突板には艶控え目もGood.

最近の施工にて、当社ではめずらしく、
艶控え目ガラスを実施させていただきました。
☆1428535868893.jpg

フローリング材が、シートではなく、突板の場合は、
自然な艶が生じて、艶控え目でもほどよい光沢があります。

☆1428535850697.jpg

こちらは、ナノピ(艶あり)を階段部に施工した画像です。

1428537389360.jpg

床材に応じて、艶は大きく違ってきます。

例えば、UVのように高光沢であっても、
シートフローリングの種類によりましては、
お望みの光沢を実現することが難しい場合もあります。

それぞれの特徴と、実際の床材との相性が
とても大切であることがわかります。

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2015年4月 9日 10:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「同一マンション施工中です。」です。

次のブログ記事は「ご来場限定の内覧会ご同行にて。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。