2014年を省みて。森のしずく代表

多くのお客様にご愛顧を賜り、
2014年を終えることができますこと、
この場を借りて、すべてのお客様へ
心より御礼申し上げます。

正直に申しまして、
2014年は当社におき、
「 出来過ぎでした。 」

会社である以上、
営利は重要なファクターでありますが、
今年は当社にとり、飛躍の年とすることが、
有形無形にできました。

思えば、私が単身独立し、このような年を
迎えることを一つの目標にして参りましたが、
社歴を増す毎に増えるお客様を鑑みますと、
その責任との天秤に対しまして、
当社の体力は未だ不足しております。

ゆえに、まだまだであります。

些末な目標のために仕事をするのではなく、
真に良き物を
お客様にご提供することが、
私、当社の職務と考え歩んで参りました。

しかし、実情としまして、9割の方には
諸手を挙げてお喜びをいただけても、
1割はそうではないお客様もいらっしゃいます。

当社は、そうではない1割のお客様にお喜びを
いただける企業を目指しております。

多くの人にお喜びをいただくのではなく、
やはりすべてのお客様にお喜びをいただくことを
前提としなくてはなりません。

人が行う、現場作業において、
ヒューマンエラーは仕方がない。
そんなことをお客様に言わせてしまう会社であっては
なりません。

当業界は非常に多くの会社があります。

その中で、森のしずくをお選びいただいた
お客様に・・・。

森のしずくは一期一会の精神を基調とし、
当社の持つすべてをご提供させていただき、
末永きお付き合いをさせていただきたいと
考えております。

今年1年間、様々に当社は、非常に多くの
お客様に支えていただきました。
社員一同、感謝を胸にしております。

さて、世界をみれば、この世のこととは思えぬ悲惨な
事象もおおくございます。

平和のうちに、このようなお仕事をいただけますことに
感謝せずにはおれません。

平和とは何か。
日々、自身や家族のことを考える余裕がある
生活・・・。
平和の定義はわかりませんが、
当たり前の日が、日々やってくる中で、
当たり前に仕事があること。
これは平和を超えた、一つの奇跡だとすら考えます。

私たちにできること。
私たちはフロアコーティングと言う当社主力商品を
もって、お客様にお喜びをいただくこと。
そのようなことでしかお客様に貢献できません。

2015年も一人でも多くのお客様にお喜びを
いただけますよう、
より一層を持ち、努めて参る所存でございます。

皆々様におかれまして、2015年が
幸多き年となりますよう、
社員一同、祈念申し上げます。

ありがとうございました。


フロアコーティング森のしずく
株式会社ゆはかのこ
代表取締役 久永武士

森のしずくナノグラス.jpg

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年12月27日 10:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グランセンス吉川美南フロアコーティング施工」です。

次のブログ記事は「レーベン横浜フロア施工で仕事納め」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。