2015年2月アーカイブ

昨日、本日施工画像の一部をご紹介
させていただきます。

2日間の施工全ご依頼ナノピークスでした。

コチラは、階段部分ですが、
ちょっと雰囲気が暗く感じます。
ナノピークスを施工すると・・・。
1424935326457.jpg

このようになり、高級感あふれる艶が・・・。
それが人気です。
1424935320179.jpg

こちらは、トイレ部も同一のフローリングです。
1424926262209.jpg

ナノピークスは耐薬品性に富んでおり、
トイレにもとても有効的です。
1424926268426.jpg

洗面室にも有効というよりも、
抜群に効果を発揮します!

1425023322283.jpg

こちらは、施工前のフローリング状態。
茨城県リビング施工前.jpg

ナノピークス施工後がこちらです。
1424926281369.jpg

昨日より大阪入りしている長谷川、米田組。

施工を終えて・・・。

1424598716132.jpg

・・・。

1424598711021.jpg

・・・・。

1424598721879.jpg

・・・・・。

1424598726771.jpg

出張時の唯一の楽しみは、
食べること。

会社より支給される出張手当は常に底を尽きるのです。

さて、ここから最近の施工画像です。

こちらは、ナノピークス施工後、硬化後の画像。
なんとも美しい透明な塗膜のナノピークス。

1424061266979.jpg

こちらは、ナノグラスコート30。
艶控え目のガラスフロアコーティングです。施工後硬化後です。

1424425810525.jpg

これは、ワックス剥離作業・・・。

1424503261525.jpg

剥離作業後に施工したフローリングはこんなにきれいになるのです!

1424590442227.jpg

こちらは、上記大阪組の施工画像です。
ワコーレ伊丹駅前ウィングにて・・・・。

1424590461912.jpg

かなりピンボケしておりますが、こちらもナノピークス施工後です。
コチラは、東京都多摩市の新築戸建住宅お客様邸。

20150219_164337.jpg

ピンボケしていない画像がこちらです。
ナノピークスは、UVフロアコーティングのような、
乱反射もなく、程よい艶感です。
当社ご依頼中の80%を超えるご依頼を誇る
超人気商品でございます。

1424481286063.jpg

ナノピークスは、日本中どこを探しても、
森のしずくしか扱っておりません。

さらに申しますと、ホームページにも記載がなく、
パンフもまだ無き、新商品。

フロアコーティングの裏メニューでありながら、
爆発的な人気をいただいております。

そのため、完全自社施工会社の当社は、
現在、パンク寸前でございます。

なぜ、ここまで人気をいただいているのか・・・?

その事由を挙げますと、
ショールームにご来場をいただきましたお客様の口コミ評判が第一位。

第二位、某俳優さん邸をナノピークスにて施工させていただき、
その方がブログにUPし紹介いただいたこと。

とにもかくにも、お客様の声のお蔭で、
人気爆発中のナノピークス。

明日も全国で施工をさせていただきます。


森のしずくでは、
日々多くのお客様邸で
ナノピークスを施工させていただいております。

レジデンス三田フロアコーティング施工後.jpg

昨日施工現場より、
ナノピークス施工画像をnanopeaksの日記にてUPしました。


アトラス三鷹レジデンスにお伺いを
させていただきました。

1423962842097.jpg

当社にてフロアコーティング施工ご依頼を複数いただいております。
そのため、内覧会のご同行です。

20150214_134247.jpg

旭化成さんの分譲マンション。フローリングはやはり
このタイプです。

フローリング部の傷は少なき、4箇所指摘させていただきました。

20150214_130716.jpg

かなりぼやけてしまいましたが、このような傷(めくれ)が4箇所。

その他、ドア枠の傷が結構多くみられました。

クロスにつきましては、汚れが少々。
窓枠下部のクロスはしっかりと貼られておりました。

壁際のクロス貼り合せがちょっと浮きや、隙があったため、
ご指摘をさせていただきました。





森のしずく近況広告です。

施工ご依頼状況2月95%。
3月90%。
4月前半90%。

完全自社対応の当社にとりまして、
この上なき、ご依頼状況でございます。

つまり100%は永遠にあってはならないので・・・。

社員が休めない。

しっかりとした休息日を確保し、
コンセントレーションを高めた仕事が必要です。


ナノピークス施工後画像.jpg

森のしずくはフロアコーティング会社でも
他社とは一線を画した、
毛色の違う会社?

そうお客様に仰っていただくことがございます。

子供の遊びから床を守ります。.jpg

何がかと申しますと、
保証を実践している点。

ただ、このようなご時世です。
多くの会社様も、有形無形にお客様に尽くす方向で
あるのではないでしょうか。

レジデンス三田フロアコーティング施工後.jpg

つまり、当社は品質と保証を売りにしておりますが、
他社に比し、そこまで大きな優位性を保持できていないのではとの疑念が・・・。

1422522660979.jpg

ならば、どっこい、さらなる上を目指そうではありませんか。

1423462889517.jpg

業界唯一のフロアコーティングナノピークス。

これは、現在同業他社様から
コーティング剤に対します問い合わせが多く、
コーティング剤を売って欲しいとの声や、
代理店契約をして欲しいなど、
大変ありがたいお声をいただいております。

1423723353947.jpg

心からありがたく存じます。
しかし、こればかりは、自社施工にこだわらせていただいております。

ナノピークス新宿区.jpg

本日も内覧会に全国で6件。
施工も全国各地にて実施させていただきました。

すべての施工が無事終わったとの報告を受けました。

完全自社施工会社として、
今後もますます社員一丸となり、
邁進して参る所存でございます。

1423815050469.jpg

上図はマスキングテープ。
施工部が明日の用意をしております。
ひと箱40巻ですが、ご覧の量を要します。

これも感謝感謝でございます。



フロアコーティング施工会社代表の私でも、
フロアコーティングは必要ない!

そんな声を否定できない。

怒られてしまいそうですが、
どんなことにもメリットとデメリットがあります。

御代をいただき、そしてお喜びをいただくためには、
メリットを語ることは、ナンセンスであり、
むしろデメリットをご理解いただきたい。

デメリットに対し、当社がいかなる姿勢で対峙するか、
そして当社をお選びいただいたお客様に
ご協力をいただけるか。  ここが肝心です。

所詮木床、シートフローリングという、傷つきやすい
施工対象物に実施するもの。

フロアコーティングは残念ながら万能ではありません。

塗膜の硬度や強度のみを追求するならば、
有害物質の混入は避けられません。

そんなこと、当然に出来るはずもなく、
物理的限界があるのが、フロアコーティング。

また、塗膜強度や硬度のみを追求するならば、
そのコーティング膜は割れます。

つまりバランスが必要なのです。

このバランスを良く、ご理解いただかなくては
なりません。

ここに当社とお客様との間に、
しっかりとした信頼関係が必要となります。

デメリットとは、物理的困難な事象をさし、
ありえない過度な期待から生じることが多いのです。

出来ること、出来ないこと。

そして出来ないことをいかにカバーしていけるか。

その総合的な対応力と、信頼関係が
当社の見せどころであり、
今後の力であります。



オハナふじみ野上野台ブロッサムにて
森のしずくフロアコーティングを多数実施させて
いただいております。

施工前。
1423641552564.jpg

施工後。
1423641566173.jpg

フローリングは、オハナさんお馴染みの突板。
ただ、今回のふじみ野さんは、
ばっちりワックスが掛かっております。

グランセンス吉川美南とそっくりな状態。

本日グランセンス吉川美南でも施工を実施させていただいております。
やはり、突板にワックス有との情報。

下図は、クッションフロア部分にナノピークスを施工した状態です。
1423641540455.jpg

4月前半まで、同一マンション割引適用ご物件の施工が多くございます。

同一マンション割引適用ご物件につきましては、
当社ホームページ新着情報欄に掲載しております。




日々フロアコーティングにお伺いを
させていただいておりますと、
様々なフローリング材、
また床の傷等を目の当たりにします。

本日施工画像より
1423546722058.jpg

傷で一番厄介なこと。

フロアコーティングを実施するための、
下処理(床脱脂作業)時に初めて
現れる傷があるのですが、
これがとても厄介なのです。

なにが厄介なのか。

内覧会や、お引渡し時には、
綺麗に傷補修が実施されており、
傷が判らないこと。

傷を埋めた後に、周りの床材との艶を合せるため、
傷の周りを紙やすりで削っていること。

紙やすりで削ったところにラッカースプレーによる
吹き付け塗装をしてしまう補修方法。

これをやられてしまいますと、内覧会でもわかりません。

私たちでもわかりません。

当然傷は無い状態と思い込んで引渡しを受けてしまう。

車でも事故歴があるように、
せめて傷を補修した箇所は引渡し前に明らかにして欲しいものです。

補修がされている場合、この手法が多く、私たちも正直困っております。

中には、コーティング施工時に傷が付いたのでは・・・。と言われてしまうことも。

仕方がないではなく、お客様のご利益のために、
改善して欲しいところです。

リビングキズ.jpg

画像では分かりにくいのですが、ペーパーで削っております。

リビングラッカー補修ヤスリ痕.jpg

こちらも、肉眼ではかなり紙やすりで、やすがれております。

リビングキズ線状.jpg

下処理後に出てきた、線傷。

森のしずくでは、このうよな傷に対し、
最大限のリペアを講じた上で、フロアコーティング施工を実施します。

それでも、新規の傷無き床材とな若干違ってしまうことも。

ですから、このような場合は、正直にお客様にご案内をさせて
いただく以外にございません。

お客様にお喜びをいただくべく、取り組んでおりますが、
稀にこのような傷が、フロアコーティングを実施するがために、
判ってしまうことがございます。




「オーベルグランディオ千住大橋エアーズ」
フロアコーティングがスタートしております。

施工前。
1423382605654.jpg

施工後。
1423382642242.jpg

施工前。
1423382601617.jpg

施工後。
1423382632599.jpg

を施工させていただきました。
本日も多数の施工をオーベルグランディオ千住大橋さんで
実施させていただいております。 



昨日、京都市の新築マンションにお伺いしました。

ザ・レジデンス京都祇園八坂通りフロアコーティング。

1423208263590.jpg

施工前の確認時に、
ところどころキズを発見し、補修をしました。

ドア枠にもキズがあったため、補修を実施。

フロアコーティング施工内容は、
ナノグラスコート30.
施工後です。
1423208319275.jpg

下図は、別部隊の施工画像。
世田谷区の戸建お客様邸にてナノピークス施工後の画像です。
1423271170583.jpg

階段部分にもナノピークスを施工しました。
1423271161427.jpg

こちらは、本日横浜市マンション内覧会の様子です。

1423290721594.jpg

こちらも本日の内覧会。
1423290734379.jpg

本日も、フロアコーティングショールームには
多くのお客様にご来場をいただいております。

フロアコーティングは、種類によって、
質感や艶感が大きく違います。

実際にご覧をいただくことをおすすめ申し上げます。



本日、群馬県高崎市のレーベン高崎フレシアの
お客様邸に内覧会へお伺いしました。

キッチン流し部分に酸焼けのような跡が。
レーベン高崎内覧会.jpg

クロス部分の汚れと、貼り合せ不良をご指摘させて
いただきました。
レーベン高崎内覧会1.jpg

洗面下部の排水関係もチェック。
レーベン高崎内覧会2.jpg

水平レベルにつきましても、各所をチェックしました。
レーベン高崎内覧会3.jpg

ちょっとボンドの後が、付着しておりました。
これは場合によっては除去時にフローリングシートも
侵してしまう可能性がございますため、
指摘させていただきました。
レーベン高崎内覧会4.jpg

下図は、キズです。
レーベン高崎内覧会5.jpg

全体的には、とてもきれいな状態でした。





飯田産業様のご物件お客様邸。

床材:大建工業サンロードアートフロアコーティング商品は、
ナノピークス

施工前。
施工前①サンロードアート.jpg

ナノピークス施工後。
サンロードアートフロアコーティング施工後①.jpg

とにかく、下処理と、塗布方法を間違えてはならない床材。

慎重な作業を要します。

徹底した管理のもと、
最良の施工ができました。

サンロードアートフロアコーティング詳細は、
ナノピークスのご案内ブログにて
ご案内しております。

本日の内覧会情報。
レーベン高崎フレシアにお伺いをしました。


本日は、内覧会やフロアコーティング施工、
そして補修再コーティング等を実施させて
いただいております。

ザ・パークハウス上麻生
1422837388086.jpg

ワックス無し。
1422837394618.jpg

プレシス南砂町DOUX
1422837363421.jpg

こちらもワックス無し。
1422837372836.jpg

補修及び再施工にお伺い中。
1422847606246.jpg

ピースで処置をしていきます。
1422847614571.jpg

お客様のご要望に最大を持ち、取り組ませていただきます。

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。