フロアコーティング施工後のご指摘

当社では、正直な施工と、
お客様のご要望に誠実且つ忠実に
お応えをすることを
第一義的に柱としております。
森のしずくナノグラス.jpg
しかし、当社の思惑とは異にしたご指摘をいただいてしまいました。

お客様本位を追求するあまり、
会社としての歩みが間違っているとのご指摘です。

ご指摘はお客様満足度アンケートにていただきました。

内容は、
受付の方々の商売気が無さすぎて、ちょっと不安になりました。
というご指摘。

また、
「 我が家の施工はやりたくないのかな?」と・・・思ってしまったと。

さらに、お客様にはこのように続けていただきました・・・。

「 もっと貴社の商品に自信を持って販売して欲しいです。
   私にとってとても楽しみな買い物でした。長いお付き合いになります。
  これからもよろしくお願い致します。                     」

ご指摘の通りでございました。

お客様本位は大切ですが、
ご期待やご希望に対しまして、
自社フロアコーティングのアピールくらいはさせていただくべきです。

私の考えで、とにもかくにも正しい情報をお客様に
お伝えすること。
無理な施工は当然ですが、
霊感商法的な営業、過度な営業を禁ずるばかり、
前向きにご検討いただいているお客様に対しまして、
後ろ向きと捉えられてしまうことが
ございましたことは、
フロアコーティングを生業としております当社の恥ずべきところ、
改善すべきことでございます。

それでも無理な施工や、お客様が負担とされるような
過度な販売スタイルは実施しませんが、
当社は大きな自信と誇りを持って取り組ませていただいております。

その範囲で、もっとアピールをさせていただきたく
社員一同、一歩だけ前に踏み込ませていただきたいと
考えをあらたにしました。




コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年10月10日 08:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クリニックフロアコーティング」です。

次のブログ記事は「ショールームで解るフロアコーティング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。