桜咲く

 気が付けば春です。


3月に入ったと思ったのもつかの間、

既に29日です。


街のあちらこちらで桜の花が咲きはじめていました。

明日は荒天の予報、せっかくこれから満開へと向かう桜の花が心配です。


さて、先日当社でエコカラットの施工をさせて頂きましたお客様から、ご指摘を頂きました。


エコカラットだけではございません。

コーティング類ほぼ全てをご依頼を頂いたお客様です。



エコカラット施工時に管理が出来ていなかったこと。

そのため、フロアに一カ所線傷がついてしまったこと。

エコカラットとピクチャーレールの接合部隙がある点など。


これは、まさに私へのご指摘であります。


お客様のご指摘は、施工管理の最高責任者としての責めだけではなく、

仕事に対するあらゆる場面での精度と、慎重に、万全を期すことを

大切にしている会社だと思っていたのに、裏切られた気持ちである点。


状況を確認をしたところ、これは私がお客様の立場でも同様に、

むしろそれ以上の感情となりケースでした。


お客様本位の姿勢を掲げて走る当社を信頼頂き、

ご依頼を頂いたこと。


そしてそれを、大きく裏切ってしまうことになったこと。


つまり私へのご指摘でした。


お客様と直接に話しをさせて頂きました。


仰られる言葉、一つ一つその全てが正しく、

当社の在り方、施工の在り方に大きな間違いがございました。


筆舌には尽くし難い後悔と、後悔では済まされない事実。


お詫びをすれば済むわけでは、当然ございません。


このような結果となり、

当社へ不信と憤りを与えてしまいました事実は消せません。


今後の歩みで、ご判断を頂くほかにございませんが、

最良の方法にて、一つ一つ丁寧に対応をさせて頂きます。


本日車窓より、これから咲き始める桜の木々を目にし、

改めてお客様のお言葉を反芻しておりました。


桜は毎年、しっかりとした下準備をし、

1年ごとに限られた期間、花を咲かせます。


どんなことでも、しっかりとした準備をし、

丁寧な運びをした上で取り組むこと、

そんな基本的なことで、ご迷惑をお掛けしたことを

猛省し、恥じております。


今後、このような事象が無きように努めることは、勿論ですが、

ご迷惑をお掛けしてしまいましたお客様に、

当社最大を持って取り組ませて頂きます。


フロアコーティング森のしずく

株式会社ゆはかのこ

代表





コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年3月29日 17:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コーティングでは継ぎ目は完全に防げません。」です。

次のブログ記事は「窓ガラスフィルム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。