パワーアップ

午前10時よりフロアコーティングショールームにて
フロアコーティングショールーム.jpg
お客様へのご案内をさせていただきました。

その後私は、
14:00から東京都国立市のお客様邸へ
お伺いさせていただきました。

施工後に補修再作業を実施させていただきましたお客様邸ですが、
未だに補修後がきれいでないこと、
一部補修後の斑があるとのご指摘でしたが、
私に空きがございましたため、お伺いをさせていただきました。
国立市不具合.jpg
ご覧のように、液ダレのような、沁みのような部分。
こんな酷い状態。ショックでした。お客様のお心を裏切った状態でした。
国立市のお客様邸.jpg
画像では解り難いですが、肉眼ではお客様のご指摘の通り、
確かにムラがございました。改めまして、
この場を借り、心よりお詫び申し上げます。

もう、正直に酷いフロアコーティングでございました。
当社の仕様とほど遠い・・・。施工担当者に直ぐに連絡をしようと思いましたが、
これ全て私の責任です。
まず、施工部でしっかりと情報を共有し、その後に担当者レベルに落ちし込む
方法を採らせていただくことにします。
私が連絡をすると、変に委縮をするばかりで、本質を見失うだけ。
大切なことは、お客様が残念なお気持ちになっている現状。
期待を裏切ってしまった事実。

ここをどう、少しでも解消をしていけるか。

しかし、私がお伺いをし、確認ができたことは会社の代表として、
ありがたい機会だったと思っております。

不足が起きた現場、お客様にご指摘をいただいた現場に関しましては、
組織の上がしっかりと把握する必要があります。

何がいけなかったかを確実に検証をし、すぐに改善策を講じさせていただくことは
当然ではございますが、改めてすべてを見直す必要を感じました。

その上で各社員にも本件をしっかりと落し込み、再発防止に努めさせていただきます。

お客様にも、状況のご説明と、現況がお客様のご指摘の通り、
申し開きすることができない事象であることをお詫び申し上げ、
直ぐにきれいにさせていただく機会をいただくことをお願い申し上げ、
ご理解をいただくことができました。通常でございましたら、
このようなことで、お時間をいただくことがあってはならぬところ、
本当に申し訳ございません。社員一同、お詫び申し上げます。

必ず、取り返し、当社へのご依頼当初のご期待にお応えをさせていただきたく
存じ上げます。 

さて、本件もあり、帰社途中の車内で色々と思考を巡らせておりました。

基軸となるフロアコーティングからすべての商品を今一度検証し、
また現在準備中の新しきサービスにつきましても、
正しき形でお客様にご提供できるよう、
森のしずくはパワーアップして参ります。 

当社では、一部スタッフの移動等があり、現在大幅な人材募集中です。

お蔭様で着実に優秀な人材が集まってきているところです。

その中にはこれまで、同じ業界で火花を散らし合っていた者もおります。
かなり違和感もありますが、様々な分野の人材が仲間に加わってきました。

会社体力をしっかりと保有し、充実したサービスと、実践的な保証。

そして、高品質を担保とし、謙虚にパワーアップして参る所存です。


コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年10月13日 18:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ショールームで解るフロアコーティング」です。

次のブログ記事は「詳説フロアコーティング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。