自戒します。

森のしずくでは、
日々多くのお客様よりご依頼を賜り、
施工を実施させていただいております。

しかも、
30年保証と気の遠くなるほどのロングラン保証を
実践しております。
それゆえ、この保証を今後も末永く続けていくために、
常に新規のお客様を獲得して参ることは
当然に求められ続けます。

それが私の最低ラインの仕事と自覚しております。

お蔭様で施工件数も非常に増え、現在に至っております。

他方で、当社によるミスや、お客様からのご指摘も
ございます。

無いと言いたいところですが、
残念ながらございます。

残念ながら・・・とは間違っております。
このような表現はお客様に失礼にあたります。
一番に残念なのは、
当社に期待をし、ご依頼をいただきましたお客様です。


ブログでこのようなことを書くのも・・・ですが、
一人で考えていることが困難なため、書かせていただきます。

以前よりご指摘をいただき、
ご迷惑をお掛けしておりますお客様より本日ご連絡を
いただきました。

当社の対応が後手後手である点、
対応について進捗状況の報告を差しあげていなかった点。

そのご指摘のすべてが、正しく、お詫びの言葉も
ありませんでした。

これは社員スタッフの問題ではありません。

直に私が対応をさせていただいておりましたため、
もう、申し開きができない状態なのです。

他のことにかまけていた訳ではなく、
常に動いておりましたが、
お客様へ進捗状況のご報告ができておらず、
心から悔いているところです。

私の信条は、お客様のご指摘と何ら変わらずにあります・・・。
それでも私のせいで、
お客様に大変なご不快を与えてしまいました。

お客様はもとより、常日頃頑張っている社員にも
申し訳ないことで・・・。

反省、反省と、
言うは易く行うは難し。

今後におきまして、必ずや森のしずくで良かったと
思っていただけるまで、
全力を傾注させていただく所存でおります。

会社の代表として、これまで歩んで参りましたが、
お客様には、常日頃多くを学ばせていただいております。

サービス会社として、常に謙虚さは必要と考えますが、
自身の不甲斐無さに閉口してしまいました。

お客様の失望はいくばくか。

頭を叩かれた思いでおります。

取り返しさせていただきます。


フロアコーティング森のしずく
代表

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年8月13日 16:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「森のしずく途中報告」です。

次のブログ記事は「在宅フロアコーティング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。