正念場

 

 今日の東京は午後から久しぶりに良く晴れました。

 

 汗ばむ陽気とは、今日のためにある言葉。

 昼から某社N社長と会うために、有楽町まで行って来ました。

 

 久しぶりに会うや否や、「 太ったなぁ。 」

 

 ストレートに言われて、「 たっぷりと 」と答えて、ついでに

 「 お前もなっ! 」と。

 

 Nの方がよっぽど太っていました。

 

 

 彼とは、「 昔ギリシャの~・・・・。 」

 

 子供の頃、私は父の転勤でギリシャのアテネに暮らしていたのですが、

 その時に一緒に遊び共に学んだ同級生です。

 

 私はアテネ日本人学校というところに、2年半程、通っていました。

 

 Nのお父さんは、日本大使館員さんだったのです。

 

 そんなNを私は時に道具のように使っていました。

 

 Nの家で遊んだ後は、必ずスケボーに私が座り、Nが私の家まで背中を押して

 送ってくれていました。

 今思えば、2㎞ほどはあったと思います。

 

 本当に良い友達です。

 

 しかし、小学校低学年だった私たちは、帰国後にお互い連絡を取る術もなく、

 気が付けば、おっさんになっていたのです。

 

 ある日、会社の電話がなったのです。

 

 外出していた私に受付女史より託が・・・。

 

 「 何かギリシャのアテネの学校の〇〇社の人からお電話で・・・。N様で連絡先が・・・。 」

 

 うれしかったです。本当にただただ嬉しくて。

 

 思えば一番無邪気な頃でした。

 

 日が暮れるまで、一緒にギリシャ人の子供(当時は失礼ながらギリコウと呼んでいました。)

 ギリコウは私たちをチンチョンと呼んでいましたが、彼らは私たち異人を受け入れてくれて、

 ギリコウとチンチョンは一緒にサッカーをしたり、鶏を追いかけまわしたりしていました。

 

 ニュースでは、ギリシャ経済はかなり重症な状態とのこと。

 心が痛みます。

 

 そんな幼少期を一緒に過ごしたNと今日会って来ました。

 

 とりあえず、仕事を抜きにとの前置きをして会いました・・・・。

 

 でも結局は、仕事、仕事、仕事の話しでNが終始してくれました。

 

 Nも頑張っていたんだなぁ。ってなんだかとても感慨深く思いました。

 

 自分はどうか・・・・。

 

 お互いに刺激を仕合い、また仕事でも今後切磋琢磨していくことを二人で

 誓いあいました。

 

 なんでも、Nは最近良いことが少ないとかで、今からが正念場だと、

 ひたすら繰り返していました。

 上場をしてもおかしくない、そんな経営者のNを頼もしく思い、

 同時に自分も今からだと思った本日13時でした。

 

 

ほこたてナノグラスコート森のしずく.jpg

 

 業界で唯一フジテレビ系番組 「 ほこ × たて 」 で取り上げられました。

 

 フロアコーティング森のしずく

 代表

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2013年10月11日 14:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「床材サンプル」です。

次のブログ記事は「ハロウィン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。