森のしずくフロアコーティング特徴

「 フロアコーティング森のしずく 」
が基調とすべきところ。
また、差別化をどこで図っているか。
本日は、上記2点につきまして、述べさせていただきます。

まず、最初に当社が基調としているところ。
多くの会社様と同じく、
基調とすべきは、お客様満足度です。

まあここを基準としなくては、会社としての
存続が危ういため、当たり前なのですが、
このお客様満足度を上げるために、
会社が実践していくべきこと。

それは、社外ではなく、実は社内にあります。

社員を正当に評価することです。
会社である以上、雇用契約があります。
雇用契約がある中で、極論その評価はお金になります。

お金で人を評価することが全てではありませんが、
会社であるため、人のように会社はしゃべり、語ることができません。
法人格を有するものが、評価をするときに、
大切なことは、人為的、恣意的な部分を最大限に排除した
公明正大な社員への評価です。

社員が満足、と充足を得られていない中で、
お客様へご満足と充足感をお与えすることは、不可能なのです。

次に、当社独自のサービス。
他社との差別化はどこにあるか。

これは、シンプルではありますが、
「 保証の実践 」の一語に尽きます。
簡単なようで、これが一番難しいところであるため、
多くの会社様ではのらりくらりとはぐらかせてしまうところ。

しかし、このお客様の声、お客様に誠実であることは、
当社の最大にして絶対条件的なお約束ごとです。

蔑にすることがあるならば、当社の発展はありません。

大切に、ひとつひとつ取り組んで来た結果、
お客様がお客様を呼んでくれる会社となったのです。

当社のビジネスモデルと申しますとちょっと大袈裟ですが、
最近近い考えのフロアコーティング会社様もございます。

当社だけのオリジナリティを常に模索しながら、
より良きサービス、商品のご提供を実施して参ります。

フロアコーティング森のしずく

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年9月26日 09:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一建設フロアコーティング」です。

次のブログ記事は「クレーム公表フロアコーティング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。