フロアコーティング価格を売りにしない。

「 フロアコーティング価格 」 は、
ご検討をされているお客様におかれまして、
とても大切な、一つの基準です。

しかし、安いフロアコーティングを主眼に
選ぶならば、

フロアコーティングをやらないほうが良いでしょう。

森のしずく施工画像②.JPG
そもそも、フロアコーティングは基本的に必要が無い、
嗜好品とも言えるからです。

5万円の差額は大きくございますが、
その大きさは実際のところどうでしょう。

そこで、
国内に留まらず、海外、全世界のコーティング剤を
試している森のしずくが調査した、
価格基準をご案内します。

㎡単価¥3,000
廉価版のコーティング剤を使用しない
限り、難しい価格です。
よっぽど人気のある会社さんでなくては
実現できない価格です。

㎡単価¥3,400
会社努力で実現可能な価格です。
例えば50㎡で税込¥180,000くらいは
妥当な価格となります。

㎡単価¥4,000
この辺から、極めて高みのコーティング価格です。
当社ではナノピークス
(最新最高品質のフロアコーティング)が該当しますが、
コーティング剤の仕入れ価格は会社努力で変異します。
階段ナノピークス施工後の状態.JPG
この㎡単価¥4,000を超える価格は、
コーティング代金、施工代金以外の
何か・・・が上乗せしているので、
検討から外されることをおススメします。

価格が相場より明らかに
高い場合でも、
安い場合でも、
疑問だけが残り続けます。

そしてその疑問は、
十中八九的中しております。 

価格を売りにすれば、
必ず、その価格に疑念が生じます。

その疑念を打ち消す根拠が有り、
ユーザ様が納得するならばそんな
幸せなことはございません。
ほこたてナノグラスコート森のしずく.jpg
          森のしずくフロアコーティング
  
しかし、
フロアコーティングは剤の仕入れ値と
職人の給与により、
価格はある程度決まってきます。

大切な資産、大切な我が家を
粗悪なコーティング剤、
廉価版のコーティング剤で
塗られたくないならば、
価値観を変える必要もあるのです。
森のしずくショールームガラスコーティング.jpg
そして何よりも、
これまで粛々と積み上げて来た、
普段の不断の努力の賜物のご新居に
アルバイトがコーティングをするような
ことを許容することは、
自己否定にも匹敵する行為と
成りかねません。

アルバイトを否定する訳では
ありません。
森のしずくナノグラス.jpg
しかし、ご自身の職場環境におき、
一番大切な場面にアルバイトさんが
どれだけいるでしょうか。

一番大切な場面において、
会社の中枢が動いているはずです。

施工現場は一番大切な
フロアコーティング業界において、
施工現場こそが、
一番肝心な場所です。



コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年11月 7日 07:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「森のしずくナノピークス施工画像」です。

次のブログ記事は「オプションフロアコーティングとの差」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。