フローリングが日焼けにより色褪せたり、

色味が変わってしまう現象につきまして、

当社の考えを述べさせていただきます。

IMG_日焼け.JPG

上図は、窓側(右側)部分が日焼けにより

退色してしまっております。

では、なぜこのような日焼けは起こるのでしょうか。

それを知るにはまず、

紫外線赤外線について知る必要があります。

IMG_00eee62.JPG

太陽の光の一部である紫外線・赤外線はともに

人の目では見えない不可視光線です。

紫外線は、光の波長が、光のスペクトルで紫の外側にあるため、

よりで、紫外線と呼ばれます。

UVは、Ultra Vaiolet raysの略で、紫を超えた光線という意味です。

この紫外線は、太陽から放出されると、大部分がオゾン層に吸収され

地表まで到達するのはわずかとなります。

この紫外線は、

フロアコーティングで防げます。

厳密には、完全ではありませんが、大幅に紫外線をカットするため、

紫外線による日焼けは軽減できます。

※紫外線対策済みのフロアコーティング剤の場合に限ります。

しかし、紫外線対策済みのフロアコーティングをすれば、

100%日焼けしないワケではありません。

多くの誤解がありますが、

フローリングの日焼けは、紫外線だけではありません。

問題は、赤外線なのです。

フロアコーティングで赤外線に対応している商品は

当社を含め、皆無と言えます。

赤外線は地表まで届き、地表を暖める作用があります。

この赤外線による熱が、

フローリング材(表面加工物)の退色を促進してしまい、

徐々に日焼けが進行していくケースが多いことがわかりました。


表題の回答としましては、

フロアコーティングで大幅に日焼けは抑制できますが、

絶対ではありません。

日当りが良く、太陽光が直射するフローリングは、

赤外線の熱による日焼けの懸念が残ってしまいます。

対策として、窓ガラスフィルムを貼ることも効果的ですが、

紫外線(UV)カット対策済みの

フロアコーティング施工だけでは、

フローリングの日焼け対策としては不完全な現状が

ございます。

フロアコーティングは、塗膜が割れてしまうことがあります。

割れる要因は、

〇塗膜が硬すぎる(硬度が高い)

〇塗布量が規定値より多い

〇塗布量が規定値より少ない

〇下処理の不備

〇コーティング剤の不良

〇コーティング剤がフローリングとマッチしていない

〇コーティング剤が、床材に密着していない

など、数えたらきりがないくらいあります。

ただ、ここで大切なことは、

上記に挙げたひとつの要因程度では割れないことです。

幾つかの要因が重なってしまった時に塗膜が割れます。

様々な業者様の割れを拝見する機会がありますが、

ほとんどが、フロアコーティング剤自体に起因する割れです。

フロアコーティング剤自体が時代錯誤なのです。

そのため、割れだけではなく、コーティング塗膜が茶色に

変色していたり、オレンジやピンクに変色していたり、

様々な変異が生じていることが多くあります。

フローリング材はどんどん新しい加工がされており、

5年前の基準のフロアコーティングは、

現在のフローリングにマッチしません。

フローリング材に適した基準のフロアコーティングが

割れないフロアコーティングの最低条件となります。

リスクマネジメントの観点からも、

コーティング剤、液剤自体を常に検証することを

怠ってはなりません。

割れないフロアコーティングのご提供は、

当然ながら最低要件です。

コーティングの密着不良が、

フローリングへのコーティングで一番多いトラブルです。

フロアコーティングは、

塗布後のコーティング剤硬化時に、

床方向(フローリング)へ重力が掛かることで、

床に定着、密着をしていきます。

しかし、様々な要因で密着がしっかりできないケースがあります。

現在では主流となりましたシートフローリング。

シートフローリングは、表面が様々な加工がされており、

密着不良の要因のひとつでもあります。

密着不良が生じると剥がれや割れの懸念が高まります。

密着不良が生じた場合は、速やかな対策を講じる必要があります。

IMG_20☆45.JPG

密着不良が防げない理由は?

一概には言えませんが、当社が考える最大の要因は、

フロアコーティング剤が時代錯誤であるケースがほとんどです。

シートフローリングに適してない、フロアコーティング剤を、

新しいシートフローリングに使用してしまっている。

施工対象の床材(フローリング)は進化しておりますため、

当然にフロアコーティング剤も即した進化が必要となります。

IMG_0854.JPG

ご新居のフローリングがどのような種類かを知り、

適したフロアコーティングを見極めることが大切です。

現在ショールームが連日満員の状態であります。

ご来場希望者様には、ご希望日のご案内が難しく

大変ご迷惑をお掛けしておりますこと、

心よりお詫び申し上げます。

当社は、お客様各位ごとに適切なご案内と

十分なご検討の機会を確保いただくため、

予約制とさせていただいております。

何卒、ご理解を賜れますよう、よろしくお願い申し上げます。

::::::::::::::::::::::::::::

スタッフ一同

S_6小さい1☆255691.jpg

本日、ショールームを担当させていただいております。

代表の久永です。

昨日は、山の日。

一昨日から1泊で富士山へ行っておりました。

IMG_00yy14.jpg

本日、筋肉痛の極み。

膝は笑っており、手もプルプルしております。

そんな状態で、大変失礼ですが、ショールームにて

お客様をご案内させていただいております。<(_ _)>

IMG_28ew41.jpg

本日も、高速道路は大渋滞。

そんな中にあっても、

遠方よりお越しをいただいております。

私も、膝を笑わしている場合ではございません。

皆様におかれまして、良い休日でありますように。

主力業務のコーティング。

お客様からも玉石混淆の業界ですね。と言われますが、

わたしたちが目指しているところは、

お客様に適う会社です。

お客様の声に応えて進化する会社を目指しています。

2017年8月9日の所沢市は、

台風5号が過ぎ去り、一段と暑さが増した本日、

ショールームは満員です。

お蔭様で施工部もフル出動中。

同じ72年前の本日、長崎に原爆が投下されました。

平和の中で暮らせるものとして、

会社として、

お客様の声に応えて進化するが、当社の道標です。

猛暑に始まった今年の夏ですが、

このところ天候不順・・・。

台風も来てしまいそうな中、8月に入りました。

IMG_21y16.JPG

当社は、お蔭様で8月、9月と多くのご予約を承っております。

施工部の夏休みは例年通り、

シフト制で対応をさせていただきます。

IMG_2324.JPG

天候不順とは裏腹に、

森のしずくの今夏も激アツです♪ ♪ ♪

IMG_2aaa343.JPG

S_6小さい1☆255691.jpg

オリエント/エポルカフロア/ワックス塗布済みの場合、

フロアコーティング実施には注意が必要です。

このエポルカフロアは、ちょっとデリケートな

シートフローリングであるため、

ワックス剥離作業時に、傷めてしまうことがあります。

ワックス剥離にはちょっとした知識と技術があれば、

問題ありません。

ワックスを剥離する、剥離剤にもこだわる必要があります。

昨日の現場より。

オリエント/エポルカフロア

IMG_2z416.JPGIMG_2z417.JPGIMG_24z18.JPG

剥離作業さえ間違わなければ、

フロアコーティング施工は問題ありません。

以下、ビフォア―&アフターの画像です。

IMG_240z9.JPGIMG_24z19.JPGIMG_24z10.JPGzsdaz.JPGIMG_24z11.JPGIMG_242z1.JPGzas.JPGIMG_24z22.JPGIMG_2z413.JPGIMG_242z3.JPGIMG_24z14.JPGIMG_24z24.JPGIMG_24z15.JPGIMG_24z25.JPG

きれいな仕上がりを実現しました。

ありがとうございました。<(_ _)>

本日もショールームは

ご予約でいっぱいの状況にございます。

フロアコーティングショールームの住所は、

埼玉県所沢市緑町4-7-17の2Fにございます。

遠路、お越しくださる多くのお客様へ

心より御礼申し上げます。

IMG_3130.JPG

こんな場所にありましても、

本日、最初のお客様は、

宮城県仙台市よりお車でお越しいただきました。<(_ _)>

また、午後からは三重県からもお越しいただくお客様も。

本当に遠く所沢市を目指し、お越しいただいております。

社員一同、お客様満足度を常に高められるよう、

あらゆる場面におきまして、努めて参る所存でございます。

フロアコーティングショールームに、

ご来場をいただきましたお客様のお話しです。

当社お客様のブログ等から、

ナノピークスが一番良いとの認識で、

ショールームにお越しいただきました。

しかし、実際に見てみると、ちょっと艶が・・・NG 。

そのお客様のご新居フロアは、

シートフローリングではなく、

突板だったのです。

シートに比べ、突板は艶があがります。

また、そのお客様邸のフローリングが、

朝日ウッドテックのライブナチュラル【かりん】

でした。

まさに、ショールームディスプレイに【かりん】が

敷設してありますため、、様々にご覧いただきました。

結果、やはり艶が気になるご様子。

それでも、

来て良かった。実際に見ないとわからない

ものですね!そうおっしゃっていただきました。

艶や質感は、

実際に見てみないとわからないものです。

そのためにフロアコーティングショールームがあります。

お客様は、今もお悩みをいただいております。

これがとても大切だと、存じ上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一条工務店i-smartお客様邸の施工前&施工後。

nanopeaks

IMG_22yt26.JPGIMG_22yt35.JPGIMG_22yt27.JPGIMG_22yt36.JPGIMG_22yt28.JPGIMG_22yt37.JPGIMG_22yt29.JPGIMG_22yt38.JPGIMG_223yt0.JPGIMG_22yt39.JPGIMG_223yt1.JPGIMG_224yt0.JPGIMG_22yt32.JPGIMG_22yt41.JPGIMG_223yt3.JPGIMG_22yt42.JPGIMG_22yt34.JPGIMG_22yt43.JPG