i-cubeワックス剥離有りの場合

本日、施工部から届きました

施工報告画像です。

i-cubeワックス剥離.JPG

i-cubeのお客様邸にてワックス剥離作業を実施後に

フロアコーティグを施工させていただきました。

本日、当社に一条工務店ご担当者様から

ワックスを手配違いにて

掛けてしまっており、

ワックス剥離をお願いしなくてはならないのですが、

代金は掛かりますか?とのお問い合わせお電話が・・・。

当然いただくことなく施工を実施させていただきましたが、

できれば不要な工程となります。

床材への負担を考えますと、

コーティング前のワックス塗布には何ら有益性が

無いため、

お施主様におかれましては、

ワックスは全力で止めていただけましたら幸いでございます。

とはいえ、新築お引渡し時のワックス塗布は

サービスワックスなどと言われていたほどに、

工務店様からお客様へのマナー?

プレゼント?的な要素が過去にございました。

もう過去の話しですが、

フロアコーティングの施工にはワックス剥離作業は

必ず伴う作業だったのです。

過去には慣例のようなところもございましたため、

今回のケースは仕方がないことでした。

また、床材がi-smartのシートフローリングで

なかったことが、ラッキーでした。

さすがにi-smartではワックス塗布はないかと

思われますが・・・。

念のため、ワックスは絶対にお止めいただくことが

最良となります。

そして、施工後の画像がこちらです。

IMG_0825.JPG

階段部の施工後画像です。

IMG_0824.JPG

一条工務店様の場合は、ワックスが掛かっていないと、

当然の如く考えておりましたため、今回出張中の施工班が

剥離剤やウェットバキュームを持参しておりましたことにも

ホッとしたところです。

様々な状況を想定しておかなくてはと、

再認識しました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2015年12月 2日 16:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フロアコーティング施工前後の画像」です。

次のブログ記事は「ナノグラスコート30施工の場合。(昨日施工)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。