もしもフロアコーティングがはがれたら?

もしもフロアコーティングが剥がれたら?

どうしましょう!

IMG_35oi43.JPG

フロアコーティング剥がれに対しまして、

どのような対応をするのかを、ご案内します。

フロアコーティングが施工後に剥がれる原因は、

密着不良にあります。

密着不良は、フローリング(床材)とコーティング剤の

相性が悪くおこります。

しかし、ここで注意が必要なことがあります。

密着性を高めるために、業者によっては、

サンドペーパー(紙やすり)や、

ポリッシャー(床材研磨機)でフローリング(床材)表面に

敢えて細かい傷を入れる手法を採用している場合があります。

この方法は、後にフローリング(床材)が反ったりと

様々な不具合の懸念が生じるため、当社ではご法度です。

そのようなことがあっては、取り返しがつきません。

ローリング(床材)の特性を活かしたまま

フロアコーティングは実施するべきです。

そのため、密着性が乏しいと判断するフローリング(床材)に

対しましては、当社では施工を実施しておりません。

無理に施工をしてしまうことは、お客様の利益に反します。

さて、話しを戻します。

剥がれが生じたフロアコーティングは、

密着ができていないため、いくら上から何かしても無理です。

要するに密着不良のフロアコーティングは、

剥がすしか方法は無いのです。

IMG_354oi2.JPG

どうやって剥がすのか。

それはシンプルにスクレーパーで剥がす以外にありません。

IMG_354oi4.JPG

床材ピース毎に、慎重に丁寧に剥がしていきます。

IMG_354oi6.JPG

フロアコーティングは、塗膜の耐久性が強いため、

ワックスのように剥離除去ができません。

そのため、床材一枚ずつ丁寧に除去していくほかありません。

IMG_354oi5.JPG

上の画像は、床材から剥がした塗膜です。

時間もかなり要します為、戸建住宅全面作業の場合、

剥がし作業に2~3日をいただいてしまうこともあります。

フロアコーティング塗膜の除去が終わると、

ようやく下処理を実施します。

IMG_410r3.JPG

この作業は、人海戦術でもあります。

IMG_41r05.JPG

とにかく、丁寧に進めることが大切です。

密着性の悪かったフロアコーティングを

完全除去し、密着性高き、ナノピークスを施工します。

IMG_41r07.JPG

今回のお客様は、ご在宅中でございました。

IMG_41r09.JPG

また、ワンちゃんもご在宅中であり、

滑らないフロアコーティングのナノピークスが、

抜群に効果を発揮します。

IMG_41r08.JPG

すべての作業が終了し、家具の戻し作業を行い、

フロアコーティング剥がれからの回復作業の

終了です。

フロアコーティングは、施工後が大切です。

職人完全自社施工会社としまして、

施工後の様々な事象や、万が一のケースに対する、

対応力を大切にしております。

S_6小さい1☆255691.jpg

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティングショールームが2017年9月29日 08:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お叱り・ご指摘へのお詫び」です。

次のブログ記事は「フロアコーティング自分で失敗」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。