「 フロアコーティングは上質なシーツ 」


「 フロアコーティングは上質なシーツ 」

                            であるという考え。

森のしずくナノグラス.jpgのサムネイル画像
新しいベットを購入した時、それは自分のこころを満たしてくれます。
だから、きれいなシーツを纏わせて、
きれいに使っていきたいと始めは思うのです。

しかし、実際は寝汗や涎やらでいつの間にか異臭を放ち、
シミはでき、洗濯を繰り返すうちに、ただの布きれへと変貌する。

このただの布きれと化したかつて新しかったシーツ。
新鮮な気持ちにさせてくれたシーツをフローリンング上に持って
きたならば、まさにこれがワックスにあたります。

せっかくベットを新調したのだから、奮発して一生ものの
高級シーツを購入して大切に使いたい。
そのように考えて上質で、そしてなめらかで、さらに美しい生地の
高級なシーツを購入して使用した場合。
高級な生地が何かわかりませんが、シルクとかでしょうか・・・。

高い金額の商品です。始めは大切扱って、汚さないように心掛け、
あまり洗濯等で素材を傷めることを避けて使用します。

が、いつしかその光景にも慣れ、生活空間の一部となったころから、
ただのシーツとなってしまうのです。

高級であるとの概念は保たれているため、
洗濯も極力控えてきた。
それがゆえに、衛生的には高級シーツの方が悪かったり
してしまう訳です。

使用しているうちに生地が摩耗して破れかけていたり。
そして生地の繊維に浸み込んだいやな臭に気づく。

いよいよう、洗濯をしなくては。
綻びも直して、また最初のようにきれいな状態にして使いたい。

そこで、クリーニング屋さんへ高級シーツを持ちこみ相談をすると、
「 これはとても良い生地なので、
 クリーニング代金はちょっと割増になってしまいますし、
 かけはぎ作業も必要ですので、結構お金が掛かってしまいます。
 どうされますか?                             」

「 解りました。きれいにお願いをします。 」
と答えるか、
「 では、結構です。愛着はありますが、そろそろ買換えます。 」
と答えるか。

この上質な高級シーツがフロアコーティングと過程します。

高級シーツと言っても、種類もたくさんあるし、肌触りも違うし、
好みも違う。
おまけに価格も大きく違う。

これはまさにフロアコーティングに似ております。

上質な高級シーツを選ぶ時には一生ものとして、
そして生活に密接にかかわる商品であるので、
インターネットだけで選ばずに、
実際の肌触りを直に確かめてみたいものです。

そして、高級シーツに保証がついていたらもっと良い。
当店でお買い上げの場合は、
かけはぎ無料。クリーニング無料です。

これが当社の考えです。
フロアコーティングをしても傷はやがてついてしまいます。
きれいに保つには、専門的な傷補修が必要です。
時に部分的に再コーティングも必要となるでしょう。

そうでもしなければ、20年や20年も物理的に
持ちません。

そもそも本当の意味で保証が出せません。

データ値では30年持ちます。
そのデータは日常生活を送らない状態です。
まったく意味不明な保証年数なのです。
掲げた年数を保証するには、
適宜メンテナンス(傷補修・再コート)が必携です。


当社は、お客様が日常生活を送られる、
土台を築く仕事をさせていただいておりますため、
汚してしまったり、傷をつけてしまうことをそもそも
予見した仕事をしなくてはいけません。

織込み済みであることが必要なのです。

室内におけるコーティングであるため、
強度のみを求めることは、有害物質の混入を
免れず、それは間違っております。

その上で、物理的に防げない傷に関して
出来る限りを無料で対応していくことが
保証として求められるのは、
フロアコーティングに対するお客様の期待よるところです。

当社は、お客様の期待に対しまして、
最大を持って応えて参りました。

今後は、そのサービスにより一層の充実を図って
参りたいと考えております。


代表
鹿嶋市ナノグラスコート30.jpg

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年7月 7日 09:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「 フロアコーティング作業風景 」 森のしずく」です。

次のブログ記事は「「 フロアコーティングDIY 」するならいっそのことしない方が良い。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。