EB加工はメリットが大きい?本当と嘘。

現在多くのフローリングに
EB加工がされており、
ハウスメーカー様から、
もともと強いですよ。とのご案内も多くあります。

しかし、実際はEB加工など特に珍しいことで
なく、むしろ当たり前。

ほとんどのシートフローリングは、
EB加工がされており、実際は傷が付きますし、
ついてしまった場合は、
裂けるようなキズとなるため、結構厄介です。

EB加工の床材にコーティングをするメリットは、
どこにあるか・・・。

何よりも補修がし易くなる点ではないでしょうか。

コーティングをしている場合は、塗膜が犠牲となり、
裂ける傷も軽減され、また万が一裂けてしまっても
案外容易に補修ができるのです。

未施工の場合は、かなり大がかりな補修となります。

結局強さを謳われる商品は、
その許容を超えた時に、ダメージが増幅する場合が、
多いように感じます。

限界値が一見高いようで、
超えてしまうと、一気に損なわれてしまう。

シートフローリングと突板の大きな差異となります。



コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2015年4月16日 15:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エポルカフロアビフォア―&アフター」です。

次のブログ記事は「一条工務店様」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。