業者のためのフロアコーティング

今回は、森のしずくフロアコーティングの

考えを少し述べさせていただきます。

IMG_フロアコーティング傷.jpg

現状の保証内容や施工後の

業者対応をみると、

フロアコーティングは、

お客様のためにあるとは到底思えません。

IMG_フロアコーティング傷補修.JPG

その最大事由は、

どんなに硬く強靭なダイアモンドのようなコーティングを

実施しても、

傷は必ずつきます。

「 傷がつかないフロアコーティングはありません。 」

物理的な限界がそこにあります。

下図は、当社フロアコーティング後に

お客様邸で発生した傷画像です。↓ ↓ ↓

傷2.JPGUV補修前.jpg傷1.JPG

どんなに、傷がつかないことを謳っても、

紙の厚みよりも薄いコーティング塗膜厚で、傷を防ぐことは

不可能なのです。

また、硬い塗膜は割れる懸念しかなく、

総合強度としては大きな疑問が生じます。

硬さを売るコーティングは、

いつ割れるかわからない、

最大の弱さと隣り合わせなのです。

また、硬さを求めすぎますと、

有害物質の混入が生じてしまうリスクがあります。

以上のことより、

割れない。そして安全を考慮しますと、

おのずと、フロアコーティングでの傷に対する

対応には一定の限界がございます。

そのため、

当社はシンプルに施工時ではお応えが

できなかった部分。

ついてしまった傷や摩耗への

補修及び再コートを無償にて対応させていただく

保証となっております。

お客様がつけてしまった傷は、

有償・・・・・× 無料です。

お客様の過失による傷は有償・・・× 無料です。

そもそも、お客様以外に傷をつけてしまう

確率は非常に少ないこと。

また、傷がつく時、ほとんどが過失であること。

しまった・・・コーティングをしていたから良かった!!!

これが、森のしずくの考えであります。

営業職を持たず、広告を出さずに

これまで歩んで参りました当社の肝。

この無償保証こそが、もはや営業ツールとなっております。

本来、お客様の多くは傷対策でフロアコーティングを

ご依頼をいただきます。

ご生活上でついてしまった傷や摩耗への対応を

有償化するならば、

フロアコーティングを実施する意義は

やり逃げの業者にのみ意義が生じます。

業者のためのフロアコーティングを

ご依頼してはいけません。

フロアコーティングは、

施工時が一番きれいな商品です。

本当の仕事は、フロアコーティング施工後の

お客様のお暮しの中にあります。

森のしずくは、

お客様のお暮しに一番近い会社でありたい。

お子様にも、伸び伸びとご生活をいただき、

ちょっとの傷におびえることなく、自由なご成長を・・・。

私たちの将来を担ってくれる宝です。

お子様がつけてしまった傷や、

お子様のご友人様が付けてしまった傷。

そんな時はお気軽に当社にお任せください。

森のしずく子供の遊びから床を守ります。.jpg

それが、当社が唯一できる、小さな社会貢献です。

このように考えております。

最後に無償補修対応時の画像を

ご案内させていただきます。

ピースで補修します.jpg無償補修作業④.jpg

森のしずく (2).jpg

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2016年8月17日 08:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アーネストワン サンロード?エポルカ」です。

次のブログ記事は「御礼 森のしずく一同」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。