犬のおしっこで床が腐る

現調にお伺いしたお客様邸の

フローリングが腐ってしまっていました。

まだ半年しか経っていないのに。

これは、フローリングとフローリングの

つなぎ目(接合部分)の隙間より、

おしっこが入り込んでしまい

内部劣化してしまうことで起こります。

一定量の湿度程度であれば、

サネ(接合部)からの通気により、

逃がすことができますが、

恒常的に水分が入り混んでしまう状況では、

あっという間に劣化してしまいます。

つまり腐ってしまうのです。

ワンちゃんだけでなく、

スチームモップをご使用されていた

お客様邸でも、同様の事案がありました。

では、コーティングでこれらを防げるか・・・?

サネ部分に積極的にコーティング剤を

流し混むような施工は、

不具合発生の懸念を鑑みできません。

そのため、コーティングで100%防ぐことは

不可能です。

しかし、大幅に軽減することは可能であります。

下図をご覧ください。

当社UVコーティング施工後の床に、

水を・・・。

IMG_UV.jpg

特に撥水はしませんが、5時間後に拭き取るまで、

この状態をキープ。サネへ若干の沁みこみがありました。

下図は、ナノグラスコート30に水を5時間放置。

IMG_nanoglass.jpg

コーティング塗膜には何ら変化はありませんでしたが、

やはり若干サネから水が下部に入り込んだ様子。

何もしていない床よりも、サネへの水の浸入は

大幅に削減できました。

因みに、ワックス塗布後のフローリングに水を5時間放置すると、

水があった場所が白く濁ってしまい、ワックスを除去しない限り

消えませんのでご注意ください。

さらに下図はナノピークス施工床に水を・・・。

IMG_nanopeaks.jpg

この図を見ても、水を弾いているように感じます。

5時間後の状況がこちらです。

IMG_ショールーム撥水.jpg

ナノピークスはコーティング剤の粒子が非常に細かいため、

水をこぼして暫くすると、ご覧のように粒状になります。

サネ部分への水の侵入も認められませんでした。

現在一番人気のナノピークスですが、

このような細かい性能が大幅に上がっております。

薬品にも強いため、おしっこ対策に非常に効果的です。

ワンちゃんのおしっこ対策にはナノピークスが

抜群の効果を発揮します。

ナノピークスは、フローリングの腐りを大幅に予防します。

 

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2015年5月17日 09:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガラス艶の違いの詳細。」です。

次のブログ記事は「引渡し前のキズ補修」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。