希望、心の羽

仕事では大きく行き詰ることがあります。


行き詰りなどと書くのは語弊がありますが、

結局は人と人の繋がりの中で、

仕事を頂き、納品をし、

対価を頂く。


この歯車のどこかに不備があると、

仕事として行き詰りが生じます。


人と人のため、この歯車に不備があると

直ぐに信頼関係を損なってしまいます。


仕事のミスや不備は、人としてどのように在るべきかに

直結してしまいます。


私達は、どのような時でも、希望を持ち、より良き方へ、

明るい方へと邁進しなくてはなりません。

心に羽を携えて、常に良い方法を取得していく必要があります。


多くのお客様に支えられて今日があることに感謝をし、

さらなるお喜びをお届けするべく、走り続けなくてはいけません。


当社で施工を頂いたお客様のためにも、

今より良いコーティング、サービスを目指す必要がございます。


どのような時も、希望を持って、心を持って、

歩んでいくことが、

今後の当社を決していくと考えております。


フロアコーティング森のしずく

代表


コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年4月 6日 18:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心よりお詫び申し上げます。」です。

次のブログ記事は「品質管理イコール現場管理です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。