施工出来ない床材。

フロアコーティング森のしずくには、

日々様々なご質問を頂きます。

 

その中でも、特に多いお問い合わせが、

「 何で施工が出来ないのですか? 」とのご質問です。

 

「 他社さんでは、まったく問題無いと言われたのに・・・。 」

 

とお客様からご質問を頂きます。

 

これは大変お恥ずかしいことですが、

まずは当社の力不足であることは間違いありません。

 

出来ない ⇒ 力が無いから。

 

これは確かに否定しがたく、その通りなのです。

 

当社には、一つの揺ぎ無いルールがあります。

 

「 確信の無い仕事はしない。 」

 

100回施工をさせて頂き、99回上手くいっても、

100回施工をさせて頂き、1回上手くいかないことがあるならば、

それは、御代をお客様から頂くに値しません。

 

100回施工をさせて頂けば、100回上手くいくことを確信を持たなくては、

大切なお客様にご迷惑をお掛けしてしまいます。

 

100回施工をして100回上手くいくことを追求することを

当社は大前提とさせて頂いております。

 

そのため、他社様では問題が無く施工が出来ても、

当社では、全ての施工におきまして、確信を持てるまで

実施が出来ません。

 

お客様の大切な資産へ携わらせて頂く会社として、

しっかりとした根拠を持った仕事をさせて頂く必要がございます。

 

当社と他社様とは、コーティング剤の仕様も、

下処理の方法も、まったく違います。

 

当社は、下処理を一番大切にしておりますが、

その下処理において、アルコール洗浄が出来ないシート式フローリングが一部あります。

 

この工程をせずに、フロアコーティングをしてしまいますと、

密着不良や、ムラの原因となってしまいます。

 

そのため、すべての工程を省くことなく、施工が出来るフローリングにしか、

当社は施工が出来ません。

 

これは、当社を守ることを意味しますが、

何よりも、お客様の大切な資産を守るために

今後も、大切にさせて頂きたく存じます。

 

せっかくお問い合わせを頂いたにもかかわらず、

お応えができなかったお客様に心よりお詫び申し上げます。

 

フロアコーティング森のしずく

代表

 

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2013年11月27日 18:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キッチン天然石の天板はナノグラス専用コートで。」です。

次のブログ記事は「現場好き。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。