マンションフロアコーティング詳細

森のしずくへご依頼をいただきました
お客様は、特別です。

森のしずくの全てをご施工時に発揮させて
いただきます。

私たちは、細部にこそとてもこだわった
施工を心掛けております。

DSCF5149.JPG

マスキング養生をとりましても、テープを貼る順序にも決まりがあります。
テープとテープを重ねる時も、順序と向きにこだわります。

DSCF5148.JPG

幅木廻りにマスキングを貼っていきますが、
ミリ単位で誤差が生じると、せっかくマスキングを実施した
意味がなくなってしまいます。

DSCF5153.JPG

施工の開始は、クロスからです。

DSCF5155.JPG

クロスコートも単純に上からしたに吹けば良いワケでは
ありません。
取り敢えず、大まかに申しますと、作業はすべて上から下へ。
最後の最後にフローリングの作業となります。

DSCF5150.JPG

次に実施するのは、水周り部分のコーティング。
こちらも、上部より施工をします。

DSCF5151.JPG

洗面部もクリーニングをし、脱脂をした上で、
コーティングを施工します。

DSCF5156.JPG

トイレは、水を最終的に抜いて、コーティングをします。
ただし、水を抜いた状態のままお引渡しをしてしまうと、
配管からあがってくる臭いが室内にたちこめて、
とんでもないことに過去何度もあったため、
最終的にはまた、水をはらせていただいております。

DSCF5160.JPG

浴室の場合は、なぜかエプロン内部から施工を実施します。
その後天井から下方向へと施工。

DSCF5152.JPG

浴室施工時も、部位によりコーティングを
使い分ける必要があります。
そのため、マスキングをした上で施工をします。

DSCF5157.JPG

最後の下処理はフローリングです。
IPAで脱脂していくと、ご新築であっても
こんなに汚れているものなのです。

DSCF5162.JPG

ナノピークス施工後。

DSCF5161.JPG

最後の最後に玄関石材タイル部への施工です。

この流れが一連の流れとなります。


妥協することなく、最良品質の施工を実施させていただきます。




コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年12月14日 14:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フロアコーティング施工不良解消報告」です。

次のブログ記事は「ワックス剥離」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。