無理な施工はしない。

フロアコーティング.jpg

出来ない床材が有ります。

当社では、常に建材メーカー各位の商品を

取り寄せてマッチングテストをしております。

 

他社様では、問題なく施工が出来る場合でも、

当社では施工が出来ない床材がございます。

 

その代表例を下記にまとめました。

 

パナソニック

Vフロア

 

永大産業

特選シートフロア

 

大建工業

サンロードアート

グラフィーアート

 

これらフローリングに対しますフロアコーティングは当社では

施工が出来ません。

 

上記フローリングでも問題なく施工が出来ますと謳う業者さんも

多くあります。

 

それでも、当社では施工を見送らざるを得ません。

 

=施工が出来ない事由=

少しの水分に非常に弱い、軟性シートである。

 

水分に弱いため、脱脂作業(事前洗浄)が出来ない。

 

コーティング剤を塗布した場合も、コーティング液剤により、シートが縮み、

床材表面シートが波打つ。

 

無理な施工をするならば☆

コーティング前に通常行わなくてはならない、洗浄をせず、

掃除機掛けのみをして、薄くコーティング剤を塗布するしか方法はありません。

 

×無理な施工をした場合×

しっかりとした前処理(脱脂作業)が出来ないため、

仕上がりが非常に悪くなってしまう。

 

シートの波打ちや膨れが生じてしまうが我慢をする以外ない。

 

シートが軟性のため、コーティング剤の密着が悪く、

直ぐに剥がれてしまう場合が非常に多い。

 

※稀に上手くいくケースがある。

この稀に上手くいくケースがあるため、

業者も施工を実施してしまうのです。

これは、まさに博打の世界だと思います。

 

少しでも、不具合が発生する可能性を秘めている場合は、

施工が出来ません。

目先の利益追求をしてしまうと、お客様に一生のご迷惑を

お掛けしてしまいます。

 

そのため、当社は無理な施工を実施しません。

 

確実な仕事をお約束します。

 

お客様にも、しっかりとご説明をし、ご理解を頂いてきております。

 

フロアコーティング森のしずく 

 

 

 

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2013年10月13日 09:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「選び方」です。

次のブログ記事は「フロアコーティング失敗」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。