引渡し前のキズ補修

一戸建ての施工時のこと。

お客様へのお引渡し前段階で、

補修がされている場合が多くありますが、

当社コーティング施工に際します下処理で、

多くの補修がとれてしまいます。

そのため、著しく大きな傷以外。

1㎝程度の傷は、

そのまま傷を残しておいていただくように、

ご案内をさせていただいております。

1㎝程度の傷補修に対して、

10㎝程度の範囲をペーパーでヤスリを

入れた上での補修が多くあります。

その上で、補修をして、ラッカーで色を

付けているケースが多くあります。

ラッカー吹きをされている部分は、

コーティングが密着しなく、また綺麗に入らないため、

除去をせざるを得ません。

キズを補修する為に、さらに傷を入れることは

お客様におかれましても避けたいところです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2015年5月19日 17:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「犬のおしっこで床が腐る」です。

次のブログ記事は「ほぼ毎日i-smart施工中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。