ここ最近の日々

今日も関東では雪が降るかのような予報でしたが、

雪など降らず、雨の一日。


本日は、3組のお客様が所沢市の弊社

フロアコーティングショールームにお越し頂きました。


床材がサンロードアートの可能性があり、

当社での施工が不可かもしれず、

お客様に申し訳ありませんでした。


工務店さんが使用する床材がサンロードアートの場合が多い工務店様で、

万が一、サンロードアートの場合は、当社では

力不足にて、現在施工が出来ません。


床材を破損してしまう可能性があるからです。


そんな、ことは初耳であったお客様はとても落胆されて

おりました。

しかし、大切な資産です。

当社は絶対的な自信を持てない仕事はやはり出来ません。


しかし、万が一フロアが出来なくても、

ナノグラス水周りコートをご依頼頂けるとのことで、

当社と致しましては、最大を持って臨ませて頂くと

気持ちを新たにさせて頂きました。


昨日は、内覧会へ2件お伺いをさせて頂きました。


ライオンズグランフォート西新井と

ライオンズ行徳レジデンス。


そしてその前日も内覧会へお伺いをさせて頂きました。


先週は仙台にお伺いをしました。


仙台の寒さは一段と厳しくありました。


施工は、こちらもライオンズマンションで、

内覧会や施工で多く経験をしている床材で

あったため、とても良い施工が実現しました。


ただ、気をつけるべくは、どれだけ慣れた床材であっても、

慣れている床材であればこそ、注意をしなくてはなりません。


施工部では、ベテランや慣れているスタッフにこそ、

注意が必要なものです。


当然私自身も常に、リフレッシュした気持ちでお伺いするように

心掛けております。


当社は、一年でも最も忙しい時期です。

他社では休みがほとんど無いなどと言う話しも見聞きしますが、

これはいけません。


お客様の安全を守る、電車の運転手さんや、パイロットなどが休まず

営業しているのと同じです。


出来る限り、ゆっくりと休んで、心身ともに日々新しい気持ちで、

新鮮さを持った仕事をして欲しいと思っています。


忙しくはありますが、出来る限り社員には休みをとって貰うように努めて

おりますが、このようなことを書くと社員の家族から怒られるかもしれません。


ただ、ありがたいことに、皆が仕事に情熱を持ったスタッフに恵まれているため、

それぞれが、遅くまで働こうとしてくれております。


忙しい時期だからこそ、雑用は私がやって、早く帰って体を休ませるように

努めて参ります。


日々の施工を間違いなく、確実にキレイに仕上げることは

私達からすれば、とても簡単なことです。


しかし、当たり前のことを、確実にこなし続けることは、簡単なようで、

実に難しいことです。


継続的にアベレージで最良の仕上げを続けるために、


常に細心の注意と、自分自身に対する過信を見逃さず、

謙虚さを持った中で、スタッフ一同施工をさせて

頂かなくてはなりません。


フロアコーティング森のしずく

株式会社ゆはかのこ

代表



コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2014年3月 2日 20:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トラブルフロアコーティング」です。

次のブログ記事は「内覧会の後、合流し名古屋へ伺います。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。