フロアコーティング断られる。。。

せっかく実施したいと思った

フロアコーティングを

断られるケースがございます。

もちろん、当社でも施工ができない

フローリングのため、お断りを

しなくてはならないケースもございます。

しかし、今回の例はちょっと違います。

20150302_102935.jpg

大理石調のフローリングの場合、

多くの会社さんは断る傾向にあることが

わかりました。

考えられる理由は・・・。

怖いからです。

通常フローリングと言えば、

木目調となります。

しかし、近年シートフローリングが

とても多く普及しており、

多くのシートフローリングの表面プリント部が

木目調であるため、

あたかも、木製であるかの錯覚がうまれます。

しかし、実際はプリントのため、

材質が同じであれば、どんな図柄でも同じとなります。

それが、石目調のプリントをされておりますと、

やはりこれまでのフローリングとは大きく違う商品と

思われて、フロアコーティング会社の多くが

戸惑いから、敬遠してしまうのです。

昨日ご施工のお客様は、オプション会社でも

実施ができないと言われたそうです。

ワンちゃんを飼われていて、

すべり対策としてどうしてもフロアコーティングを

実施したいとのご要望をいただき、

フローリングメーカー、商品名等を

お聞きしたところ。

当社ではまったく問題なく

施工可能なフローリングでした。

ウッドワン:コンビット ビアンコ。

昨日の施工現場より、

施工前、施工後の画像をご案内させていただきます。

IMG_1267.JPGIMG_1270.JPGIMG_1266.JPGIMG_1271.JPGIMG_1265.JPGIMG_1272.JPGIMG_1268.JPGIMG_1269.JPGIMG_1263.JPGIMG_1274.JPG

商品知識と、品質、材質、そして適格な技量がございましたら、

これほど綺麗に仕上がるフローリングはございません。

今回、ワンちゃんの防滑性を最重視させていただき、

ナノピークスを施工させていただきました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2015年12月20日 08:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フロアコーティング保証のウソ」です。

次のブログ記事は「i-smart施工昨日現場の一部より・・・。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。