2013年7月アーカイブ

 

ナノグラスコート30年保証

 

 

ナノガラスコーティング.jpg

 

フロアコーティングの

ナノグラスコート森のしずく

では、ずっとフロアコーティングガラスコーティングに対しまして

否定的な立場でおりました。

 

ガラスフロアコーティングをずっと検証して参りましたが、

長い間、当社はUVフロアコーティングを主力商品として参りました。

森のしずく≒UVフロアコーティングとの立場で仕事を頂いておりました。

 

そのような中でガラスコーティングに踏み切れなかった理由とは。

 

「 フロアコーティング保証 」が出せなかったからです。

今まで色々なガラスコーティングを検討致しました。

しかし、保証が出せて初めてコーティングに価値が見出せると

考えます。

ここで言う保証とは、傷発生時に無償にて補修をさせて頂くことを意味します。

 

試してきたガラスコーティングは補修が非常に難しく、

保証が出せませんでした。

 

ひび割れなどは、テストを実施していく中で解消することが出来ました。

これら、コーティング剤の適応性を上げること(ノンクラック化)は、

当社ではなく、メーカーサイドで改良を実施して頂くことができます。

そのため、業界全般としてすぐに改良が進みました。

一部、クラックレス非対応商品もございますので、注意が必要です。

クラックレス商品であることは、現在必須条件でございます。

 

上記より、ガラスは割れやすいとの当社の考えも

2013年6月中にはすべて払拭できました。

 

多くのお客様より、当社に対しまして、

ガラスフロアコーティング施工リクエストを

頂いて参りました。

 

それでも商品として依然お売りすることが出来ませんでした。

 

無償保証が出来なかったからです。

 

次なる不具合が残っていたのです。

 

それは、コーティングと湿度の関係で硬化後に

床面が白く変色してしまう現象が

数パーセント予見されていたのです。

 

ガラスフロアコーティングに対しますニーズの中、

当社は焦りもございましたが、

利益優先の運営はお客様はもとより、

当社のスタイルではありません。

 

ずっとずっと、水面下でこの約2年間ガラスフロアコーティングの

改良を実施しておりました。

 

そのため、当社はガラスについて間違いなくフロアコーティング業界で

トップのデーターと知識、蓄積技術、そして実績面でも

1万件を施工する以上の総合情報を保有するまでになりました。

 

そのような中出た結論が、ナノグラスコートだったのです。

今までの既成概念を超えて、他業種とも交流をし、

勉強をし、まったく新しい、フロアコーティングでは異次元の

フロアコーティングガラスコート剤が誕生しました。

 

ナノグラスコート30はもちろん保証が出せます。

 

無償対応の保証書を発行させて頂けます。

 

ナノグラスコートジャパン株式会社並びに株式会社スプレッドサービスに

ご尽力を頂き実現をしました。

 

当社のモットーは。

 

当たり前ですが、自信の無い仕事はしません。

 

施工がキレイなのは当たり前です。

 

施工はどこよりもきれいに美しく。

それでもトータルで見た時に、

施工に対する比重は3割程度です。

 

残りの7割は?

 

施工後の30年間にしっかりと置かせて頂きます。

 

お客様につらい思いや、嫌な思いはさせません。

 

ただひたむきに、お客様のずっと先の未来を

見据えた仕事を心がけて参ります。

 

株式会社ゆはかのこ

フロアコーティング森のしずく代表

 

 

 

 フロアコーティングガラスコート

耐久性能が非常に高いナノグラスコート30が

おすすめです。

 

 

 シート式フローリング、オレフィン加工やEB加工の床材でも

珪素粒子がはるかに細かいため、

問題なく施工が可能な新しいガラスコーティングフロア専用です。

 

ナノグラスコート30は保証期間が30年のロングラン保証。

 

フロアコーティング森のしずくだから保証は本物です。

 

 ガラスフロアコーティング7月から先行発売中です。

 

森のしずくでは、ガラスフロアコーティングとUVフロアコーティングを

看板として充実した無償保証内容で今後歩んで参ります。

 

 ガラスコーティングのナノグラスコート30が被膜が薄く床材へ

直接作用するのに対しまして、

 

 塗膜形成型のUVフロアコーティングも今夏非常に多く

 実施をさせて頂いております。

 

 

 あらゆるお客様ニーズにお応えさせて頂きます。

 

 

 フロアコーティングで失敗をしないために、

 ぜひ、当社ショールームへお越しください。

 

 株式会社ゆはかのこ

 ナノグラスコート30先行販売を開始しました。

 

 

 

 

 

フロアコーティング森のしずく株式会社ゆはかのこ

では、現在下記の通り人材を募集しております。

 

経験者の方、未経験の方どちらも歓迎いたします。

 

当社は、お客様へすべての軸をおく、

サービス会社です。

 

お客様に、つらい思いや、嫌な思いをさせることが

無きように努めております。

 

良いサービスをご提供するためには、

当社で働く私ども社員一人ひとりが良い気持ち、

心を持つことが必要です。

 

仕事である以上、そこには憂鬱なことや

制約は避けられません。

しかし、理不尽なことや、つらい思いはさせません。

 

当社は施工スタッフと営業スタッフは一様に

評価をします。

 

一人ひとりが尊重し合い、皆が地に足をつけた

仕事を心がける会社です。

 

心の温かい人を求めております。

 

業務拡大にあたり、現在採用を実施させて頂いております。

 

対象:30歳くらいまでの方。(経験不問)

   要普通免許

   長髪、髭不可。

勤務地:勤務地及び、拠点所在地

    埼玉県所沢市緑町4-7-17TMビル2F

 

アクセス:緑町4丁目交差点近く。

    西武新宿線「 新所沢駅 」より徒歩5

    

勤務時間:職種により変動があります。

 

給与: 27万~53万円(役職手当含む)+報奨金有り

    試用期間3ヶ月 日給9,000

 

休日休暇:シフト制

     年末年始

     自由申告制

年次有給休暇

     慶弔休暇

     

待遇:業績賞与年2

   交通費支給

   社会保険完備(雇用・労災・厚生年金)

   役職手当

   家族手当

   住宅補助手当

   

 

応募方法:info@morinosizuku.com 

お問合せフォームに必要事項をご記入送信頂くか、

直接当社採用係電話04-2941-2402までお電話ください。

面接日や必要書類の詳細をご案内させて頂きます。

 

株式会社ゆはかのこ

 

 

フロアコーティング森のしずく

では、現況多数のマンションへのご施工予約を

頂いております。

 

川口市マンションコーティング.jpg

( 昨日の施工画像、埼玉県川口市)

 

 

本日は、グランドタワーターミナルビル本八幡での

最初の施工が始まります。

 

グリーンシア川崎京町でも多数のご予約を頂いており、

グランドタワーターミナルビルと重なって、

施工が始まります。

 

イニシア豊洲コンフォートプレイスの御客様からも

多数ご依頼を賜り、ご施工日も近づいて参りました。

 

フロアコーティング森のしずくは今夏、

ナノグラスコート森のしずくへ変わります。

 

ナノグラスコート30.jpg

 

UVフロアコーティングと、ナノグラスコート30(ガラスフロアコーティング)の

2種類に特化し、最高のフロアコーティングを追求して参ります。

 

ナノコンポジットをさらに進化させた、

ナノテクノロジーガラスフロアコーティング、

ナノグラスコート30年保証がスタートしました。

 

株式会社ゆはかのこ

フロアコーティング森のしずく代表ブログ

 

 

 

 

 

フロアコーティング森のしずく

から

ナノグラスコート森のしずく

へとフロアコーティングガラスコーティングにも

特化するべく今夏より新しい事業をスタート

させております。

シュールームも少しずつリニューアルが進んでおります。

 

ナノグラスコート森のしずくショールーム

フロアコーティングショールームナノグラスコート.jpg

 

当社は、ガラスフロアコーティングへは非常に消極的でした。

理由は塗膜が薄く傷が付きやすいことが多かったからです。

ここ数年の間はずっとテストのみを実施しておりましたが、

商品として、保証期間を設定し、お客様へお売りする

自信と、当社自身が納得できるコーティング剤がありませんでした。

 

そんな中、ナノグラスコートジャパン株式会社と

販売代理店株式会社スプレッドサービスと出会い、様々な部門で

ご教授頂き、また当社の意見や、リクエストをさえて頂きながら

コーティングを開発していく中で、

フローリングに最適なガラスフロアコーティングを実現することが

できました。

 

ナノグラスコートジャパン株式会社は

フジテレビ系列の「 ほこ × たて 」にも出演をされた

非常にこだわりを持ったコーティング剤メーカーさんです。

 

主戦場は車のコーティングをされておりますが、

ガラスコーティング剤に関してはパイオニア的存在です。

 

いろいろなガラスコーティング剤を扱ってきましたが、

これほど伸びが良いコーティング剤は初めての体験でした。

 

伸びが良いことは、コーティング剤の粒子が細かいことを意味します。

 

当社は今夏より、ガラスフロアコーティングをUVフロアコーティングとの

2枚看板で新たなスタートを切りました。

 

ナノグラスコートジャパン株式会社と株式会社スプレッドサービスと

株式会社ゆはかのこは、代理店契約を締結しました。

 

フロアコーティング業界初の

ナノグラスコートが森のしずくでスタートを切りました。

 

※ナノグラスコート森のしずく ホームページをただいまリニューアル中です。

 多くのお客様に先行販売を実施しております。

 ホームページは未だかと、多くのお客様よりお叱りを頂いております。

 全面リニューアルとなり、当初より大幅に遅れておりますことを

 お詫び申し上げます。

 あと少し、お時間を頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

 そのため、従来通りのURLは本来自粛をするべきですが、

 どうかそれまでは、こちらよりhttp://www.morinosizuku.com/

 お問い合わせ頂きますよう、重ねてお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 株式会社ゆはかのこ

 ナノグラスコート森のしずく

 

 フロアコーティング森のしずく代表

 

フロアコーティング会社の立場上、

フロアコーティングの良さを売ることは

当然でありますが、

ネガティブなこともしっかりと発信する必要があると

当社は考えております。

 

ゆはかのこ.jpg

 

フロアコーティングは、一度施工したら、基本的に完全に剥がすことがでいません。

 

施工後の除去が非常に困難です。

 

塗膜の強度を持たせるため、また密着性を高く保持させるため、

必然的に剥離作業が難しいくなります。

 

これは、一般的なデメリットとしてコーティングをご検討されている方は、

どこかで見聞きをされていることが多いでしょう。

 

しかし、本当のデメリットはコーティングが剥がせないことではありません。

 

逆に言うと、簡単に剥がせるようなコーティングをされたら困ってしまいます。

 

一番のデメリットは、コーティング剤でも剥がせないことでもなく、

人が施工する点です。

 

人が施工をするため、人により、技術や体調、気分等に左右されるケースが

非常に高いことが問題となります。

 

最大のデメリットは、剥がせないコーティングを「 人 」が実施することです。

 

ですから、コーティング会社には非常に高い管理能力と教育が科せられます。

 

剥がせないコーティングを実施させて頂く以上、

完璧な仕事を常に行う必要があります。

 

しかし、どれだけ注意をし、教育をしてもヒューマンエラーを100%避けることは

難しいのが現状です。

 

そこで、必要なことは、施工スタッフ(職人)のレベルを高くすることです。

とにかく、高いレベル、ハイレベルな職人を育成をします。

 

そして、100%の仕事を常に心得させます。

 

このハイレベルの「 レベル水準 」はとにかくずば抜ける必要があります。

 

そうすると、万が一90%の仕事であった場合でも、

他社では100%以上の水準をキープすることが可能です。

 

当社は、職人スタッフの技術にこだわります。

 

そのため、他社に比し、職人の待遇はずば抜けて良いです。

 

それは、市場調査はもとより、同業他社の調査も実施し、

フロアコーティング施工技術水準を測った上でのことです。

 

技術職として、会社として正当な評価を、対価として実施しております。

 

そのため、同業他社で自己の能力が正当に評価されていないと

思われる職人さんや、当社の施工技術を知りたいと思われる

同業者様は、個人、法人を問わず、何でもご質問をください。

 

より良き方向へ、当社は多くの方々のご意見をお聞きしたいと

考えております。

 

競合他社様でも、業界の適正化と底上げに力を合わせるべきは

力を合わせて行くべきだと考えております。

 

当社は下請制度を設けておりません。

完全自社施工に今後もこだわっていきます。

今時と思われますが、終身雇用が出来る会社を目指しております。

有能な人材を常に募集させて頂いております。

 

株式会社ゆはかのこ 

 

ガラスコーティング施工画像です。 

フロアコーティングガラス 本日千葉県での施工画像.jpg

  本日、フロアコーティングを千葉市で施工中の

担当者より送られて来ました。

終了予定は、18時です。

本日も暑い中、施工部は頑張ってくれております。

 

 

ワックスとコーティングの違い。

 

 

ワックスは主に水性もしくは、

植物由来の油脂や樹脂が主成分です。

 

 

ワックスはキズを目立ちにくくする効果があり、

適度な艶をフロアにもたらします。

 

 

ワックスの利点は、剥離(除去)作業が簡単にできることです。

ワックスの弱点は、水分に侵されやすいことです。

 

 

また、紫外線にも強くありません。

 

 

剥離が簡易にできることは、

そのまま水分に弱いことにつながってしまいます。

 

 

ワックスを塗布した床に水分を含んだタオルを置いておき、

一定時間が経過しタオルを取ってみると、

タオルを置いておいた床面が白色に変色してしまいます。

タオルに含まれていた水分をワックスが吸収してしまい、

その部分が白色に変化してしまうのです。

 

 

日常生活を送る場では、入浴や炊事と様々な場面で水を使用します。

 

 

日常生活における水道使用量の内、

0.2%は床面へ飛散しているとのデーターがあります。

 

 

このようなデーターからも、

気が付かない間に床面は水分にさらされている状態となっております。

 

 

水分に弱いワックスを塗布する場合は、

定期的なメンテナンスが必要となってきます。

 

 

ワックスの定期メンテナンスとは、最初にワックスを塗布し、

一定期間が過ぎたワックスを除去して

再度、新しいワックスを塗布することを

繰り返し実施することを言います。

 

 

一般住宅では、4ヶ月に1回程度のメンテナンスが

衛生面からみても適正な頻度となります。

 

 

ワックスの定期メンテナンスは様々な店舗では、

現在も主流の方法です。

 

 

しかし、店舗の多くが、長尺シート、

クッションフロアー(CF)を使用しているため、

水分に対して対抗力があります。

 

 

そのため、繰り返される剥離作業にも耐える強度があります。

 

 

一方で一般住宅の場合は、

100%と言えるほどフローリングが普及しております。

 

 

現在のフローリングの多くが、シート式フローリングや、

プリント式のフローリングで、

フローリング自体が水分を嫌う材質となっております。

 

 

そのため、剥離作業を繰り返し実施すると、

床材自体を侵してしまい、

取り返しのつかない事態へとつながってしまいかねません。

 

 

また、この剥離作業を伴うメンテナンスは、

ウェットバキュームや大量の剥離剤等が必要となり、

プロの業者へ依頼をしなくてはなりません。

 

 

ご生活を開始されてからもこのようなメンテナンスが必要となり、

床材自体へも悪影響をもたらす可能性が

高いワックスによる一般住宅維持管理は

非常に困難であると言えます。

 

 

 

水周りフッ素セラミックコーティングが変わります。

 

7月ご施工のお客様から随時新しい水周りコーティングを実施させて頂いて

おります。

 

水周りコーティング.jpg

 

従来よりも、はるかに撥水性が高い、超撥水を実現しております。

今後、水周りコーティングに関しましては、

当社に限らず、「 超撥水性 」という基準が

グローバルスタンダードとなるでしょう。

 

フロアコーティング森のしずくでは、キャンペーン企画で

クロスコーティング(無光触媒コーティング)を実施しております。

無光触媒コーティング専門業者さんよりも

本格的なコーティング剤を使用することをポリシーとしております。

とてもこだわりを持って選りすぐりのコーティング剤にて施工をさせて頂いております。

 

このコーティング剤を塗布するには、低圧ガンでは施工が出来ません。

 

温風低圧ガンを使用した、本物のクロス無光触媒コーティングをプレゼント施工中です。

 

本日のクロス無光触媒コーティング施工中の画像です。

こちらがプレゼントとなります↓

クロス無光触媒コーティング.jpg

 

防臭、防ウィルス、防汚効果があり、多くのお客様にお喜びを

頂いております。

 

株式会社ゆはかのこ

フロアコーティング森のしずく

 

 

ガラスフロアコーティング技術情報

 

ガラスフロアコーティングとは、

フローリング(床)の表面にガラス被膜を塗ることで、

フローリング(床)を汚れにくくする加工のことです。

 

一度施工をすれば綺麗な状態を長期間持続することが

できるため、マンション、一戸建て住宅を購入された

お客様に広く需要があります。

 

もともとは、床の汚れ防止である防汚効果が

コーティングをする主旨でありましたが、

コーティング剤の進化に伴い効果特性も多義に亘り、

耐水性、耐薬品性、防滑性と様々な効果が

期待できるようになりました。

 

現在では、単なる美観の範疇を超えて、

施主に意匠性を保持させた、それぞれの好みに応じた

光沢度にも対応できる業者も存在する。

 

近年では、あまりピカピカした光沢の床が好まれず、

光沢度の高いUVフロアコーティングから

マットな艶控えめな仕上がりのガラスフロアコーティング

へニーズがシフトしています。

 

艶があまりなく、無機質を謳うガラスフロアコーティング

の難点として、

施工前と施工後の過度な違いが無く、

大金を支払った上での「 やった感 」が少ないとの声が、

ガラスコーティング施工経験者さんの感想のひとつである。

 

無機質と言われるくらい、被膜が薄いため、

塗膜をしっかりと形成するUVフロアコーティングとは

コーティングの性質がまったく違うので注意が必要である。

 

ガラスコーティングは、直接床材自体(フローリング)に

作用するため、表面レベルでの被膜形成量は、

必然的に低くなってしまいます。

 

少しでも被膜を形成させるため、下地(プライマー)処理をした上で、

ガラスコーティングを施工する会社も多数存在する。

被膜を少しでも形成させる目的と、近年富に増えたシートフローリングへの

事後的施工方法である。

 

一方で、この方法では、ガラスコーティングのナノレベルの作用が

阻害されてしまい、ガラスコーティングが本来有するナノ形成、

ナノコンポジット技術の意義を損なう恐れが高い。

 

ナノレベルを追求するならば、一液性であることが最良である。

主剤に対して、ブタノールやIPAを添加し、コート性を上げることで、

実質のナノ形成は半減してしまい、成分粒子が大きくなってしまう。

 

さらに、プライマー処理をした上にガラスコーティングを実施するならば、

ガラスコーティングのナノ形成は、表面レベルだけに留まり、

フローリング(床)への作用は期待できなくなってしまう。

 

ガラスコーティングをフロア使用しる場合、より純度の高い

粒子であることが求められる。

 

粒子が細かいことが、高品質となり、

施工作業効率をあげるために、様々なものを添加することは避けなくては

ならない。

 

粒子の細かいガラスコーティング剤は現在多くは存在しない。

粒子が細かくなると価格も上がるため、

ブタノールやアルコールで希釈を推奨しているメーカーも

存在する。

 

希釈ができるガラスコーティング剤は、そもそも粒子が大きいこと理由で

希釈を推奨しているケースも非常に多い。

 

ガラスフロアコーティング施工時に、希釈を要するのであれば、

ガラスコーティングをする意味は薄れ、ネーミングはガラスコーティングだが、

結果はシリコンコーティングの艶消しと大差が無くなってしまう。

 

 

技術情報

 

フロアコーティング森のしずく も

ようやく、本当にやっとガラスコーティングの

商品化が実現します。

 

商品名は、メーカーとの秘匿契約の関係も

あり、リニューアル後のホームページで

ご案内をさせて頂いております。

 

現在すでに先行販売を実施中で、

7月中旬のお客様より

フロアコーティング森のしずくのガラスが

スタートします。

 

保証期間は、しっかり30年保証のみです。

 

従来のガラスコーティングのナノコンポジットを

超えた最新のガラスコーティング技術です。

 

価格は、他社や当社UVステイタスプレミアムと

比べると高めとなってしまいます。

しかし、現在これを超えるガラスフロアコーティングは

無いと言えるまで、検証をし、

しっかりとした保証をお出しして、

自信を持って売らせて頂くために、

コーティング剤の品質にとことんこだわり

実現しました。

 

それゆえ、安易な価格競争をせずに、

粛々と当社の方針で、しっかりとお客様を

向いたお付き合いをさせて頂けましたらと

存じ上げます。

 

ガラスフロアコーティングをランナップ致します。

 

フロアコーティング森のしずく

 

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。