2015年1月アーカイブ

ガーラレジデンス蕨市民公園

当社にてフロアコーティングを
ご依頼いただいておりますお客様邸の
内覧会へお伺いしました。

1422690643548.jpg

全体的に、きれいな状態でした。
ワックスは未塗布。
シートフローリングです。
1422690639333.jpg

マンションで、洗面もフローリングは
意外と珍しいです。
1422690655413.jpg

ショールームに設置しておりますフローリングと
ほぼ同質の床材でした。

しっかりとした施工が可能なフローリングです。

ナノピークスの施工を予定しております。



森のしずくフロアコーティング

ザ・レジデンス三田(東京都港区三田新築マンション)
にて、本日多数の施工を実施させていただきました。

本日を前に、既に施工実績がございましたが、
フローリング部へのラッカー補修が若干多いとの情報を
もとに、本日施工部がお伺いしました。

レジデンス三田フロアコーティング施工後.jpg

事前お伺いスタッフ情報通り、
若干補修痕が多くございましたが、
しっかりとした下処理を実施し、
良き仕上がりを実現しました。
レジデンス三田ナノピークス.jpg

本日は、偶然にも非常に多くのザ・レジデンス三田のお客様邸で
施工がございました。

そのほんの一部をホームページ、施工事例でご案内をさせていただいております。

施工部

静岡県島田市の新築マンションにお伺いをさせて
いただきました。

本日フロアコーティング施工内容:ナノピークス。

下処理を終了したら、
それだけで、ガラスフロアコーティングを
実施したレベルに美しくなります。

下処理終了後の施工前画像を
3枚・・・。

一枚目。
1422522633675.jpg

すでにガラスフロアコーティングを実施したように
きれいになります。

二枚目。
1422522645392.jpg

森のしずくは下処理をとても大切にします。

三枚目。
1422522638953.jpg

下処理後は、それだけで、床がとても美しくなります。
とにかく無菌室の如く、脱脂をして、フローリング本来の状態。
一番きれいな状態にした上で、
フロアコーティングを塗布していきます。

本日は、ナノピークスを施工。
塗布後、さらに硬化後の画像を3枚・・・。

硬化後一枚目。
1422522655597.jpg

硬化後二枚目。
1422522660979.jpg

硬化後三枚目。
1422522650427.jpg

施工時に幅木をマスキングで養生をしておりましたが、
こちらの画像は養生も除去されております。
硬化後に、確認作業及び、マスキング養生等の撤去終了後。

お客様にお引渡しをする時の画像になります。

ナノピークス施工終了報告でした。



フロ―リングに
凹み傷が生じた場合の対応方法。

濡れた厚手の布を敷いて、
その上からアイロンを充てる方法があります。

しかし、実際のところ、
お客様が行う場合、
かなり難易度の高い作業です。

1422512381646.jpg

キズに対しましては、
様々な対処方法があります。

その中で、最良の方法を見つけることは、
簡単なようで、難しいのです。
1422512374707.jpg
直すつもりが、よけいに
傷めてしまうことも多々あるてめ、
我流は注意が必要です。

森のしずく施工画像を
日々の現場より1現場を
ピックアップをし、
ホームページにて
ご案内をさせていただいております。

ナノピークス最近.jpg

よりお客様に身近な情報の提供と、
当社の動きを公開することにより、
ご検討中のお客様から、
ご施工済みのお客様に当社の近況報告も
兼ねて掲載を続けて参りました。

ホームページリニューアル後に
スタートしました森のしずく
700を超えました。

自社職人施工会社として、
当社は今後もNO1の実績とともに、
最高のサービスを目指して参ります。


site_logo.png

森のしずくフロアコーティング施工画像です。

本日施工画像を一部紹介します。

ナノピークスツヤ.jpg

ナノピークス施工後。

ナノピークス施工.jpg

下図は、施工前のフローリング状態です。

ナノピークス施工後.jpg

コーティング硬化後にマスキングを剥がしております。

施工後ナノピークス.jpg

幅木の養生を剥がして、最終確認をして終了です。

ナノピークス施工後のマスキング剥がし作業.jpg

こちらも、施工前。

image2.JPG

硬化後の一枚。ナノピークス施工後。

image1.JPG

こちらもナノピークス施工後の画像。
硬化後です。

グランセンス2.JPG

ピクチャーレールを設置させていただきました。

1421971837480.jpg

こちらも、ナノピークス施工後。
硬化も終了しております。
歩ける状態です。

ナノピークス最近.jpg

日々様々なことがございます。
良い事ばかりではなく、お叱りをいただいてしまうことも、
お客様に図らずも、ご不快をお与えしてしまうことも、
ございます。

森のしずくは、日々自社のマイナス点を見直し、
社員教育の徹底を図って参ります。

当社は職人施工会社です。
スタッフは19歳から41歳まですべてが社員でございます。

多くのお客様のご期待をいただき、
またそれにしっかりと正確にお応えをさせていただくべく、
基本的なマナーより再確認をし、
最高のフロアコーティング施工会社を目指して参ります。

施工部



2月、3月、4月と
一年を通して一番忙しい時期が
間もなくやって参ります。

これまで当社は完全自社対応会社として、
業界においても屈指の施工を実施して
参りました。

足元を見た、身の丈に見合った経営を
心掛けて来た自負があります。

その反面、当社は同業他社に比し、
営業力が大きく不足していることが
課題と言えば課題です。

その一方で、当社は広告や
営業に力を入れる暇もなく、
施工現場とコーティング剤に
すべてを傾注してきました。

これまでを振り返ると、
現場こそが営業の場とのスタンスが
お客様にご支持をいただけた大きな
背景であるとも考えております。

創業以来、これまで、
当社は失敗をし、お客様に多大なご迷惑を
お掛けしてしまったことも一度や二度では
ありません。

ただ、すべてを現場作業にて全力で
回復をし続けて参りました。
ご迷惑をお掛けしてしまいましたお客様には
本当に申し訳ありませんでしたが、
それらは当社の経験として、
脈々と受け継がれ、
大きな財産へと姿を変えております。

フロアコーティング子供のために.jpg

当社は、謙虚であることは、
サービス業として当然に持ち合わせているべき
ことと考えております。

独善的ではないか、慢心はないか、傲慢さはないか。

私自身の心も含め、常に省みて、
あらゆるサービスのご提供へ反映を心掛けております。

それは例えば、価格であったりします。

そして当社は、お客様本位でありつづけることも、
基調としております。

過度な営業よりも、お客様の自由意思に委ねる。

子供の遊びから床を守ります。.jpg

お客様ご自身が、お選びをいただける場を設けたいとの思いで、
フロアコーティングショールームを設置しました。

溢れつづけるインターネットの情報よりも、
現物をご覧いただく。これこそが当社の現場が営業の場で
ある考えに合致するのです。

設置しましたフロアコーティングショールームには
非常に多くのお客様にご来場をいただいております。

しかしその一方で、ショールームが埼玉県所沢市では
遠すぎるとのご指摘、ご意見を多数頂戴しました。

より良きサービスをご提供させていただく次の一歩として、
名古屋市に森のしずくショールームを開設します。

フロアコーティング森のしずく名古屋ショールームは、
2015年7月OPENいたします。



森のしずくナノグラス.jpg




森のしずくでは、
フロアコーティングショールーム
ご来場者様限定サービスとして、
内覧会へのご同行を実施しております。

本日もクレヴィア多摩平の森へ
お伺いをさせていただいております。

1421558161015.jpg

チェックポイント。廊下からリビングへの各ドア枠廻り。
ここに傷や剥がれが生じているケースが多いです。
クロスも含めて、傷が多くみられる場所です。

1421558150445.jpg

洗面室の床部分。クッションフロア―にはボンド等の汚れが
多い傾向があります。

1421558136416.jpg

最も傷が多い場所は、キッチン周辺部。
様々な工事が重なる場所であるため、
必然的に傷が多いのでしょう。
カップボードを設置されている場合は、
特に注意が必要です。

1421558146426.jpg

最後に掃出し窓の周辺部。
ここは、比較的大きく深い傷が生じる場所のため、
内覧会の段階では補修がされていることが多いです。

許容できるところは許容することも、時に必要ではありますが、
こればかりは、権利主体のお客様の感覚的な部分や
心情的な部分が大切になります。
未入居の段階で、しっかりとしたご指摘をすることは、
お客様の権利です。

これはちょっと改善をして欲しい等、
気になるところを初期にしっかりとお伝えをする方が、
その後のお付き合いにおいても最良と存じます。

本日、ショールームにて
ご接客の合間にちょっとテストを
実施しました。

森のしずく最新フロアコーティングの
ナノピークス。

詳細をUPしました。

nanopeaksの日記をご覧ください。

フロアコーティング森のしずく

クレヴィア多摩平の森
にて本日、内覧会ご同行が4組ございます。

午前9:00より最初にご同行が終わりました。

本日当社で6件のご同行。
明日も8件のご同行を実施させていただきます。

1421456750816.jpg

天気もよく、内覧会日和です。

1421456758807.jpg

大きな不具合もなく、
とても良い状態のご物件でした。




森のしずくで働きませんか。

当社は完全自社施工の
フロアコーティング施工会社です。

子供たちを一人でも多く、
笑顔にしたい。
当社のひとつの大きな目標です。

フロアコーティング子供のために.jpg
当社では、現在最年少スタッフが19歳です。
20代も多く働いております。
現場施工会社独特の雰囲気は一切ないのが、
当社の特徴です。

【 募集内容 】
フロアコーティングスタッフ
募集地域。埼玉県所沢市、当社
埼玉支店のスタッフを募集しております。

東京支店、千葉支店も併せて募集中ですので、
お気軽にお問い合わせください。

経験不問。
未経験者でも懇切丁寧にお教えします。
森のしずくは、全スタッフが社員です。
一緒に働きましょう。

週休2日制です。
ご家族を大切にする会社です。

子供の運動会などは、もちろん休めます。

①施工部スタッフ(社員)
社員月給28万円からのスタート。
未経験でも28万円からのスタートです。
試用期間3ヶ月は日給1万円。
各種社会保険完備、作業着貸与、昇給あり。
職能手当あり。
交通費規定内支給あり。
要:普通免許。茶髪、髭、長髪、ピアス厳禁。

賞与年1回12月。


長期休暇あり。

有給休暇所得あり。

社員寮完備。やる気があれば、
一人暮らしも可能です。

当社スタッフは、森のしずくが初めての職場で
ある者から、転職組まで様々な社員が
おります。

大切なモットー。全スタッフが気持ち良く、
仕事ができる環境をつくること。

罵声を浴びせたり、高圧的な態度は
当社では厳禁です。

ひとりひとりを尊重しあい、
お互いに成長する場としていきましょう。

同業他社から転職をしたスタッフも
多くおります。

実はあなたの上司や部下がいるかも知れません。


私たちは、貴方を大切な仲間として、
大切にします。

代表も時に施工を行います。

森のしずく代表サンプル作成.jpg

ご興味がある方は、
当社フリーダイアルまたは、
info@morinosizuku.com後藤宛に
お気軽に連絡くださいませ。

お待ちしております。

フロアコーティング森のしずくは、
外発注をしておらず、完全自社施工
会社です。
そのため、社内の力を定期的に一定ずつ
高め、強化する必要がございます。
一度高めた力は、さらなる磨きをかけて
より強固にして参ります。

貴方も森のしずくの一員に是非参加
してください。

自社施工にこだわる当社は、現在
お客様のお問い合わせに対しまして、
全ての施工が実施できない状態が
恒常的に続いております。

森のしずくは今後も、スタッフ一同で
発展して参ります。
水周り部分の
洗面室・トイレ部の床。
クッションフロアコート洗面室3.jpg
多くの場合が、フローリングとは違う、
クッションフロア(CF)が貼られております。

水を多用する箇所のためですが、
こちらにクッションフロア専用の
撥水コートを実施すると、
キレイが持続します。
ふかざわクリニック施工作業⑧.jpg
耐薬品性も非常に高く、アンモニアやアルコールも寄せ付けません。
衛生管理に抜群の効果を発揮します。

洗面室とトイレのセット価格
税込¥15,000 です。

実際の施工事例をご覧ください。

before
ザ・パークハウス所沢三件目施工前.JPG

after
ザ・パークハウス所沢クッションフロア部施工後.JPG

before
レーベンふじみ野ソラヒルズ.JPG

after
レーベンふじみ野施工後.JPG

before
クッションフロアコート施工前.JPG

after
クッションフロアコート施工後.JPG

before
さいたま市戸建施工前ナノピークス.JPG

after
さいたま市戸建クッションフロアナノピークス.JPG

before
レーベンふじみ野ヒルズトイレ部クッションフロア.JPG

after
レーベンふじみのヒルズ.JPG

森のしずく (2).jpg


フロアコーティングを選ぶ時、
コーティング施工後の艶を検討材料に
することは、とても大切です。

フロアコーティングショールームにて検証してみました。
ショールームにてjpg.jpg
ちょっと室内を暗めに設定。

まずは、UVフロアコーティングの艶。
UVフロアコーティングの艶②.jpg
さすがに高光沢です。
室内がうっすらと映りこんでいます。

UVフロアコーティングの艶.jpg
室内の照明もはっきりと反射します。
ダウンライト等の間接照明は際立ってしまいます。
光沢がありますが、この映り込みと、乱反射が
UVフロアコーティングの最大のデメリットでもあります。

つづきまして、
ガラスフロアコーティング艶ありのナノピークス。
ナノピークスの艶①.jpg

UVフロアコーティングほどではありませんが、
照明の反射はあります。

ナノピークスの艶③.jpg

塗膜がクリアでありますが、粒子の細かさゆえ、
大きな乱反射や、映りこみはありません。

つづきまして、ガラスフロアコーティング。
艶控え目のナノグラスコート30です。
ナノグラスコート30の艶①.jpg

艶はほとんどありません。

森のしずくフロアコーティングは
すべて30年保証商品です。

無償保証を基調とした実践保証にて
大切なお客様邸を長きに亘り、お守りさせていただきます。

上記の艶の差異につきましては、
フロアコーティングショールームにて実際にご覧いただけます。

光沢だけではなく、質感にも差異がございます。

急いてお決めになられる前に、
現物をご確認いただくと、イメージも具体化され
最良かと存じます。

森のしずく

カビ対策は、いつの時代でも永遠のテーマです。

ナノグラス水周り防カビコートの価格は、
キッチン、
浴室、
洗面、
トイレ、
すべてをあわせて¥25,000.-です。
CIMG1270.jpg
水周り部分の防汚・撥水コートの
ナノグラス水周りセットが
キッチン、
浴室、
洗面、
トイレ
すべてあわせて¥30,000.-
フロアコーティングと同時お申込み時に適用される
特別割引価格です。

正直、水周り部分は、コーティング会社にとっても
泣き所・・・。
どうしても、難しく、コーティング剤の限界を感じて
しまうところです。

それでも、あらゆるコーティング剤を試し、
世界中より取り寄せてテスト。
その中でもうこれ以上良いのはありません!
っと言い切れる商品がナノグラス水周りセットであり、
ナノグラス水周り防カビコートです。

森のしずくはお客様のメリットを最重視して、
価格を大幅に下げてご提供させていただくことで、
お客様の費用対効果を上げております。

その効果もあって、これまでにない、
人気をいただいております。

森のしずく最新フロアコーティング剤。

ナノピークス。

このコーティング剤。

素晴らしさを・・・。

そのように思い、施工部で
「 nanopeaksの日記 」という
ブログを新設しました。

是非ご覧くださいませ。



ほこたてナノグラスコート森のしずく.jpg
森のしずくナノグラス.jpg

現在、当社ではコーティング剤の定期テストを実施しております。

普段使用しているフロアコーティング剤のすべて。
他社様が使用しているコーティング剤。
そして新商品。

森のしずく塗師.jpg

それは莫大な量のコーティング剤。
10日間ほどを掛けて、施工部でひとつひとつを
データー化していきます。

施工後の仕上がり状況や強度が一番大切ですが、
扱いやすいコーティング剤であることも、
完全自社施工の当社ではとても大切な要素です。
経験をつんだ職人であれば、くせが出ずに、
規程通り美しく、強度あるフロアコーティングを納品すること。

そのために、コーティング剤の粘度も調べます。
また気温や湿度を変えたり、様々な観点よりテストを実施しております。

コーティング剤テスト.jpg

下図の通り、現在ではシートフローリングが非常に多くなりました。
森のしずくコーティング構造図.jpg
すべてのフロアコーティング剤が、少しづつ特徴があり、
一長一短があります。

中にはシートフローリングには適さないコーティング剤も。

ビアンコートなども、もちろんテストを再度実施。

現在当社での主力商品も含めて、検証を実施し、
常に間違いのない、最良のコーティングをお届けさせていただきます。



森のしずくは、挑戦し続けます。

創業依頼培われた伝統の保証。

森のしずく (2).jpg

それは、お客様本位を基調とした
実践的な無償保証。

私たちは、単にフロアコーティング施工を持って
終了とは考えておりません。 

施工終了が、
お客様とのお付き合いのスタートと考えます。

・お客様の期待に応える。

・正確性の追求とより良き商品のご提供。

・ホスピタリティの確保。

これらをもって寛ぎの空間を創造できた時、
私たちは、自社に価値を見出すことができます。

子供の遊びから床を守ります。.jpg
(森のしずくショールームにて)

子供たちが、伸び伸びと暮らし、寛げる空間の創造へ
私たちができるすべてを提供させていただきます。

フロアコーティング子供のために.jpg
(森のしずくショールームにて)

森のしずくが、子どもたちの笑顔の一助となることができるなら・・・。

日本のご新居に、笑顔を・・・。

森のしずくは、施工後の床を守り続けます。


森のしずくナノグラス.jpg
翻弄されない。。。

恣意的に流されているウソの情報。

恣意的に流している者も本当のところを理解せずに、
耳学問で吹聴してしまう。

それゆえに、エンドユーザー様をミスリードしているケースを
最近特に多く感じ、危惧しております。

例えば、UVは〇〇の不具合が発生しますよ! とか、
ガラスフロアコーティングは割れます! とか。

なんともレベルの低い話しをして、
仕事を獲得しようとしている訳ですが、
このようなことを営業レベルの現場も知らない若造に
言わせている会社は、
お客様を愚弄しております。

営業がそんな不確かなことを申すことは
大きな間違いです。

本当にフロアコーティングを知り尽くしているとは、
どのようなことか・・・・。

解りやすく説明をしてみます。

それでは、問題です。
下図は何のコーティングでしょうか?
13.jpg

多くのお客様が、UVフロアコーティングと言われるでしょう。

では、同業他社にも同じ質問をしてみます・・・。
すると一般のお客様と同様にUVフロアコーティングでしょとの答えが。

フロアコーティングの施工に携わる9割の人は、上図を観たら間違いなく
UVとの回答をされます。

答えはUVではありません。

経験者でも多くの物が間違える中、
稀に、的確な回答をする職人さんもいるのです。

当社はこれくらいの判別は楽に出来る。
裏付けのある仕事、しっかりとした技量を持った
スタッフでのみ構成しております。

画像を見ただけで、UVとの違いを判断できない程度の施工者が
実に多いのがこの業界。

そこに嘆くわけではなく、
如何に誤った情報が、まことしやかに出回っているか・・・。






フロアコーティングは、
コーティングの種類により、
その質感や光沢具合が大きく違います。

ショールームフロアコーティング.jpg

そのため、施工後に
「 思っていた
 フロアコーティングとは違った。 」
という場合も多くあります。

フロアコーティングショールームディスプレイを比較すると、
その差異はとても大きいことが解ります。

森のしずくフロアーコーティングショールーム.jpg

これでは大金をお支払いした結果、
しこりがずっと残ってしまい残念です。

何より、誇大広告が多すぎるのがフロアコーティング業界。

百聞は一見にしかず。

森のしずくでは、
事前に質感、光沢感等を
実際に触っていただき、
歩いていただき、
お選びいただきたいと考えております。

フロアーコーティングショールーム.jpg

フロアコーティングショールームは、
ご契約をいただく場との考えはございません。

検討段階にこそ、ショールームにお越し
いただく意義がございます。

森のしずくは、他社様との比較ご検討を
推奨しております。


新年を迎え、森のしずくでは、
各地にてフロアコーティング施工が
スタートしております。

新年早々、あってはならない事故を
起こしてしまいました。

代表として、
心よりお詫び申し上げます。

社員一同、再発防止に最大を持って
取り組ませていただく所存でございます。

フロアコーティング事故.jpg

お客様邸の駐車場ブロック塀に、
車両をぶつけてしまい、大きく破損させてしまいました。

フロアコーティング事故画像.jpg

お客様邸と、お隣様邸との境界ブロックで
ありました。

お隣様にもお詫びをさせていただき、
改修工事をハウスメーカー様に依頼をさせていただきました。

何よりも、当社がお伺いをしなければ
このようなことにはならなかった事実。

お引越し前より、このような状況を当社がつくって
しまいましたこと、
お詫びのしようもございません。

今一度、すべてにおきまして、
再確認をし、
事故の再発防止に取り組んで参る所存でございます。


2015年がスタートしました。

フロアコーティングショールームも
1月多数のご予約をいただいております。

森のしずくショールーム画像.jpg

フロアコーティングショールームでは、
実際にフロアコーティングを施工して
ある床材を歩いていただいたり、
触っていただいたりできるところです。
森のしずくナノグラス.jpg

とても単純ではありますが、
百聞は一見にしかず。
とは、このこと。とのお声を
多くのお客様にいただく場所でも
あります。

ご面倒かと存じますが、
是非、フロアコーティングショールームへ
お越しくださいませ。

新年あけまして、おめでとうございます。

 

2015年がスタートしました。

 

2014年を振り返りますと様々なことが

ありました。

総評として、とても良い一年間だったと

思います。

 

個人的なことを申しますと本厄でありましたが、

特に問題もなく新年を迎える

ことができました。

 

以前ブログで、

フロアコーティング業界は斜陽産業である的な

ことを書いてしまいましたが、

2015年を迎えた今、そんなブログを

書いたことをとても後悔しています。

 

景気や世の中に事由を求める

経営をするべきではなく、

自社の持っている力を常に大切にし、

正しい方法で、正しくご提供する。

粛々と・・・。

 

業界を牽引するパワーを内に秘め、

忙しくも有意義な日々で2015年を

埋め尽くしていきたいと思っています。

 

この業界を成長市場へと大きく転換させるべく、

邁進して参る所存でおります。

 

当社の価値をお客様にご提供する。

 

当社の価値とは何か。

 

端的に申せば、「 人材 」です。

 

フロアコーティング業界における人材が占める

重要性は、想像以上に大きくあります。

 

たかが、フロアコーティング。

たかが、フロアコーティングであるからこそ、

その施工における人の質が大きく問われます。

 

自画自賛ではありませんが、

当社は良い職人に恵まれているとの

自負があります。

 

どこに出しても恥ずかしくない。

どこにも負けない大切なスタッフです。

 

だからこそ、これ以上は存在しない

厳選したコーティング剤を採用して

いる訳です。

 

材工が、そろって最良の時、最高の品質が

うまれます。

 

尚且つ、出来る限りお安く提供する。

 

この極めて単純なスタイルが、

森のしずくです。

 

「 コーティング剤なんて、どこも一緒でしょ。

 だから価格を安くして欲しい。         」

 

 

そんな声もお客様からこれまで聞こえてきました。

 

もし、そのようにお考えの場合は、

より安い会社様にお願いをするべきです。

 

もちろん価格を抑えることは、大切なことであります。

 

しかし、コーティング剤の品質、人の技量部分は

お勉強が難しくあります。

 

剤へのこだわり、人の教育、経験値。

 

それを前提に、価格を設定した時、

自ずと適正価格があらわれる。

当社価格は、このように考えております。

 

安さを売りにすれべ、必ず安さに不安が生じ、

さらにその不安は的中し、

気が付けば結局安さに縛られたお客様も、

安さを売りにしてしまった会社も、

安さを上回るメリットを創出することは

できない。

同業他社で創業10年を超える会社は

いったいどれくらいあるか。

10年保証だって危うい・・・。

 

根拠のある価格が不可欠な所以。

 

安かろう悪かろうは過去の話しではなく、

フロアコーティング業界では現在進行形です。

 

それでも、森のしずくのモットーは、他社を悪く言わない。

 

他社を悪く言うことで、

見せかけの優位性をつくることはしません。

 

どんなことでも、他山の石とし、

貪欲に成長をしていきたい。

 

つづいて、森のしずくが大切にしたいこと。

 

消費者の利益と安全に当社が寄与すること。

 

当社への依頼の有無を超えて・・・。

 

正しい情報を発信すること。

 

UVフロアコーティングを施工する会社が、

ガラスフロアコーティングを悪く言う。

 

逆に、ガラスフロアコーティングを施工する会社が

UVフロアコーティングを悪く言う。

 

どちらも、ナンセンスです。

 

それぞれの良さと、デメリットも当然に

存在するのに・・・。

 

何よりも、消費者は賢く、それらを見抜いている

と言うより、完全に見切っている。

 

求められるは、自社で裏付けを持った、

鮮度のある情報。

 

森のしずくは、常に持てるベストを尽くして

最高のパフォーマンスを発揮していく。

 

お客様にお喜びをいただくために、

見逃してはならないこと。

 

それは、

 

社員の幸せの確保。

 

大切にしたいと考えております。

 

社員がハッピーであること。

もう、それだけで嬉しくなるものです。

車を買った、旅行に行った・・・。

当たり前のことかもしれませんが、

様々な意味で、森のしずくで働いている

社員には皆、余裕を持って欲しいと思っています。

 

2015年も社員にとって、ハッピーな年として

いかなくてはと思っております。

 

時は躊躇なく流れております。

 

日々様々な波がたつ中にありますが、

森のしずくは、常に新しき波をつくる会社として

持てる力を最大限に発揮して参りたいと

考えております。

 

フロアコーティング森のしずく

 

 

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。