の将来にわたり、
精神的な安定があるように思います。

とは言え、当社は第三者として遠慮なく指摘をさせていただくのですが・・・。

貴重なお時間を頂戴し、またこのような機会をいただきありがとうございました。

このような形で指摘をするサービスであります当社を
快く受け入れいただきました長谷工様に心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

まるで、私がお伺いをしたかのような書き方をさせていただきました・・・。

これまでの経験で情景が浮かぶので・・・。

本日内覧会同行をさせていただきましたスタッフは、
和田、米田でした。


代表

生意気にも、過激な表題となりましたが、
私、当社の正直な気持ちです。

「 フロアコーティングDIY 」。

本件につきましては様々な経験より
DIYをするくらいなら、何もしないことを
おすすめさせていただきます。

事由1
個人で入手できるコーティング剤は、品質が低い点。
多くの場合がワックスです。
業務用のものを入手した場合でも、
金額は高い割に、品質はかなり低い商品である点。

事由2
事由1のように、粗悪なコーティング剤は
伸びが悪く、密着性も悪く、粘度が高いか、
逆に低すぎるかで、施工自体が非常に難しい点。

簡単に申しますと上記2点により、
結局新築住宅が台無しとなってしまう可能性が
高い点にあります。

それならば、無理にフロアコーティングなんてやる必要は
ございません。

「 やらずに後悔するならば、挑戦して後悔しよう! 」なんて
考えはお持ちにならない方が賢明です。

誰でも簡単にフロアコーティングが出来ますなんて謳い文句の
商品は、水を溢してしまうと直ぐに白濁します。
当社でもテスト済みですし、
DIYに挑戦をした後に、当社に依頼をされるお客様は非常に多いのです。

その場合、まずはご自身で実施されたフロアコーティングを
当社で除去するのですが、
通常のワックス剥離剤で簡単に除去できます。
つまり、フロアコーティング剤と言う名のワックスである場合がほとんどなのです。

大切なご新居ですから、きれいに使用されたいお気持ちは
とても良くわかりますが、であるならば、何もしないことをおすすめします。


本日の施工画像です。
飯田産業のご物件 床材永大産業:アトムフィット
埼玉県吉川市飯田産業アトムフィットにナノグラスコート30.jpg
施工部より、画像が送られてきたのでアップさせていただきましたが、
一番手前は未塗布の状態です・・・。


代表



「 フロアコーティングは上質なシーツ 」

                            であるという考え。

森のしずくナノグラス.jpgのサムネイル画像
新しいベットを購入した時、それは自分のこころを満たしてくれます。
だから、きれいなシーツを纏わせて、
きれいに使っていきたいと始めは思うのです。

しかし、実際は寝汗や涎やらでいつの間にか異臭を放ち、
シミはでき、洗濯を繰り返すうちに、ただの布きれへと変貌する。

このただの布きれと化したかつて新しかったシーツ。
新鮮な気持ちにさせてくれたシーツをフローリンング上に持って
きたならば、まさにこれがワックスにあたります。

せっかくベットを新調したのだから、奮発して一生ものの
高級シーツを購入して大切に使いたい。
そのように考えて上質で、そしてなめらかで、さらに美しい生地の
高級なシーツを購入して使用した場合。
高級な生地が何かわかりませんが、シルクとかでしょうか・・・。

高い金額の商品です。始めは大切扱って、汚さないように心掛け、
あまり洗濯等で素材を傷めることを避けて使用します。

が、いつしかその光景にも慣れ、生活空間の一部となったころから、
ただのシーツとなってしまうのです。

高級であるとの概念は保たれているため、
洗濯も極力控えてきた。
それがゆえに、衛生的には高級シーツの方が悪かったり
してしまう訳です。

使用しているうちに生地が摩耗して破れかけていたり。
そして生地の繊維に浸み込んだいやな臭に気づく。

いよいよう、洗濯をしなくては。
綻びも直して、また最初のようにきれいな状態にして使いたい。

そこで、クリーニング屋さんへ高級シーツを持ちこみ相談をすると、
「 これはとても良い生地なので、
 クリーニング代金はちょっと割増になってしまいますし、
 かけはぎ作業も必要ですので、結構お金が掛かってしまいます。
 どうされますか?                             」

「 解りました。きれいにお願いをします。 」
と答えるか、
「 では、結構です。愛着はありますが、そろそろ買換えます。 」
と答えるか。

この上質な高級シーツがフロアコーティングと過程します。

高級シーツと言っても、種類もたくさんあるし、肌触りも違うし、
好みも違う。
おまけに価格も大きく違う。

これはまさにフロアコーティングに似ております。

上質な高級シーツを選ぶ時には一生ものとして、
そして生活に密接にかかわる商品であるので、
インターネットだけで選ばずに、
実際の肌触りを直に確かめてみたいものです。

そして、高級シーツに保証がついていたらもっと良い。
当店でお買い上げの場合は、
かけはぎ無料。クリーニング無料です。

これが当社の考えです。
フロアコーティングをしても傷はやがてついてしまいます。
きれいに保つには、専門的な傷補修が必要です。
時に部分的に再コーティングも必要となるでしょう。

そうでもしなければ、20年や20年も物理的に
持ちません。

そもそも本当の意味で保証が出せません。

データ値では30年持ちます。
そのデータは日常生活を送らない状態です。
まったく意味不明な保証年数なのです。
掲げた年数を保証するには、
適宜メンテナンス(傷補修・再コート)が必携です。


当社は、お客様が日常生活を送られる、
土台を築く仕事をさせていただいておりますため、
汚してしまったり、傷をつけてしまうことをそもそも
予見した仕事をしなくてはいけません。

織込み済みであることが必要なのです。

室内におけるコーティングであるため、
強度のみを求めることは、有害物質の混入を
免れず、それは間違っております。

その上で、物理的に防げない傷に関して
出来る限りを無料で対応していくことが
保証として求められるのは、
フロアコーティングに対するお客様の期待よるところです。

当社は、お客様の期待に対しまして、
最大を持って応えて参りました。

今後は、そのサービスにより一層の充実を図って
参りたいと考えております。


代表
鹿嶋市ナノグラスコート30.jpg

「 フロアコーティング森のしずく作業風景 」 をご案内します。

昨日、さいたま市西区のお客様邸にお伺いをさせていただきました。


こちらは、新築一戸建のご物件です。


ワックスは塗布されておりませんでした。
床材状況新築ワックス無し1.JPG

その①
新築物件であっても、どこか白っぽく、粉を吹いたような状態で、
微細な埃や汚れが付着しております。
とくにクロスを貼る際に使用するボンドなんかが無数に床には落ちて
付着しておりますが、
内覧会でも見落としてしまうことが多いです。


その②
床面に付着した汚れはとりあえず置いておき、
まずは埃をとります。
除塵作業をしていきます。
ワックス無い場合、まず掃除機をかけます2.JPG
この日は2名でお伺いをしました。
そのため、1人が除塵作業をして、
もう1人がマスキングテープ貼りを同時進行で実施。

その③
フロアコーティング時には、しっかりと施工対象物以外の部分を
養生をして、コーティング剤の付着を避けることが大切です。
下図は幅木部分にマスキングテープを貼る作業です。
幅木にマスキング3.JPG
このマスキングテープを家のすべての箇所に貼っていきます。
森のしずくでは、床面との接地部分に気をつけて、ミリ単位できれいに貼ります。

その④
フロアコーティング施工時には、玄関の使用頻度が一番高いため、
これでもかってくらい、しっかりと養生を施します。
玄関周りもしっかり養生4.JPG
最悪に備えて、玄関に万が一コーティング剤がこぼれてもまったく問題が無い
状態にします。

その⑤
フロアコーティング会社では、この工程を実施しない会社がとても多いのですが、
森のしずくは「 外せるものは外して施工 」を実践します。
下図はドアキャッチャー部分です。
ドアストッパーやキャッチャー部分を養生だけで済ませるところが多いのですが、
養生があまいと、中にコーティング剤が浸透してしまい、
ドアストッパーや、ドアキャッチャーが通常通りスムーズな可動せず、
思わぬ不具合を引き起こしてしまいます。
また、キャッチャーの取り付け部分の下になる床面数センチですが、
この部分にもしっかりとコーティングがゆき届くため、
森のしずくでは外して、施工を実施します。
外すべきものは全て外して作業5.JPG
ドアストッパーやドアキャッチャーを外すと、施工後に
取り付け納めの作業があるため、多くの会社では採用をしていないようです。
そんなところから、所謂「 塗り逃げ 」的発想へと・・・。
一度手を抜いた作業を実施してしまうと、
安易な方向へと現場ではどんどんシフトしていきます。
ここはその意味でも、大切にしているところです。

その⑥
森のしずくで一番大切にしている工程です。
フロアコーティングに限らず、コーティング、そして塗装における工程で
大切な作業工程「 脱脂洗浄作業 」。
悲しいことに、驚くことに、この工程を知らない会社も多いのです・・・。
脱脂洗浄作業を手拭きで丁寧に実施6.JPG
この作業なくして、真のフロアコーティングは完成しません。
とにかく膝をついて、目を皿にして、床面のピース毎に丁寧に実施します。
最初に除塵作業をした意味はこの工程をする時に、
微細な埃や砂等で、床面を傷つけたり、摩耗させることが無きようにするためです。

そして、この工程では、先に述べましたクロスの糊やボンド、建具取り付け時に付いた
油分もろとも落としていきます。

さらに、細かい傷を発見し、補修を実施します。
フロアコーティング時の補修は、当社で出来る範囲である限りおこないます。
稀に、補修をすることが逆にマイナスに作用する傷もありますが、
その場合は、お客様にご報告をさせていただいております。

その⑦
階段部脱脂洗浄作業は、特に神経と体力を要します。
階段部分は大工さんたちが、最も厳しい作業を強いられる場所のため、
ボンド等が結構多く付着しております。
上段より下段へ降りてきたら、ウエスに驚くほどの不純物がつきます。
とにかく手のひら全体に均圧力を入れて脱脂洗浄をするため、
施工部のスタッフはこの作業で腕がプルプルと震え、
施工後には、腕はパンパンになります。
階段部も脱脂洗浄します7.JPG
しっかりとした手形で不純物が付着しているので、これはエクセレントな作業です。

その⑧
その後更に、最終の除塵作業を行います。
そしてさらに、タッククロスで除塵をしてようやく下処理が終了し、
フロアコーティングの施工に移るのですが、
これまでの工程がフロアコーティングで一番大切な作業となります。
これでもかなり割愛しておりますが、
フロアコーティング施工時に一番時間を要するのは
「 下処理 」です。

このような工程を経て仕上げていくのが
われわれ森のしずくのフロアコーティングとなります。
フロアコーティング完了しました8.JPG

ただ、コーティングを塗布するだけであれば、
ちょっと心得があればできるものです。

フロアコーティングの塗布作業に大きな開きがあるとは
思いません。

フロアコーティングに求められることは、
良い品質のコーティング剤と、
これでもかと言うくらいの「 丁寧な下処理 」作業です。

コーティングをしてしまうと、下にある素地は永遠に存在します。
フロアコーティングの多くは、施工後に除去ができません。

ですから、コーティングを施す前に、全ての汚れを取り除き、
無菌室状態を目指す必要があります。

森のしずくの工程には、ひとつとして無駄はございません。


代表


森のしずくは多くのお客様にご指示をいただき、

業界においてそれなりの地位を獲得ができました。


そして他に無い、森のしずく独自性にこだわり、

サービスにおもいっきり重きを置くことに専念して

参りました。

その歩み自体に大きな誤りは無かったと確信をしています。


しかし、蓋を開けてみればもはや、

「 既存サービスを寄せ集めただけのコンテンツ 」


気が付けば同業他社と何ら変わり映えの無い会社があるのです。


この現状にどこか嫌気が差した言えば良いのか・・・。

「 創造性に欠けた会社≒森のしずく。 」

私の中でふつふつと湧き上がる今日この頃・・・。


こんな想いを抱えながら生きる日々の中で

今後も、変わらずに本当に顧客において

有益なサービスを提供することができるか。


「 企業の目的は顧客の創造 」

企業の目的は社会にあり、会社の中には存在しない。

社会の機関として一定の役割を持ち、機能することが求められる。

すなわち、私たちの目的は社会の人々のニーズに

応え続けることにあります。


現況、業界自体が飽和状態の中にいる当社は

新しいニーズの創造が求められています。


そこで私は、森のしずくが次のステップを踏み出せるように、

動き、土台を作らなければなりません。


人を変えるのは非常に難しい。ですが、自分自身が変わるのは

人に求めるよりもずっと容易いこと。


私が先頭に立って、森のしずくの行く末を・・・・。


道標をつくっていかなくてはと焦る思いでおります。


通常これまで私が熟しておりました仕事をおもい切って

抜擢したばかりですが、新部長の和田に任せて、

私は少し離れて、新しい創造を具現化させる仕事に

取り組ませていただきます。

専念させていただきます。


「 任せる以上、極力口を出さず、後方支援に徹する。 」

そう考えております。


森のしずく代表として、会社の将来像を示していきたい。

今、会社として最大のアクションを起こしていかなくては・・・。

会社をより良き方へと、しっかりと変えていくこと。


これは、30年後もしっかりとした保証をお客様に

実践していくために、当然に必要なことでもあります。


常に、余裕を持ちながら、その先を考え、

お客様のご利益になることを会社として追求して

いけたらと考えております。


これからの森のしずくにご期待とご指導を賜れましたら

幸甚に存じます。



フロアコーティング森のしずく

代表


スタッフの「 アメブロ 」


森のしずく代表の日記


フロアコーティングを検討されている方へ。


多くのお客様がインターネットの情報をもとに、

様々な角度より検討をされると思います。


ここで気をつけるべくは、

フロアコーティングは傷がついてしまうことを

しっかりと認識されることです。


つぎに、傷がついた場合、ご自身でメンテナンスを

することは非常に難しい点です。


多くの業者が保証を出しておりますが、

傷についてはほとんどの業者が免責事項となります。


そのため、傷がついてしまった場合に補修を行いたい場合、

それらは有料となります。


フロアコーティングをしても傷はついてしまい、

さらに傷の保証が有料となるのなら、

フロアコーティングを実施する意味はいかほどでしょうか。


インターネットには非常に多くの情報がありますが、

その大半は間違った情報である場合も。


実際にショールームに足を運ばれるなど、

お客様の大切な家であるので、

慎重に調べていかなくては大きな後悔を

齎しかねません。


フロアコーティング森のしずく

代表


私は社是のようなものを掲げたところで、

その多くは自己満足では・・・。


そんな風な思いも正直にあります。


ただ、会社として社員の全てが

一歩出た瞬間より、会社を代表している自覚は

いつも必要です。


社是とは言いませんが、

当社にも社是に近いものは存在しております。

会社には就業規則と共に掲載があり、

入社時にも配布をしてあります。


今一度、確認してください。


森のしずくの行動規範です。

 サービス

お客様に感謝の気持ちを持ち、お客様のことを第一に考え、

その期待をはるかに超える努力をする


最後の砦として、どのような場面でもプロに徹し、

責任感を持って職務を遂行する


評価

森のしずくは全スタッフの利益、成長のためにあり、

その評価はお客様から獲得する


社員相互に尊敬と尊重の心を保持し、相互扶助よりも

相互成長に全力を尽くす


責任

階層にこだわることなく、信念を持った発言をし、仲間への責任を果たす


上記は、私も含めて皆で共有していくべきことです。

人が10人集まれば10通りの考えがあり、必ずしも自分の意見が通りません。


また、時に理不尽なことや、嫌な思いをすることもあるでしょう。


しかし、当社はそのような理不尽や嫌な思いを看過することはありません。


信念を持って伝えた言葉は、必ず人に響き伝わると考えます。


信念があるなら、一度や二度言ったぐらいでやめては駄目です。


貫いていかなくては、自ら活路を見出す気概もうまれません。


そして、上下を問わず、人として尊厳を持った振る舞いが必要です。


その辺を互いに大事にしていきましょう。


コミュニケーションの大切はもとより、

それ以前に、一期一会のこころ、

仲間を助けるだけではなく、共に成長しよう。


フロアコーティング森のしずく

代表



本日は、フロアコーティングのデメリットに

限った話しをしたいと思います。


フロアコーティングの最大のデメリットは

やはり、一度施工をするとワックスのように

落とすことができない点でしょう。


フロアコーティングでも落とせますよ。

水性のコーティングですから落とせます。

こんなことを軽軽と言うところもあるようですが、

それは嘘です。

基本的に水性であっても床材にしっかりと密着した

コーティングを落とすことは難しいのです。

さらに、コーティングを落とす過程で多くの場合、

床材を傷めてしまいます。


水性でもできる場合は、それはワックスであるから・・・。

ワックスならば話しは違います。

当然剥離が可能となります。

コーティング施工後でも落とせると言われる場合、

ワックスの可能性があります。


さて、フロアコーティングのデメリットとして次に挙げられるのが、

質感が変わることがある点でしょう。


しっかりとした塗膜を形成するUVフロアコーティングの場合は、

どこかプラスチックのような質感となります。

この感じ方は個人の感覚により大きく異なります。

そのため、ご夫婦であっても、質感のような感覚的なことを

しっかりとご確認をされてから決める必要があるかと・・・。


風合いがあまり変わらずに、質感もあまり変わらないコーティングは、

ガラスフロアコーティングとなります。

しかし、塗膜が非常に薄いため、

施工後の充足感が乏しいのが欠点となります。


当社ではこのほかに最新のコーティングで、

お客様に大変ご好評をいただいておる商品がございます。

今回は割愛します・・・。


さらに、フロアコーティングのデメリットとして3番目に挙げられるのが、

お客様のご期待値と実際のフロアコーティングとの格差でしょう。

これは、当社も反省しなくてはいけない項目です。

お客様に過度な期待を持たせてしまっている、

我々業者の責です。


物理的に不可能な点や、逆に不自然な点をも

コーティングをすることで防いでいけるような記述、および広告。

これらが多くのお客様に夢を抱かせてしまう。


お客様は善意の第三者です。

ここをしっかりと踏まえて、正しい情報を発信することが

我々業者の最も大切にするべきところです。


森のしずくは、正しき情報を少しでも

多くのフロアコーティングを検討されているお客様へ

ご提供させていただくべく、努めて参ります。


フロアコーティング森のしずく

代表

フロアコーティングとは、

お客様のご新居で実施される商品でありますが、

その商品自体のクオリティを本当の意味で

追求している会社は実は少ない。


ほぼ無いに等しいのでは・・・。


私はそんなことがどうにも我慢ができません。


森のしずくは違うぞっと言うよりも、

森のしずくはコーティング剤のクオリティを一番に

これまで、仕事をして参りました。


今後も変わりません。



森のしずく社員共通の考えにつきましては、

右下部Morinosizuku の約束をごらんください。


フロアコーティング森のしずく

代表


スタッフブログ


森のしずく代表の日記


このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。