マンションリフォーム申請

フロアコーティング森のしずく 代表久永です。

 

フロアコーティングを新築購入時に実施するか。

 

それとも後のリフォーム代にオントップしておくか。

 

どちらの考え方も正しいと思います。

フロアコーティングを依頼して、初期より長くきれいな状態を

保とうとされる場合は、コーティング会社の保証内容が

良いところを選ぶ必要があります。

 

さて、本日はマンションフローリング工事につきまして、

私が昔よりお世話になっている工事会社さんの話しを・・・。

 

フローリングを張替工事をする場合、工事申請が必要となります。

各マンションで期間は違いますが、多くの場合最低でも3週間~2週間前に

申請をしなくては、工事許可が出ません。

 

また、申請書類も管理事務所から貰うもの、

工事会社が作成して提出するものまで、多義にわたります。

 

ここで、大切なこと。

 

床材の規定をしっかりと管理会社に確認をした上で、

マンションの仕様規定を充たした床材を選ばなくてはいけないのです。

 

好きな商品を先に選ぶと、マンション工事許可がおりません。

 

事前に床材を購入するのではなく、

マンションの仕様を確認し、仕様に則した床材を購入する。

この順序を守らないと、リフォーム会社から床材費用を多く

請求されてしまいます。

 

床のリフォームをご検討されている皆様。

マンション仕様に気をつけてください。

 

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2013年10月 5日 17:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガラスフロアコーティング事前処理が大切」です。

次のブログ記事は「低価格or適正価格」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。