強みに集中する


出来ることは限られている。


我々が今後すべきことを10あげてくれ。

我々にできるのは3つまでだ。


一つの会社ですべてをやるのは非常に難しい。


・・・・・・・・・「 スティーブ・ジョブズ」


かのアップル社ですらこのような考えを

会社の行動原理に据えている。


むしろ、そうしたからこそ、熾烈な競争に勝ち、

他を凌駕する圧倒的な商品を世に出し、

大きな力となったのだろう。



森のしずくの強みとは。


その一つに


「 お客様の声にずっと応えること。 」


保証書などはただの紙であり、

発行した会社の行動を伴わなくてはまったく意味がない。


その内容を問わず、まず行動すること。

それが当社の強みの一つであることは間違いないのだ。


私は、施工後にお客様から何か声を頂くと、

自分自身で確認をしたい性分です。


出来る限り、施工部のスタッフと共に

お伺いをさせて頂きたいと思っております。


また、常に最高を目指して施工をしておりますが、

様々な理由でご迷惑をお掛けしてしまうケースも

正直にございます。


当社では、そのようなお客様への対応をしっかりと実施させて

頂きます。


ネガティブ情報こそ、当社は発信させて頂きます。


当社施工にて、本来の品質をご提供できずに

ご迷惑をお掛けしておりました、

兵庫県姫路市のお客様と、

長野県松本市のお客様邸に私も一緒に同行をし、

最高のパフォーマンスを発揮し、

キレイな状態で、耐久性能も抜群な状態にさせて

頂いて参ります。


お伺い時の詳細とご報告も

適宜させて頂こうと思っております。


語弊がありますが、

最悪な会社、最悪な社員、最悪な人とは、

自分だけ

困難から逃れて、人様に迷惑をかけることだと思っております。


クレームを真摯に受け止められない、

言い訳をする、

クレームから逃げることは、

森のしずくはございません。


これまた誤解を恐れずに申しますと、

クレームこそ会社、社員、自分の真の姿や

価値観を見つけられる機会と考えております。




フロアコーティング森のしずく

代表


コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年5月10日 19:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フロアに傷がつかない。は嘘です。」です。

次のブログ記事は「キャンペーン特定日限定1名様」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。