餅は餅屋

全国のナノグラスコート正規代理店さんより、

最近電話を良くいただきます。


一応、当社も代理店契約を

ナノグラスコートジャパンさんとして

おりますが、ウチはちょっと違います。


ナノグラスコートの代理店と言うスタンスは互いに

持っておりません。


そして、当社が扱うナノグラスコート30は、

当社しか扱えないのです。


「 フロアコーティングってどうですか? 」っと質問を

良くされるとスタッフが・・・。


そう聞いてつい

「 これだけ、業者がある業界で、

 今頃フロアコーティングなんて思っている時点で遅いよなぁ・・・。

 だってウチでもナノグラスコート30ほぼ自前でメーカーに作って

 貰っているのに、フロアコーティングに興味があるし、

 同じナノグラスって名前が有ったからちょっとお電話差したって

 かなりふざけてるよなぁ・・・・。                      」


こんな話しを社員から聞くとついエキサイトしてしまうのです。


とにかく、

危険ですから止めましょう。


貴社は貴社の専門分野に徹するべきでは。

当社が車関係に手を出さないように・・・。

 

先日、某工務店さんの依頼により、

他社フロアコーティング会社がUVフロアコーティング施工した

物件に当社が再施工に入らせていただきました。


初期不良があり、再コーティングを実施された会社さんの仕上がりに

OKが出なくて、工務店様経由で当社に依頼がありました。


私も現調にお伺いをさせていただきましたが、

正直に難しい状態でした。

他社施工の不具合をキレイに再コーティングすることは

非常に難しいのです。

補修屋さんのバーンリペアさんと合同で試行錯誤の施工を

実施させていただきました。


しかし、これがやはり難しく、総合的にはOKですが、

あともう少し何とかならないかとのリクエストを受けております。

困難な作業であるため、一番良いのは床を張替ることですとの

ご提案をさせていただきましたが、

一度森のしずくさんでやってみて貰いたい・・・と。


フロアコーティングは下処理が大切です。

ベースが大切です。

そのベースが悪いとどれだけ注意をしても

下地の状態が反映されてしまうところがあります。


それでも、何とか工務店様、お客様にお喜びをいただけるべく

あと一息、努めて参ろうと思っております。

私が思っても、施工部への負担となるのですが・・・。


とにかく、フロアコーティングって簡単なようですが、

難しいのです。


今、簡単でしょっと思う方がいるかもわかりませんが、

お客様のどれだけの資産に手を加えさせて

いただいているかを

しっかりと考えるならば、その考え方は、

大きな間違いです。


ご迷惑をお掛けする前に、止めましょう。

上記の当社が再コーティングを実施した例ですが、

初期、そして2度目と失敗をした会社さんは、

そんなに新参者のフロアコーティング会社では

ありません。

私でも聞いたことのあるフロアコーティング会社さんです。

それでも、大きな失敗をして、お客様、そして取引企業様へも

甚大な迷惑を掛けてしまうのです。


やはりそこに慢心があり、

惰性で仕事を熟してしまったと思うのです。

当社は対岸の火事としてとらえず、

他山の石として捉えるべく、この仕事を引き受けました。

慢心せず、驕らず、日々新鮮な気持ちと心で

お客様に向き合わせていただかなくてはなりません。



さて、先日の施工画像です。

またまた、ナノピークスです。↓

東京都板橋区新築マンション アデニウム大山町にて。


7月を迎えます。当社ショールームも連日多くのお客様にお越しを頂いて

おります。

そして、すごい勢いでご予約が埋まっている状況にございます。

心より感謝申し上げます。


当社は、施工時はもとより、実は施工後にどのような会社であるべきか。

これまで常に模索して参りました。


自分達が、お客様であったならば。

自分達の家族が暮らす家であったならば。


森のしずくをお選びいただいたすべてのお客様に

施工後のアフターをアドバンテージとしていただくこと。


それこそが、当社の存在意義の大きな一つです。



より良きサービスを追求し、

お客様にお喜びと驚きをお届けさせていただけるべく、

努めて参ります。


フロアコーティング森のしずく

代表


森のしずくスタッフブログ


森のしずく代表の日記




コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年6月30日 17:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フロアコーティング技術情報」です。

次のブログ記事は「フロアコーティングクオリティの追求」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。