施工へ同行しました。

例年通りに今年の3月もご予約を沢山頂いております。


せっかくフロアコーティングのお問い合わせを頂きましたにも拘らず、

既にご予約で一杯の状況により、お断わりをさせて頂くことが現在多く

ございますこと、心よりお詫び申し上げます。


当社では、少しでも多くのお客様のご要望にお応えするべく、

社員職人育成に努めておりますが、

こればかりは、一朝一夕では出来ず、

施工可能件数が、お客様からのご依頼を大きく(倍以上)下回って

しまっております現状でございます。


心よりお詫び申し上げます。


品質を高いレベルで保持していくこと、

そして使用コーティング剤の管理におきましても社内で徹底管理をすること等を

総合的に鑑みた上で、慎重な育成に努めております。


そんな中で、本日は施工部へ同行を致しました。


本日は、東京都足立区西伊興の一戸建てのお客様邸です。

フローリングは、オリエントのエポルカフロアでした。


コーティングに不向きとされる床材でしたが、

しっかりとした施工を実施させて頂きました。


時間をしっかりと頂き、ゆったりとした、落ち着いた施工をしている

スタッフを見て安心しましたが、

本日のお客様邸は、私が内覧に同行させて頂いたにも拘らず、

本日判明した傷が8個ほどと、増えておりました。


反省をしながら、傷の補修をさせて頂き、施工をさせて頂きました。


フロアコーティング森のしずく

代表








コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年3月19日 19:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「越えたことのない壁。」です。

次のブログ記事は「コーティングでは継ぎ目は完全に防げません。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。