独りよがり。は禁物。

昨日、私は埼玉県草加市の新築マンション

ソライエ草加松原へお伺いをさせて頂きました。

 

当社ご依頼頂いております、お客様の内覧会にご同行です。

 

ソライエ草加松原内覧会.jpg

天気も良く、お部屋からは遠くにスカイツリーも見えておりました。

全体的に非常にキレイな状態で、12月の施工に安心して臨むことができます。

 

フローリングにはかなり多めにワックスが塗布済みでありました。

 

この床材の場合、ワックス剥離作業を慎重に実施しなくてはいけません。

 

小さいスパンで剥離作業を行わないと、床材と床材のジョイント部が膨らみやすく、

不具合の発生や、床が波をうった状態になるので、慎重に実施することが大切です。

 

もっと言えば、何でワックスを入れてしまうのか・・・。

こればかりは、建元様の判断ですが、

実際に購入するお客様のご意向を大切にして欲しいとも思います。

もう、従来のような引き渡し方法を止めなくては、建材はどんどん新しくなっている現況を

考えますと、建元様のリスクが結構高いのではないでしょうか?

 

 

「 UV 」か「 ガラス 」どちらが良いですか・・。

とのご質問を頂くことが多いですが、

当社に限っては、お客様のお好みに委ねるところが大きいです。

事由は、どちらも保証期間が同じだからです。

これはあくまでも当社の場合です。

ただ、当社の保証内容は半端な保証とは毛色が違うため、

実質的に好みを大切にして頂くことが逆に重要となります。

 

現在のお客様傾向としては、ガラスフロアコーティングですが、

当社のUVフロアコーティングもなかなかの優れものです。

 

水なんかしっかりと弾くので、

ばっちりツヤツヤに決めたい方にはお勧めの商品です。

UVフロア.jpg

↑UVフロアコーティング施工画像

 

 

当社では、ガラスフロアコーティングの、

ナノグラスコート30を開始して以来、約8割ほどのお客様が

ガラスフロアコーティングのナノグラスコート30をご希望されます。

 

UVとガラスでどちらにするか悩まれる場合は、

実際にショールームに観にいくことをお勧めします。

 

もっと簡単に考えた場合、

お客様がお選びになるポイントは、

ツヤが有り か ツヤ無し かといったわかり易い

検討方法が良いかと思います。

 

次に質感や、塗膜を形成するか、しないかなどを

確かめてください。

 

問い合わせをされて、送られてくるサンプル材を観ても

逆に悩むだけとなってしまうでしょう。

 

そんな時は、良いと思う会社さんに電話やメールをして

色々と聞いてみることがいいでしょう。

 

とにかく、質問をたくさんしてください。

大切な不動産ですから、慎重になり過ぎることはございません。

 

疑問に思うことは、解決してからお願いをしましょう。

 

 

フロアコーティング森のしずく

代表

 

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2013年10月31日 16:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モニター施工」です。

次のブログ記事は「サンロードアート出来ない理由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。