穏やかに・・・。

人を悪く言うことは、してはいけません。

 

がっしかしどうしても我慢がなりません。

 

先日、当社社員が内覧会へお伺いをさせて頂いた時のことです。

 

練馬区、大泉の新築戸建の内覧会。

指摘事項をチェックしていたら、販売会社の担当者より、

東〇住宅(〇部は漢字一文字ずばり栄)の担当者:「 お前、名刺も渡さずに、勝手なことしてんなよっ! 」

当社スタッフ:「 これは大変失礼しました。 」と名刺を渡そうとすると・・・。

 

東〇住宅担当「 お前社会人としてのマナー知ってんのかよ! 」

 

しかも、お客様の前で、このような言動をしてきたようで。

 

それでも

当社スタッフ 「 申し訳ございません。 」

 

と答えたと。

 

馬鹿か!一言「 お前もなぁっ! 」と言い返してみて欲しかった。

そんなことは出来る訳ありませんが、私には出来ませんが・・・。

 

こんな会社あるんだ。

 

聞いただけで、ムラムラと怒りが込み上げてきてしまいました。

 

 

んー。笑って笑って。穏やかに。

 

 

何かを勘違いして、走り出すと人は怖いです。

 

きっと運転するとクラクションを鳴らしまくる人だと思います。

 

 

とは言え、この話しを聞いて、怒りを感じた私は、まだまだです。

 

大切なことは、これこそ会社としての教育です。

 

他山の石とせねば!

 

このようなことにこそ、人間の本質が表れており、

当社にもしっかりと落とし込み、

サービスマンとしての確認材料とさせて頂こうと思います。

 

きっと、東〇住宅担当者は指摘をされて追い込まれたのでしょう。

 

ただ、人はピンチになればなるほど、

本性を露呈するものです。

 

ピンチな状況に置かれた時にこそ、真価が問われます。

 

内覧会にはおそらく、業界で一番お伺いをさせて頂いておりますが、

こんなこと初めてでした。

 

建元様の立場もしっかりと考慮し、このように建元様の心が暴れた場合の

対処方法と、対応をしっかりと検討せねばなりません。

 

フロアコーティング森のしずく

代表

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2013年12月 8日 09:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1000万人突破」です。

次のブログ記事は「無理な施工は出来ません。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。