価格と価値・・・。


「 未来は高く、過去は安い 」ご存知の方も

多いと思いますが、とある有名な人の言葉である。


人は何に価値を見出すのか・・・。


注意して欲しい。

同じモノだから、同じ価格というわけじゃない。

例えば「飲む水」。目的は「飲む」ことでモノは「水」。

公園の水はタダであるのに、皆好んでお金を出して

ミネラルウォーターを購入している。


この公園の水ではなく、ミネラルウォーターを選ぶこと。

もっと言えばなぜ、ミネラルウォーターを買うのか。

その答えが「 価値 」であり、対価を支払う理由だ。


例えば車も同じだ。

目的は

「 移動すること。 」

「どの車も移動という意味ではやることは同じだ。

でも多くの人が、BMWに高いお金を払う」と。

同じ目的であるのに。


同じモノでも価格は違うのだ。


同じスペックのPCでも、最新モデルの方が価格が高い。


しかし、価値なきモノに、高い価格を設定したところで

売ることはできない。


逆に価格が安いままの会社はどうか。

進歩を感じない。


常に新しき、よりスペックの向上を図っているならば、

当然価格にも反映せざるを得ない。


「 未来は高く、過去は安い 」


なんだか、解る気がする。



フロアコーティング森のしずく

代表



コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年5月24日 11:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「馬鹿正直・・・。」です。

次のブログ記事は「最新も商品化したら過去形。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。