自社施工のワケ。

よく、言われるこですが、
保証内容が良いと思い、
御社を選びました。

しかし、当社は保証を売りにしておりません。

森のしずくが目指すところは、
30年後も綺麗でしっかりと機能性を保持する
フロアコーティングの施工です。

そもそも社歴が30年もない会社が30年保証を
謳っていることに、
私自身疑問すら感じるところですが、
当社は自社施工を崩すことなくこれまで
業界においてもトップクラスの施工を実施して
参りました。

多くの会社様が外発注や、フランチャイズ、
一人親方への発注等で、
施工件数を増やす中、
当社は自社施工にこだわっております。

施工件数を安直に増やすことの弊害を
私たち森のしずくは知っております。

簡単に弊害を挙げてみますと、
①品質管理の徹底が難しくなる。
 
 自社でコーティング剤を管理しなくては、
 末端の施工者は廉価版のコーティング剤を
 使用して、利益を追求する必要に迫られます。

②外部発注をすれば、施工件数を増やすことが、
 会社の至上命題となり、
 施工技術の管理、向上が疎かになる。

③外部発注を実施すると、顧客獲得がどの場面でも
 最優先されてしまい、契約を獲得することが目的化して
 しまう危険性がある。

④顧客獲得が至上命題と化した会社は、
 営業会社に変貌する。

⑤上記、①~④より保証内容、対応が疎かになる。
 また、施工品質が低下する。
 さらに、お客様価格にマージン、営業費、広告費が
 大幅に上乗せされてしまう。

これらは、営利会社であれば、しごく当然のことかもしれません。

しかし、扱う商品は、とてもデリケートな商品なのです。

私は、外部発注など怖くて怖くてできないと言うのが
正直なところなのです。


コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2015年3月15日 14:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ショールームにケンさんがご来場くださりました。」です。

次のブログ記事は「アトラス三鷹レジデンスフロアコーティング報告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。