フロアコーティング施工後の傷

当社スタッフから届いた画像。

フロアコーティング施工後の傷補修画像です。

傷保証.jpg
こちらのような、傷の場合、
傷にを専用ハードパテで埋めるのですが、
補修のコツを申しますと、色味はフローリングよりも若干明るくて、
発色のある色のパテを調合して、埋めることです。
補修後に再コーティングをするとほとんど、補修箇所がわからなくなります。

傷補修後.jpg
このように、フローリングの色よりも少し明るめで、発色する色で埋めること。
そうする事由は、コーティングを再度することで、フローリングが若干明る目に
発色するのと、フローリング材の色味に対しまして、
再コーティングをすると、フローリング材の色は際立ち、
逆に補修材の発色が抑制されることを計算しております。

補修後に再コーティングをして、どこを補修したかがわからないようにできたら
上級レベルです。


フロアコーティング森のしずく

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年9月19日 17:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「考えさせられます内覧会。」です。

次のブログ記事は「フロアコーティング会社へ行く。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。