フロアコーティング森のしずく【公式】高品質30年プレミアム保証

フロアコーティング 森のしずく
  • フリーダイヤルによるお問い合わせ
  • メールによるお問い合わせ

床下バリアコート5
Underfloor Barrier Coat 5

本当は怖い木材腐朽菌による被害と防止

住宅や構造物の材料である木材は、腐朽により外見や強度が劣化し、木材の乾燥重量が腐朽により健全な状態ではなくなり、木材の強度は見込めなくなります。
木材腐朽菌による被害は、床下、浴室や台所などの湿気の多い場所に多いが、土中に菌糸束を伸ばし、土中の水分を吸い上げ、木材を湿らせながら腐朽させる菌類も存在します。 また、セルロース等の分解生成物には、シロアリの誘引作用があり、木材の腐朽している部分は、シロアリの被害を受ける可能性が高くなります。
このため、木材の腐朽防止には種々の対策が講じられます。 木材の腐朽防止には、生育条件である水分、温度、酸素、栄養分を調整することができればよいですが、これは現実的ではありません。防腐処理を行う方法が最も有効な手段と言えます。
繁殖条件に該当する温度や空気は、生活空間で必要不可欠なものである為、管理することや制御することは非常に難しいです。 腐朽菌の必要とする栄養分も木材の主成分である為、なくすことは困難です。 腐朽菌繁殖条件の水分、木材を湿らさないよう管理することこそが最も有効な腐朽菌対策となります。
結果、日常的に気を付けられるこれといった有効な対策は難しく、木材防腐剤処理を行うことで腐朽を防止できます。
シロアリ発生箇所
蟻道
羽蟻