2015年12月アーカイブ

今年一年間、

無事にすべての仕事を終え、

新年を迎えられますこと、

多くのお客様へ心より御礼申し上げます。

IMG_1580.JPG

ショールームへもたくさんのお客様に

ご来場をいただきました。

本日、ショールームに盛り塩をし、

お清めをさせていただき、

新年をむかえさせていただきます。

IMG_1577.JPG

2016年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

2016年が、皆々様におかれまして、幸多き年となりますよう、

心より祈念申し上げます。

ありがとうございました。

フロアコーティング森のしずく

株式会社ゆはかのこ

社員一同

昨日の施工現場から

ご報告をさせていただきます。

某所一条工務店i-smartのお客様邸。

i-smartの外観を探していると

直ぐに発見することができました。

IMG_1519.JPGIMG_1518.JPG

前日に傷補修を実施している旨、お客様からご連絡がありました。

また、その際に補修屋さんともお話しをさせていただき、

明日の施工お伺い時で、最良の方法を採らせていただく旨を

お伝えしておりました。

IMG_1507.JPG

そして当日をむかえたワケですが、

補修箇所が結構多くありました。

ショールームにもお越しをいただきましたお客様。

とにかく補修痕がわかり難い施工を心掛けて下処理を

各所スタート。

IMG_1508.JPGIMG_1509.JPGIMG_1510.JPGIMG_1512.JPGIMG_1513.JPGIMG_1514.JPGIMG_1515.JPGIMG_1516.JPGIMG_1517.JPG

本日も、フロアコーティング内容はナノピークスです。

丁寧な施工を実施させていただき、

ナノピークス硬化後の画像がこちらです。

IMG_1521.JPGIMG_1520.JPGIMG_1528.JPGIMG_1529.JPGIMG_1530.JPGIMG_1526.JPGIMG_1523.JPGIMG_1525.JPGIMG_1522.JPGIMG_1524.JPG

お客様も、補修屋様も、一条工務店様も懸念をされておりました

補修痕につきましては、まずわからない施工ができました。

とても良い仕上がりを実現できました。

ありがとうございました。

フロアコーティング施工部 森のしずく

突板フローリングにナノピークスを

施工させていただきました。

IMG_1403.JPG

以下、ビフォア―&アフターのご案内。

IMG_1401.JPGIMG_1405.JPGIMG_1☆400.JPGIMG_140☆4.JPGIMG_1399.JPGIMG_1411.JPGIMG_1408.JPG

フロアコーティング森のしずく施工部

このところ、ナノピークスが

爆発的人気の当社にあって、

どうしてもマットな、

施工感の無いナノグラスコート30を

ご希望いただくこともございます。

ナノグラスコート30昨日施工画像を

ビフォア―&アフターにてご案内します。

IMG_1362.JPG

IMG_1375.JPG

リビング部の施工前後画像です。↓

IMG_1365.JPGIMG_1391[1].jpgIMG_1389[1].jpgIMG_1392[1].jpg

キッチン部分。

IMG_1364.JPG

IMG_1369.JPG

質感を変えることなく、

艶がほとんどなく、

自然な風合いの

マットなフロアコーティングです。

フロアコーティング施工におきまして、

ノンワックスの突板は、

塗り斑等が出やすく、注意が必要となります。

また、ノンワックス突板フローリングは、

通常以上に光沢が出る特徴もございます。

IMG_1359.JPGIMG_1360.JPG

経験の浅い施工者は避けるべき商品と言えるでしょう。

さて、そんなノンワックスの突板フローリングへの施工画像

をご案内させていただきます。

ビフォア―&アフター。Nanopeaks.

IMG_1347.JPGIMG_1357.JPGIMG_1348.JPGIMG_1356.JPGIMG_1349.JPGIMG_1355.JPGIMG_1350.JPGIMG_1358.JPG

以下はナノピークス施工後、硬化後のとなります。

IMG_1353.JPGIMG_1352.JPG

フロアコーティングの基本となります、切れ目、繋ぎ目を

いっさい出さない施工です。

森のしずく施工部

昨日の施工現場より

一部ビフォア―&アフターを

ご紹介させていただきます。

IMG_1304.JPGIMG_1307.JPGIMG_1312.JPGIMG_1305.JPGIMG_1314.JPGIMG_1303.JPGIMG_1309.JPGIMG_1306.JPGIMG_1311.JPGIMG_1302.JPGIMG_1308.JPGIMG_1298.JPGIMG_1316.JPGIMG_1301.JPGIMG_1313.JPGIMG_1300.JPGIMG_1315.JPGIMG_1318.JPGIMG_1322.JPGIMG_1319.JPGIMG_1323.JPGIMG_1320.JPGIMG_1324.JPGIMG_1321.JPGIMG_1325.JPG

一条工務店様の場合、

専門スタッフにてお伺い、ご施工をさせていただいております。

森のしずく (2).jpg

せっかく実施したいと思った

フロアコーティングを

断られるケースがございます。

もちろん、当社でも施工ができない

フローリングのため、お断りを

しなくてはならないケースもございます。

しかし、今回の例はちょっと違います。

20150302_102935.jpg

大理石調のフローリングの場合、

多くの会社さんは断る傾向にあることが

わかりました。

考えられる理由は・・・。

怖いからです。

通常フローリングと言えば、

木目調となります。

しかし、近年シートフローリングが

とても多く普及しており、

多くのシートフローリングの表面プリント部が

木目調であるため、

あたかも、木製であるかの錯覚がうまれます。

しかし、実際はプリントのため、

材質が同じであれば、どんな図柄でも同じとなります。

それが、石目調のプリントをされておりますと、

やはりこれまでのフローリングとは大きく違う商品と

思われて、フロアコーティング会社の多くが

戸惑いから、敬遠してしまうのです。

昨日ご施工のお客様は、オプション会社でも

実施ができないと言われたそうです。

ワンちゃんを飼われていて、

すべり対策としてどうしてもフロアコーティングを

実施したいとのご要望をいただき、

フローリングメーカー、商品名等を

お聞きしたところ。

当社ではまったく問題なく

施工可能なフローリングでした。

ウッドワン:コンビット ビアンコ。

昨日の施工現場より、

施工前、施工後の画像をご案内させていただきます。

IMG_1267.JPGIMG_1270.JPGIMG_1266.JPGIMG_1271.JPGIMG_1265.JPGIMG_1272.JPGIMG_1268.JPGIMG_1269.JPGIMG_1263.JPGIMG_1274.JPG

商品知識と、品質、材質、そして適格な技量がございましたら、

これほど綺麗に仕上がるフローリングはございません。

今回、ワンちゃんの防滑性を最重視させていただき、

ナノピークスを施工させていただきました。

当社は決して保証を売りにしておりません。

 

保証≒無償補修を

実施しなくてはならない事情から、

保証を実践しているにすぎません。

 

本来、保証を出さなくても良いくらい傷に強く

耐久性に富んだフロアコーティングであるならば、

それが最良です。

 

しかし、そんな魔法のような

コーティングは存在しない・・・。

当社のフロアコーティングは、

高い耐久性と傷もつかないため、

傷等の保証は出す必要がなくございません。

一般的な日常生活にて

このコーティングに傷が入ることはございません。

 

万が一傷がつく場合は、

日常生活の域を超えた負荷が掛かったと判断

せざるを得ません・・・・・・・・・・・・・。

 何て、自信たっぷりに言えるなら、

お客様におかれまして、そんな素晴らしいことは

ありません。

しかしこれらは、全部ウソなわけです。

 

傷がつかないようにするためには、

塗膜の硬度(硬さ)を上げる必要があります。

しかし、フローリング自体は伸縮性があり、

柔軟性もあるため、塗膜が固すぎると、

経年後に必ず割れてしまいます。

 

また、傷がつかない程度の硬いコーティングは、

有害物質の混入が懸念されます。

 

住宅の床面に施工をする特性上、安全性を

一番に考える必要がございます。

これらを鑑みますと、

フロアコーティングには限界が生じて

しまいます。

 

つまり、ご施工を終えただけで、

あとはお客様の責任とすることは

フロアコーティング施工会社として

無責任な仕事なのではと

考えるのです。

 

コーティング会社なら、コーティングの

限界を当然に認識しています。

 

ここから先は、言わずもがなでしょうか。

 

当社ではフロアコーティングの限界を

認識しておりますため、

施工時に応えることができない部分、

つまり日常生活におけます傷や摩耗を

保証内でケアさせていただく形を

とっております。

 

保証書が、「 絵に描いた餅 」では駄目なのです。

昨日の施工現場よりご報告させて

いただきます。

ご物件ミサワホームのお客様邸にて。

今回は、ナノグラスコート30を中心とした、

フルコーティングを施工。

施工前。施工後の順となります。

IMG_122☆4.JPGIMG_12☆31.JPGIMG_122☆7.JPGIMG_12☆36.JPGIMG_122☆8.JPGIMG_1235☆.JPG

各所がとてもきめ細やかな、しっかりとしたご新築住宅でした。

ありがとうございました。

昨日より、

東京都新宿区新築タワーマンション、

「 スカイフォレストレジデンス 」

にて当社コーティング施工が始まりました。

IMG_1211.JPG

フローリングは、コーティングを施工しますと

木目が際立って見えるタイプのシートフローリング。

IMG_1212.JPG

ナノピークス、UV、ナノグラスコート等をお客様各位にご依頼を

いただいております。

IMG_1209.JPG

シートフローリングは、

未施工時に粉っぽい感じがしますが、

脱脂作業を実施すると、

それだけでグッと引き締まって見えます。

IMG_1210.JPG

とても良し仕上がりを実現できました。

森のしずく施工部

当社は、完成品の有体物を

納品する形式ではなく、

お客様のお宅にて

ゼロから作業を実施し、

お客様のニーズに叶う商品を創造する

ことが職務となります。

森.jpg

それゆえ、施工過程、施工後とどの場面をとりましても、

良き仕事、満足のジャッジは必ずお客様の評価がすべて

となります。

これらは、自社で判断するべきものではございません。

最終当社をお選びいただきましたお客様にご満足を

いただくことが当社の真意なのです。

IMG_1010.JPG

ただ、ひとつ申しますと、物理的に回避できない事象、

また施工に長けているからこその最良の判断等も

当然日々の職務の中ではございます。

それはこれまでの経験に裏付けされた、

画一的な施工がベストではない、

各ケースにしっかりと対応した職人の判断が

あります。

すべてのお客様邸にて、同じ施工工程を踏むことが

正しくない場合があるのです。

大切なことは、

最終の仕上がりを如何に画一的に高い水準と

持っていくかとなります。

このところ、出張が多く、

いったい自分がどこにいるのか、すぐに解らなくなって

しまうほどですが、

お客様邸には確実にお伺いをさせていただき、

細心の注意を持ち、施工を実施させていただいております。

こ最近の施工後の画像です。

すべてナノピークス硬化後の状態となります。

IMG_1177.JPGIMG_1168.JPGIMG_1176.JPGIMG_1116.JPGIMG_1138.JPGIMG_1155.JPG

森のしずく (2).jpg

ようやく全職人が、出張から戻ることができました。

またすぐに出張となりますが・・・。

全員が揃ったところで、昨日忘年会を実施しました。

久しぶりに遅くまで皆でワイワイと・・・。

さて、ここ最近の施工画像を下記に、

施工前&施工後の順にご報告させていただきます。

IMG_1003.JPGIMG_1010.JPGIMG_1002.JPGIMG_1016.JPGIMG_1001.JPGIMG_1017.JPGIMG_1005.JPGIMG_1012.JPGIMG_1006.JPGIMG_1011.JPGIMG_1009.JPGIMG_1015.JPGIMG_0981.JPGIMG_0990.JPG

森のしずく (2).jpg

昨日ご施工を実施させていただきました

一条工務店ブリアールのお客様邸。

ナノピークスを施工させていただきました。

IMG_0879.JPG

少しご紹介をさせていただきます。

施工前、施工後のご案内となります。↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_0865.JPGIMG_0876.JPGIMG_0871.JPGIMG_0881.JPGIMG_0872.JPGIMG_0874.JPGIMG_0873.JPGIMG_0880.JPGIMG_0870.JPGIMG_0882.JPG

とても良い仕上がりを実現できました。

ありがとうございました。

森のしずく施工部

中国、関西方面出張チームより

昨日の施工画像が送信されて参りました。

一条工務店様i-smartのお客様邸。

ナノグラスコート30か・・・ナノピークスか・・・・。

お悩みをいただき、最終的にナノグラスコート30を

ご依頼いただきました。 

ナノグラスコート30(艶控え目ガラスフロアコーティング)です。

クッションフロア部分。

IMG_0827.JPGIMG_0835.JPG

トイレ部クッションフロアのビフォア―&アフターです。

IMG_0828.JPGIMG_0836.JPG

リビング部分。

IMG_0829.JPGIMG_0837.JPG

キッチン部分ビフォア―&アフター。

IMG_0830.JPGIMG_0838.JPG

階段部分もナノグラスコート30を施工。

IMG_0831.JPGIMG_0839.JPG

洋室1の場合。

IMG_0832.JPGIMG_0840.JPG

洋室2の場合。

IMG_0833.JPGIMG_0841.JPG

洋室3の場合。

IMG_0834.JPGIMG_0842.JPG

艶控え目ではございますが、

ビフォア―&アフターでは、艶感の差異は感じていただけるかと

存じます。

以上、施工現場からのご報告でした。

本日、施工部から届きました

施工報告画像です。

i-cubeワックス剥離.JPG

i-cubeのお客様邸にてワックス剥離作業を実施後に

フロアコーティグを施工させていただきました。

本日、当社に一条工務店ご担当者様から

ワックスを手配違いにて

掛けてしまっており、

ワックス剥離をお願いしなくてはならないのですが、

代金は掛かりますか?とのお問い合わせお電話が・・・。

当然いただくことなく施工を実施させていただきましたが、

できれば不要な工程となります。

床材への負担を考えますと、

コーティング前のワックス塗布には何ら有益性が

無いため、

お施主様におかれましては、

ワックスは全力で止めていただけましたら幸いでございます。

とはいえ、新築お引渡し時のワックス塗布は

サービスワックスなどと言われていたほどに、

工務店様からお客様へのマナー?

プレゼント?的な要素が過去にございました。

もう過去の話しですが、

フロアコーティングの施工にはワックス剥離作業は

必ず伴う作業だったのです。

過去には慣例のようなところもございましたため、

今回のケースは仕方がないことでした。

また、床材がi-smartのシートフローリングで

なかったことが、ラッキーでした。

さすがにi-smartではワックス塗布はないかと

思われますが・・・。

念のため、ワックスは絶対にお止めいただくことが

最良となります。

そして、施工後の画像がこちらです。

IMG_0825.JPG

階段部の施工後画像です。

IMG_0824.JPG

一条工務店様の場合は、ワックスが掛かっていないと、

当然の如く考えておりましたため、今回出張中の施工班が

剥離剤やウェットバキュームを持参しておりましたことにも

ホッとしたところです。

様々な状況を想定しておかなくてはと、

再認識しました。

施工前、施工後の画像を下記ご紹介します。

施工前.JPG施工後の床.JPGセゾン施工前.JPGセゾンナノピークス.JPGセゾンの階段.JPGセゾンの階段へナノピークス.JPGクッションフロア.JPGクッションフロア施工後.JPG階段下処理後.JPG階段フロアコーティング施工後.JPGi-smartフロアコーティング施工前.JPGi-smart施工ナノピークス.JPGナノピークスの仕上がり.JPGフロアコーティング口コミで人気ナンバーワンのナノピークス.JPGキッチンカウンターへのコーティングの場合.JPGキッチンカウンターコートこうなります.JPG

以下最近の施工後画像のご紹介となります。

20150302_102935.jpgIMG_0719.JPGIMG_0646.JPGimage2.JPGaa.JPG1442708909410.jpgレジデンス三田洗面コート.jpgザ・レジデンス三田ナノピークス塗布後.jpg1434002266391.jpg20150302_091605.jpg1426063489402.jpg1434591163960.jpg1429771559098.jpgIMG_0559.JPGIMG_0523.JPG

森のしずく施工部

このアーカイブについて

このページには、2015年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年11月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。