分け隔て無く、公明正大に

今日は新川崎の築4年のマンションにお住まいのお客様邸へ

現調にお伺いをさせて頂きました。


見た目の状態はとても綺麗ではありましたが、

遮音床で、4年間ワックスを毎年ご自身で実施されて

いたとのこと。


誠に申し訳なく、残念ではありましたが、当社での施工は

将来的なリフォームを考えますと、

費用対効果に乏しく、その旨をお客様に正直にお伝えをさせて

頂きました。


とても感じ良く、ご納得を頂きましたが、

私は、抜群に効果が期待できる時にのみ、

しっかりとお売りすることを心がけています。


4層のワックス剥離はなかなか難儀であることに加え、

床材を傷めてしまうリスクが大きいのです。

ましてや遮音床の場合は特に注意が必要でしょう。


4年間ご生活をされた場合を鑑みますと、

床材のバランスを壊すことの方が、マイナス要因が大きいと

判断させて頂きました。


新川崎のお客様邸から帰社をしたところ、

(株)スプレッドサービスの社長より電話がありました。


ナノグラスコートジャパン(株)代表の黒川氏とより良いフロアーコーティング剤を

開発してもらえませんかと。


有り難い話しです。


もちろん当社の技術や持ち合わせている情報は提供させて頂きます。


ただ、やはり現場サイドの声。

お客様の声。


それらを実感頂くことは容易ではありません。


これは、当社における強みです。


すべては現場が重要となります。


森のしずくは、既に独自路線でコーティング剤を開発しております。


当然、社内でコーティング剤を作ることは出来ませんが、

メーカーへ委託をし、完全にオーダーメードにて

常に抜群のコーティング剤を開発し、

採用しております。


森のしずくのコーティング剤は日々進化を遂げております。


フロアコーティング森のしずく

株式会社ゆはかのこ

代表


コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年3月14日 17:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「名古屋にてクレーム対応させて頂きました。」です。

次のブログ記事は「越えたことのない壁。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。