i-smartフロアコーティング適正報告。

一条工務店様のi-smartへの
フロアコーティング施工につきまして、
森のしずく結論をご報告いたします。

1426204120503.jpg

結論
i-smartへのフロアコーティング施工は、
森のしずくフロアコーティングの中でも
特に「 ナノピークス 」が最高の品質を
実現できる。


以下、テスト総評。

UVフロアコーティングは、
塗膜形成型のため、EB加工が施されている
シート表面に、若干の密着不良の懸念が残って
しまいます。

逆に浸透硬化型のナノグラスコート30は、
EB加工シートを通過して浸透するも、
シート下部の基材がHDFのため、
吸込み率が部位により差異があり、
平滑施工に難がある。

i-smartは基材がHDF(吸込は高くない)そのため、最終被膜形成、
仕上がりが平滑で綺麗な状態の完工に
若干の懸念が残ってしまいます。

1426204143040.jpg

ではなぜ、ナノピークスが
最良の結果(懸念材料無し)を実現したか。
そらは、とても単純なことであります。

これまでのフロアコーティングは、
塗膜を形成することで、
塗膜が犠牲となり、床材を保護する
パターンが多かったのです。
UVフロアコーティングはその典型例で、
いわゆる犠牲被膜コートの代表例。

1426204135100.jpg

それに対しまして、
ガラスフロアコーティングは、
一定量フローリングに浸透して、
床材内部で硬化をし、
床材自体と一体となり、
床材を強化するコーティング剤であり、
UVとは真逆の方式となります。

ただ、これらには越えられない壁が
双方に生じることが多いのが
デメリットです。

UVコーティングのように、
塗膜を形成する場合は、
コーティングに限らず、塗装においても
最大懸念は「 密着性 」となります。

公園の遊具、例えば鉄棒やベンチを
塗り替える時には、必ずやすりをいれて
粗傷を入れてからペンキを塗布します。

この際の粗傷を入れるやすり作業は
ペンキの剥がれを防止するため、
「 密着性をあげる 」ための大切な
工程となります。

フロアコーティングも同じです。
EB加工がされているということは、
あらかじめ一定のコーティングが
施されていると同じと言えます。

そのため、単純にUVフロアコーティングを
実施することは、密着性に懸念が
生じます。

それを解消するために、やすりを入れる業者さんが
非常に多いのが現状なのです。

紙やすりで、床材の表面に
ザッとペーパーヤスリで傷を入れて
しまうのです。

1426204139121.jpg

しかし、
せっかくの新規のフローリングに
傷を入れてまで、フロアコーティングを
実施することを、
お客様は本当に望んでいるでしょうか・・・?

それでも実際は、その作業は秘匿されて
いるため、お客様はわからないのです。

密着性に懸念がある以上、
森のしずくでは、施工をお断りさせて
いただくほかございません。
密着性を高めるために、
紙やすりを入れてまでの施工は、
お客様の利益に反していると言えます。

新規床に傷を入れてまで実施するメリットを、
フローリング施工におきまして、
見出せないのです。

むしろ、経年後に反り等の不具合発生懸念が
高くなると考えるのが正しい判断と言えるでしょう。

次に、
ナノグラスコート30をみてみます。
浸透硬化型のガラスフロアコーティングですが、
浸透具合が、場所によって若干の差異がみられました。
そのため、最終的な被膜にも物理的なズレが
生じる可能性が否めません。

i-smartは、基材がHDFのため、
床材自体は吸収率は高くありません。
むしろ突板よりも吸込みが少ないフローリング材です。
(※ MDFは吸込みが非常に高いです。)

ナノグラスコート30は、塗膜形成に頼らない
浸透型のコーティングであるだけに、
若干の吸込み率の差異が、仕上がりを
左右してしまう可能性を内包してしまう。

この吸込み率の若干の差異により生じる
コーティング施工後の状態につきましては、
視認できる程度ではありませんが、
様々なテストを経た結果として、
正直に公表をさせていただきます。

不確かな要素がある場合は、
安直な施工は避けなくてはいけません。

希望的観測のもと、
きっと大丈夫、まず大丈夫との思いで
施工を実施して、大きな失敗をし、
お客様へご迷惑をお掛けしてしまった過去が
当社にはいくつかございます。

同じ轍は踏まない。
確信を持たずして、実施してはならないのが、
フロアコーティングです。

結論にあるナノピークスが最良
の事由につきまして。

ナノピークスは、
浸透硬化と塗膜形成の両方を兼ね備えた
新しいフロアコーティングとなります。

そのため、浸透部分と塗膜形成部分により、
密着不良の懸念がありません。

さらりと書きましたが、
ここは肝です。
こんな単純なこと、これまで
実現できなかったのがこの世界・・・。

分かり易く言うならば、
高層マンションを建設する時に、
しっかりとボーリングをして基礎を地下に打ち込んでから、
地上部分を築いていくイメージに似ております。

さらに吸込み率が不安定であった場合でも、
自然硬化をさせるため、
しっかりとした平滑な塗膜が形成されます。

その塗膜はUVフロアコーティングのような
強い光沢とは異なり、
クリアでありながらも上質な高級感のある、
意匠性高き特別な光沢と言えます。

20150302_102935.jpg

水面のような美しさでありながら、
UVフロアコーティングのような
乱反射や、映りこみは軽減されます。

技術的な側面におきましても、
施工後のご生活場面におきましても、
i-smart に抜群の相性であるのは、
ナノピークスです。

せっかくのEB加工はそのままいかすことが、
最良のフロアコーティングと考えます。

森のしずくは、施工終了が、
お客様とのお付き合いの始まりと考え、
歩み続けます。

施工時が一番きれいな状態のフロアコーティング。

日常生活の中で、転がり落ちていくフロアコーティング。

だから森のしずくは無償保証を前提とし、
無償補修を実践し続けております。






コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2015年3月23日 09:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大変ですが、ショールームを廻る。」です。

次のブログ記事は「工務部の設置にむけて。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。