フローリングとの相性。

 

フロアコーティングを検索すると、

「 飯田産業フロアコーティング 」とのワードが

表示されることが多くあります。


これは、飯田産業グループのフローリングの仕様が

これまでフロアコーティングが適さないケースが

あったからです。


最近では、多くの会社が、飯田産業さんの物件でも

出来ることをアピールされております。


しかし、施工が可能であることと、

施工を実施するべきかは、まったく違います。


はっきり申して、どんな業者でも施工は出来るのです。


お客様が知りえない、施工後・・・・。

その先をしっかりと見据えた上で、フロアコーティングを

お勧めできるかが、大事です。


飯田産業さんも最近床材を変え、施工上、そして施工後も

問題が無い床材となってきました。


このことは、飯田産業さんに限ったことではありません。


フローリングは種類がとても多く、

床材に対しまして、フロアコーティングが適正か否かの判断は

とても重要です。


フロアコーティングには、相性もあります。


フロアコーティングを実施する以上、施工後の完全剥離は

物理的に不可能です。


たとえ、水性のフロアコーティングでありましても、

耐久性があるものは剥離はできないのです。


「 水性だから剥離が可能です! 」などと言う場合、

それはワックスです。


水性であっても、油性であってもフロアコーティングは

完全剥離は出来ません。


施工時に綺麗な状態であることは、

当たり前です。


問題はその先を知っている業者であること。


その先も対応をしっかりする業者であること。


フロアコーティングのデメリットや、

施工に対する怖さもしっかりと認識していることです。


森のしずくフロアコーティングショールームでは

正しい情報を、責任を持って開示させて頂いております。



フロアコーティング森のしずく

代表


コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年5月 4日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フロアコーティング不具合。」です。

次のブログ記事は「フロアコーティング失敗・トラブル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。