2013年10月アーカイブ

昨日、私は埼玉県草加市の新築マンション

ソライエ草加松原へお伺いをさせて頂きました。

 

当社ご依頼頂いております、お客様の内覧会にご同行です。

 

ソライエ草加松原内覧会.jpg

天気も良く、お部屋からは遠くにスカイツリーも見えておりました。

全体的に非常にキレイな状態で、12月の施工に安心して臨むことができます。

 

フローリングにはかなり多めにワックスが塗布済みでありました。

 

この床材の場合、ワックス剥離作業を慎重に実施しなくてはいけません。

 

小さいスパンで剥離作業を行わないと、床材と床材のジョイント部が膨らみやすく、

不具合の発生や、床が波をうった状態になるので、慎重に実施することが大切です。

 

もっと言えば、何でワックスを入れてしまうのか・・・。

こればかりは、建元様の判断ですが、

実際に購入するお客様のご意向を大切にして欲しいとも思います。

もう、従来のような引き渡し方法を止めなくては、建材はどんどん新しくなっている現況を

考えますと、建元様のリスクが結構高いのではないでしょうか?

 

 

「 UV 」か「 ガラス 」どちらが良いですか・・。

とのご質問を頂くことが多いですが、

当社に限っては、お客様のお好みに委ねるところが大きいです。

事由は、どちらも保証期間が同じだからです。

これはあくまでも当社の場合です。

ただ、当社の保証内容は半端な保証とは毛色が違うため、

実質的に好みを大切にして頂くことが逆に重要となります。

 

現在のお客様傾向としては、ガラスフロアコーティングですが、

当社のUVフロアコーティングもなかなかの優れものです。

 

水なんかしっかりと弾くので、

ばっちりツヤツヤに決めたい方にはお勧めの商品です。

UVフロア.jpg

↑UVフロアコーティング施工画像

 

 

当社では、ガラスフロアコーティングの、

ナノグラスコート30を開始して以来、約8割ほどのお客様が

ガラスフロアコーティングのナノグラスコート30をご希望されます。

 

UVとガラスでどちらにするか悩まれる場合は、

実際にショールームに観にいくことをお勧めします。

 

もっと簡単に考えた場合、

お客様がお選びになるポイントは、

ツヤが有り か ツヤ無し かといったわかり易い

検討方法が良いかと思います。

 

次に質感や、塗膜を形成するか、しないかなどを

確かめてください。

 

問い合わせをされて、送られてくるサンプル材を観ても

逆に悩むだけとなってしまうでしょう。

 

そんな時は、良いと思う会社さんに電話やメールをして

色々と聞いてみることがいいでしょう。

 

とにかく、質問をたくさんしてください。

大切な不動産ですから、慎重になり過ぎることはございません。

 

疑問に思うことは、解決してからお願いをしましょう。

 

 

フロアコーティング森のしずく

代表

 

 

モニター施工のご応募を多数頂き、

ありがとうございました。

 

モニター施工を実施させて頂くお客様を

確定させて頂きましたため、

今回のモニター募集を終了させて頂きます。

 

本日も内覧会へのお伺いがございます。

 

連日多くの新築マンションさんへお伺いをさせて

頂いておりますが、

シート式EB加工フローリングが圧倒的に増えております。

 

シート式EB加工フローリングの施工は、

下処理を慎重に実施することが大変重要です。

 

逆に下処理を慎重にすれば不具合はおきません。

 

今日は、ソライエ草加松原さんをご購入されたお客様、

2件お伺いをさせて頂きます。

 

フロアコーティング森のしずく

代表

当社では、同一マンションにてご施工のお客様へ、

アフターサービスの実施の円滑さ等を勘案させて頂き、

スケールメリットを販売価格時に反映をさせて

頂いております。

 

同一マンションにて3件以上のご依頼を頂いたご物件が

対象となります。

 

11月及び12月におけます同一マンション割が確定して

おりますご物件を下記ご案内させて頂きます。

 

 

森のしずくナノグラス.jpg

 

シティテラス板橋蓮根

ドレッセ鷺沼の杜

広尾ガーデンフォレスト椿レジデンス

オハナ多摩川上水ガーデニア

グランドメゾン狛江

ユーカリが丘ミライアタワー

レーベン新川崎デュアリズム

リビオ目黒リバーサウス

サンクレイドル清瀬

クレヴィア蘆花公園

ソライエ草加松原

 

ドレッセ美しが丘二丁目ガーデン

 

 

 

上記ご物件をご購入されましたお客様で、

フロアコーティングをご検討中の方は、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

フロアコーティング森のしずく

 

 

今年も残すところ2カ月となりました。

 

大雨や台風も多かった今年、

被害に遭われた方を思うと心が痛みます。

 

東日本大震災や様々な災害が繰り返し

起こってしまう中で、

 

私は今日も偶然にも生かされているのだと、

感じております。

 

さて、年末に向けて私自身、

そして当社は今一度確認をしなくてはいけません。

 

今年に入りこれまでに多くのご依頼を頂いて参りました。

 

その中で、大変申し訳ないことに、お客様へご迷惑をお掛けして

しまいましたことがございました。

 

いずれも施工以前の問題があり、私自身痛切に責任を

感じております。

 

再発防止に取り組むことはもとより、

お客様の大切なご新居へ携わらせて頂いている自覚を

社員一同再確認し、今後このようなことが無きように

努めて参る所存でございます。

 

 

下記は、洗面所のCF部にコーティング剤を

付着させてしまった例です。

洗面所CF.jpg

丸いポツポツとした小さい塊が付着させてしまったコーティング剤です。

こちらのお客様には大変ご迷惑をお掛けしました。

CF部を新規商品へと張替工事を実施させて頂きました。

心よりお詫び申し上げます。

 

ロールカーテンへシワ.jpg

上図は愛知県名古屋市の客様邸のロール状カーテンに線状のシワを付けて

しまった例です。

施工時にカーテンがすでに設置されており、コーティング剤が付かないように、

シワにならないように養生をさせて頂いておりましたが、

結果的にはしっかりとシワを付けてしまい、

こちらも工務店様経由で新規商品に取り換えをさせて頂きました。

本当に申し訳ございませんでした。

 

 

 

当社のようなお客様のお宅にお伺いをして

細かい作業をする上で、あってはならない

最悪の事態です。

 

 

 

当社は、社員教育に業界で一番力を入れて参ります。

これは、本当のサービス会社を追求する上で必須です。

 

会社はもとより、このようなことが起きた責任は

私にございます。

 

現場の職人仕事は経験が全てではありません。

 

心にゆとりを持った環境をスタッフに与えることも

大切であると感じております。

 

また、経験以前に大切な人間性を私も含めて

皆で再度確認をしたいと思います。

 

 

自身への戒めの意味でも、当社施工時に、

ご迷惑をお掛けしてしまいました、

クレーム例を記載させて頂きました。

 

 

フロアコーティング森のしずく

代表

 

 

 

 

 

森のしずくナノグラス.jpg

 フロアコーティングを施工する上で、

床材の情報をお客様から頂く必要がございます。

 

 

床材も種類が多く、また各メーカーでオリジナルの加工商品が

あるため、床材の情報を事前にお聞きすることを

当社は大切にしております。

 

しかし、稀にお客様から頂いていた情報と実際に

床に敷設されている床材が異なる場合があります。

 

そのため、当社ではご施工日にも再度、

施工担当者がチェックをさせて頂きます。

 

お伺いをさせて頂いて、万が一床材へのコーティングが

最良で無い場合は、施工を取り止めさせて頂くことがございます。

 

誠に申し訳ありませんが、フロアのコーティング剤は万能ではありません。

無理な施工は、お客様への欺罔行為です。

 

大切なご新居のため、全ての場面で慎重さを欠くことが無きように

社員一同努めて参ります。

 

フロアコーティング森のしずく

 

本日は、東京都練馬区のお客様邸へ現調にお伺いをさせて

頂きました。

約2か月前に、他社さんでフロアコーティングを実施されたのですが、

あまりに汚く、再施工をお願いしても応じてくれずに、

困惑をし、当社へご連絡を頂きました。

現調をさせて頂きましたが、コーティング以前に、

下処理が不完全で、ホコリなどがある状態で施工をしてしまって

いる許しがたい状態でした。

 

大金をお支払を頂いていながら、このようなとても卑怯な会社には

憤りを超えて、同業として非常に残念です。

 

フロアコーティングを頼み、

イメージと違ったと思う方、予想と違い汚い仕上がりと

感じられてしまう人も、とても多いと思います。

 

これだけ、多くの会社が日々施工をしていることを

考えますと、全ての人が満足を得ることが出来ているとは

到底思えません。

 

では、フロアコーティングの施工。

そして失敗の判断基準はどこにあるかが問題となります。

 

多くの場合が、コーティング会社が見に来て、これは許容範囲です。

または、これは規定値です。

などと言い、去って行きます。

取り残されたお客様はこの時点で事態の悪さ、

自身がとても最悪な状況に置かれていることに気づかされるのです。

 

これは、大きな間違いです。

 

フロアコーティングとは、フローリングに耐久性を保持させて、

美観的要素も最大限床材へ付与させ、総合的に各お客様邸の床に

意匠性を付加させることが目的です。

ですから、成功と失敗のジャッジはすべからくお客様が行うべきで、

施工業者はそのお客様のご意見を最大限尊重することに

技術を傾注する必要があります。

 

このようなお客様本位を基調とされている会社さんでは、

施工時を含めて、大きな失敗はあまり無いものです。

 

お客様目線を外れた、独善的な運営が、多くの失敗を量産して

いるのが現実でしょう。

 

フロアコーティング森のしずく

ナノグラスコート森のしずく 代表

 

コーティング剤にも当然鮮度があります。

 

残念なことに、多くの会社さんもしくは、スタッフがコーティング剤を使い回して

いるケースを良く見ます。

使い回してしまうと、施工時はもとより、仕上がり、施工後にと

大きな不具合の発生リスクが高まります。

 

最低限このあたりについては、会社がしっかりとした管理をしなくてはいけません。

高額な商品でありますため、なおさら、すべてのお客様に対しまして

スペシャリティを追求させて頂くべきです。

森のしずくナノグラス.jpg

当社では、フロアコーティング以外にも、

窓ガラスフィルム施工も専門職人実施させて頂いております。

 

そして、最近特に多いのが、エコカラット施工依頼です。

当社では、よりデザイン性を重視した鏡と組み合わせた施工も実施可能です。

玄関部の姿見との組み合わせなど、多彩なデザインに対応させて頂きます。

リビングデザインエコカラット.jpg

エコカラットは、職人の腕とセンスが最終仕上がり時の決めてとなります。

多くの施工実績がある森のしずくへお任せください。

 

当社は、あらゆる分野におきまして、施工技術の向上に努めております。

また、そのために有能技術者を幅広く採用し、自社体力を高めております。

ほこたてナノグラスコート森のしずく.jpg

ハウスコーティングからインテリアオプション各種を取り扱っております。

 

ご相談、ご質問はお気軽に申し付けくださいませ。

 

フロアコーティング森のしずく

株式会社ゆはかのこ

 

 

 

フロアコーティング森のしずくショールーム では、

ご来場を頂いたお客様へ、少しでもフロアコーティングについて

正しくご理解を頂くために、良いことばかりをご案内しません。

 

フロアコーティング失敗情報や

フロアコーティングトラブルにつきましてもしっかりとご説明をさせて

頂いております。

 

近年では、シート式フローリングが非常に多くなり、

従来型のフロアコーティング剤や施工方法では大きなトラブルと

なってしまうケースが増えています。

 

また、EB加工やオレフィンとの相性が悪いが為に、

コーティングが剥がれてしまうことも多く発生しております。

 

最悪なことに、密着性を良くするために、

フローリングの表面を耐水ペーパー(紙ヤスリ)で削った上で、

施工をしてしまっている会社もあります。

 

更に残念なことに、その方法が良いと思っている場合が多いのです。

 

無理な施工は禁物です。

 

施工方法を知ることが、フロアコーティング全体を知る近道かもしれません。

 

フロアコーティング森のしずく

フロアコーティングを価格で選ぶことについて、

本日は、書かせて頂きます。

 

価格で選ぶことは、とても大切なことです。

予算もある中で、もしも同じ商品であるならば、

少しでも安い方が良いに決まっています。

 

フロアコーティングを見てみると、各会社によって、

コーティングの名前も違い、種類も違います。

 

ですから、単純にフロアコーティングの場合は、

価格だけで選ぶことに不足が生じます。

施工対象物が、ご新居の床(大切な資産)であるため、

やはり一定基準の耐久性は満たしておいて欲しいものです。

 

残念ながら、㎡単価が安いフロアコーティングの場合は、

この一定基準を満たしていないケースが多くございます。

それどころか、最低の基準すらを満たさないものも多数あります。

 

このような廉価フロアコーティングの多くは、

施工時は綺麗でも、直ぐに白くぼけたり、水で変色をしたりします。

 

さらに頭を悩ますことは、フロアコーティングは施工後に剥離が出来ないため

取り返しのつかないこととなります。

後悔だけが残ってしまうのです。

 

当社では、価格を売りにはしておりません。

 

誤解をおそれずに申せば、価格を売りにすると、

必ず不安に繋がってしまいます。

 

コーティング剤は、粒子の細かさ、純度の高さでその価格が決まります。

ダイアモンドや金のように、イミテーションから本物まで、

そして純度も含めて見た目では判らない品質がございます。

 

価格を安くできるフロアコーティングには、残念ながら良い商品はありません。

 

同じ品質の商品による価格差ではなく、

各会社ごとに、

違う商品、品質、性能だから価格差が大きくあることに注意してください。

 

フロアコーティング森のしずく

 

本日は、台風の影響が心配されましたが、

当社施工部は、無事に時間通りにお伺いをし、

通常通りに、施工中です。

 

ショールームでは、交通機関ダイヤの乱れ等もあり、

午前中にご予約を頂いていた、

2組のお客様がご来場日の延期を頂きました。

 

午後からは通常通り、お越し頂いております。

 

当社は何事もございませんでしたが、

各地で甚大な被害が発生してしまったようで、心を痛めております。

 

被害に遭われた方々、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

ほこたてナノグラスコート森のしずく.jpg

フロアコーティング業界で唯一「ほこ × たて 」(フジテレビ)で

取り上げられたナノグラスコート30を実施しております。

 

しかし、ほこたてがどうした。

それが何だと言われましたらその通りです。

まさにそれまでのこと。

 

そのようなことは避けなくてはならず、

そのため、

日々鍛錬をし、確かな技術とより良きものを求めて

邁進しております。

ただ、現時点では、最高に良いコーティング剤であることは

間違いありません。

 

フロアコーティング森のしずく

ショールーム

株式会社ゆはかのこ

 

 

フロアコーティング失敗をするケースには

一つの特徴があります。

 

床材とコーティング剤の相性が非常に悪いにも

かかわらず、無理に施工をしてしまうことが一番にあげられます。

 

シート式のフローリングの中には、とてもデリケートで、

剥離剤はもちろん、中性の薬品性が弱い、中和剤であっても

フローリングのシートが傷んでしまう商品があります。

 

失敗の多くはデリケートなシート式フローリングに施工をしてしまうことが、

原因とされています。

困ったことに、作業をする施工担当者が、シート式フローリングについての

知識が無いことが多いのです。

 

だから、施工をしてはいけない床材に安易にコーティングを実施してしまい、

その後に様々な不具合が発生してしまう。

 

綺麗にしたい。

 

その一心でとても楽しみにされていたお客様には

残念では済まない、悲しい状態へと変異してしまう。

 

ですから、我々施工業者には、確かな知識と、テストと実績に

裏づけを持った技術が必要です。

 

フロアコーティングをしない選択は、これまでに培った技術の賜なのです。

 

コーティングをしない選択も時に必要です。

 

フロアコーティング森のしずく

株式会社ゆはかのこ

代表

フロアコーティング.jpg

出来ない床材が有ります。

当社では、常に建材メーカー各位の商品を

取り寄せてマッチングテストをしております。

 

他社様では、問題なく施工が出来る場合でも、

当社では施工が出来ない床材がございます。

 

その代表例を下記にまとめました。

 

パナソニック

Vフロア

 

永大産業

特選シートフロア

 

大建工業

サンロードアート

グラフィーアート

 

これらフローリングに対しますフロアコーティングは当社では

施工が出来ません。

 

上記フローリングでも問題なく施工が出来ますと謳う業者さんも

多くあります。

 

それでも、当社では施工を見送らざるを得ません。

 

=施工が出来ない事由=

少しの水分に非常に弱い、軟性シートである。

 

水分に弱いため、脱脂作業(事前洗浄)が出来ない。

 

コーティング剤を塗布した場合も、コーティング液剤により、シートが縮み、

床材表面シートが波打つ。

 

無理な施工をするならば☆

コーティング前に通常行わなくてはならない、洗浄をせず、

掃除機掛けのみをして、薄くコーティング剤を塗布するしか方法はありません。

 

×無理な施工をした場合×

しっかりとした前処理(脱脂作業)が出来ないため、

仕上がりが非常に悪くなってしまう。

 

シートの波打ちや膨れが生じてしまうが我慢をする以外ない。

 

シートが軟性のため、コーティング剤の密着が悪く、

直ぐに剥がれてしまう場合が非常に多い。

 

※稀に上手くいくケースがある。

この稀に上手くいくケースがあるため、

業者も施工を実施してしまうのです。

これは、まさに博打の世界だと思います。

 

少しでも、不具合が発生する可能性を秘めている場合は、

施工が出来ません。

目先の利益追求をしてしまうと、お客様に一生のご迷惑を

お掛けしてしまいます。

 

そのため、当社は無理な施工を実施しません。

 

確実な仕事をお約束します。

 

お客様にも、しっかりとご説明をし、ご理解を頂いてきております。

 

フロアコーティング森のしずく 

 

 

 

 

選び方につきましては、過去にも書きましたが、

常にお客様目線でとの思いで、新たに書かせて頂きます。

 

なぜするか?

フロアコーティングに対する期待を大雑把に書き出してみてください。

 

綺麗だから、傷がつかないから、長持ちするから・・・。

ピカピカの艶々の床にしたいから、艶は抑えて耐水性を高めたいから。

犬を飼う予定で、おしっこ対策のために。

 

などなど、ご要望はたくさんあると思います。

 

書き出してみたご要望通りの商品はあるかを次に見て行きます。

 

全てを100%満たすものは、残念ながら存在しません。

一つの要望を満たすと、もう一つが満たされなくなることもあります。

逆にそもそもコーティングでは、満たすことが出来ないことも多くあります。

 

 

すべてにかなう、そんな魔法のようなコーティングは、

残念ながらございません。

 

 

まず最初にしっかりとできること、出来ないことを見極めましょう。

 

 

あとは、直接そのコーティングの良さを実演してくれる会社を選ぶことが

できれば良いでしょう。

 

 

インターネットのホームページなどではどんなことでも言えてしまいます。

 

実際に見て、触ってみることをお勧めします。

 

 

それが、出来ない場合は、電話をして、様々な質問を必ずしてください。

 

 

これを怠ると、後悔をした時に、悔やんでも悔やみきれません。

 

色々な質問をしっかりと回答してくれる会社であることは、最低条件です。

 

ただ、最大の注意点は、営業トークに乗せられないこと!です。

全てを満たす魔法のコーティングは存在しません。

それは、例えるならば、事故を起こす車が無いと言うようなものです。

そのような車も研究されておりますが・・・・。

 

自社のコーティングのデメリットをしっかりと案内する会社を選ぶべきです。

そして、失敗したこと、クレームを受け付けたことが有ると言える会社を選びましょう。

 

会社である以上、常に成功を続けられる会社は無いに等しい筈です。

歴が長ければ長いほど、失敗やクレームは残念ながら有るものです。

無いですなど言ってしまう会社は危ないでしょう。

 

誠に申し上げにくことですが、失敗も、クレームもこれまでにございます。

 

過去をしっかりと省みた上で、仕事をされている証拠です。

 

これは、決して当社のことを言っておりません。

 

業界を超えて、こうあるべきではと。

 

当社も、このようにありたいと思っています。

 

フロアコーティング森のしずく

株式会社ゆはかのこ

代表

 

 

ハロウィーン

 

ハロウィン.jpg

ハロウィーン。日本で言うお盆でしょうか。

 

当社でもスタッフがハロウィンの飾りつけをしておりました。

 

本日は、6組のお客様がお越し頂く予定です。

 

この3連休の初日がスタートします。

 

株式会社ゆはかのこ

フロアコーティング森のしずく

 

 

 

 

 今日の東京は午後から久しぶりに良く晴れました。

 

 汗ばむ陽気とは、今日のためにある言葉。

 昼から某社N社長と会うために、有楽町まで行って来ました。

 

 久しぶりに会うや否や、「 太ったなぁ。 」

 

 ストレートに言われて、「 たっぷりと 」と答えて、ついでに

 「 お前もなっ! 」と。

 

 Nの方がよっぽど太っていました。

 

 

 彼とは、「 昔ギリシャの~・・・・。 」

 

 子供の頃、私は父の転勤でギリシャのアテネに暮らしていたのですが、

 その時に一緒に遊び共に学んだ同級生です。

 

 私はアテネ日本人学校というところに、2年半程、通っていました。

 

 Nのお父さんは、日本大使館員さんだったのです。

 

 そんなNを私は時に道具のように使っていました。

 

 Nの家で遊んだ後は、必ずスケボーに私が座り、Nが私の家まで背中を押して

 送ってくれていました。

 今思えば、2㎞ほどはあったと思います。

 

 本当に良い友達です。

 

 しかし、小学校低学年だった私たちは、帰国後にお互い連絡を取る術もなく、

 気が付けば、おっさんになっていたのです。

 

 ある日、会社の電話がなったのです。

 

 外出していた私に受付女史より託が・・・。

 

 「 何かギリシャのアテネの学校の〇〇社の人からお電話で・・・。N様で連絡先が・・・。 」

 

 うれしかったです。本当にただただ嬉しくて。

 

 思えば一番無邪気な頃でした。

 

 日が暮れるまで、一緒にギリシャ人の子供(当時は失礼ながらギリコウと呼んでいました。)

 ギリコウは私たちをチンチョンと呼んでいましたが、彼らは私たち異人を受け入れてくれて、

 ギリコウとチンチョンは一緒にサッカーをしたり、鶏を追いかけまわしたりしていました。

 

 ニュースでは、ギリシャ経済はかなり重症な状態とのこと。

 心が痛みます。

 

 そんな幼少期を一緒に過ごしたNと今日会って来ました。

 

 とりあえず、仕事を抜きにとの前置きをして会いました・・・・。

 

 でも結局は、仕事、仕事、仕事の話しでNが終始してくれました。

 

 Nも頑張っていたんだなぁ。ってなんだかとても感慨深く思いました。

 

 自分はどうか・・・・。

 

 お互いに刺激を仕合い、また仕事でも今後切磋琢磨していくことを二人で

 誓いあいました。

 

 なんでも、Nは最近良いことが少ないとかで、今からが正念場だと、

 ひたすら繰り返していました。

 上場をしてもおかしくない、そんな経営者のNを頼もしく思い、

 同時に自分も今からだと思った本日13時でした。

 

 

ほこたてナノグラスコート森のしずく.jpg

 

 業界で唯一フジテレビ系番組 「 ほこ × たて 」 で取り上げられました。

 

 フロアコーティング森のしずく

 代表

 

 先日、当社をご利用くださったお客様のお宅へお伺いをさせて頂きました。

 

 あれから、2年が経ちますが、洗面ボールも、玄関の石部分もとても

 綺麗な状態でした。

 

美観維持.jpg

 ちょっとお水を垂らさせて頂いたら、十分な撥水力をキープしていました。

石材の撥水.jpg

 多くのお問い合わせに対しまして、日々施工部でサンプル作成をしております。

 毎日100セット程度を作っております。

 鮮度を重視して出来るだけ塗布直後の床材をご郵送させて頂いております。

サンプル床材.jpg

 一枚毎に、丁寧に職人が仕上げております。

 

 お問い合わせを頂きましたお客様へ、翌日にお届けできるように、

 努めております。

 

 フロアコーティング森のしずく

 

今回は、床の補修をクローズアップします。

床補修.jpg

 

暮らしの中で、床が傷ついてしまうことは、物理的に避けることが難しいのが現状です。

せっかく床をきれいにしても、どのようなことをしても傷はついてしまいます。

 

お引き渡し後の傷に関して、当社では最大限対応をさせて頂いております。

しかも、シート式の床材が多く、またオレフィン加工等種類も豊富なため、

十分な知識と技術が必要です。

 

もう一つ重要なことが、「 補修はセンス 」が大切であるということ。

手先の器用さよりも、「 センスの方が重要 」なのではないでしょうか。

 

当社の仕様は、ハードワックスではありません。

ハードワックスの場合は、剥離作業で簡単に落ちてしまったり、

硬化後の時間経過と共に、樹脂が痩せてしまい、結局補修跡が直ぐに判ってしまうからです。

 

そのため、ハードスティック、バーンスティックを使用して、しっかりとした補修を

しております。

 

バーンスティックをしっかりと充填すると、簡単に剥がれるようなことが無いため、

安心できます。

 

通常バーンスティックは、プロ仕様で、難易度が高いので敬遠されがちです。

 

高度な技術を要求されると、どうしても越えてやろうと闘志を燃やしてしまう性分。

 

ぶっちぎりに上手い補修をマスターしてみせます。

 

当社の安心は、お客様の安心だと考えて・・・。

 

フロアコーティング森のしずく

               代表

             ナノグラスコート森のしずく 代表

オリンピック開催が決定し、また消費税増税が決まり、

ご新築物件をご購入される方が増えたことを実感しております。

 

当社にも連日多くのお問い合わせと、ご依頼を頂いておりますが、

首都圏では湾岸地域のご物件ご購入者様からのお問い合わせを

多く頂いております。

 

 

お問い合わせの中には、御社で失敗やクレームはありますか?

とのご質問を頂くことも多くあります。

口コミで汚かったとか記載がありましたが、大丈夫ですか?

など、ネガティブな情報をお聞きされる方もいます。

 

当社では、残念ながら失敗はあります。

またお客様からご指摘を頂くこともございます。

 

それらをクレームと十把一絡げに括ってしまうことは

したくはありませんが、しかしお客様のご指摘は、

いかなる場合も、間違いなく社内ではクレームとして、

最重要課題としなくてはいけません。

 

失敗やクレームを顧みないことが、一番怖いことです。

社員の中には、「○○が施工したお客様からクレームです。」と

言うことを嫌がる者もいました。

しかし、これは単なる甘えに過ぎません。

施工スタッフ目線で考えているからそのような発想となるのです。

 

お客様が気になることを、わざわざご連絡を頂いた以上、

立派なクレームです。

クレームはクレームなのです。

 

当社では、失敗例、クレーム内容等を正直に開示させて

頂いております。

また、その対応方法や、取り組み方、考え方もすべてを

回答させて頂くように、全社員に徹底しております。

 

施工スタッフの驕りは、直ぐに施工に現れてしまいます。

謙虚に、お客様の大切な資産であることを

いつも肝に銘じて、仕事をする。

 

これは、日々再確認をする必要があります。

 

失敗したことが無い会社など、無いはずです。

失敗があるとは、ご迷惑をお掛けしてしまったお客様がいることです。

ですから、決して開き直る意味ではございません。

 

失敗を繰り返す会社は多いです。

失敗を失敗と認めない人も多いです。

 

ですから、失敗を認めて謙虚さを持ち、対応し、対策をして、

勉強をしていることに意味があります。

 

当社は会社以前に、人として正しくありたいと思います。

 

これからも、お問い合わせ、ご質問を頂き、

また、忌憚の無いご意見をお寄せください。

フロアコーティング森のしずく

株式会社ゆはかのこを今後とも、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

マンションデベロッパーのオプション会で

フロアコーティングの案内があり、何だそれ。

 

ネットで調べてみたら、恐ろしい業者の数。

そして種類や名前もとても多いことがわかった。

 

わからないのは、何が良いのか。

それがまったくわからない。

と言うよりもわかる人はすごいです。

 

 

簡単に説明をしますと。

フロアコーティングには、油性と水性があります。

保証を出している会社のコーティングはほとんどが油性です。

水性で保証を10年出されている会社さんもありますが、

耐久性では、油性が圧倒的に強く、安全性も実は変わりません。

油性も安全です。

赤ちゃんのおもちゃや哺乳瓶も硬化したら安全です。

むしろ水性の方が、硬度が低く、また水、湿度に弱いため、不安あり。

 

ですから、選ぶなら油性です。

油性にも種類があります。ここでは簡単に説明します。

 

種類 → 耐久性 → ツヤ  と 

質感を下記にまとめました。

 

油性フロアコーティングの種類

ガラス→20年~30年ほど→ツヤが無い。

質感:自然な風合い。

 

UV→20年~30年ツヤが一番有る。高光沢。

質感:プラスチックのような感じになる。

 

シリコン→10年→ツヤがある。光沢度もなかなか高い。

質感:やはりプラスチックのよう。

 

ウレタン→10年→ツヤがある。これは体育館のような床ですね。

質感:プラスチックのよう。

 

簡単に大別するとこの4種類です。

耐久性に幅があるのは、各商品にて非常に多くのコーティング剤があるため、

大きな差異が発生する。

 

ここが大切です。

 

同じガラスでも本当に種類があるため、

ここをしっかりと吟味しましょう。

 

どうすれば、解るか?

 

簡単な方法は、やはり価格です。

 

あまりにも安い場合は、注意をしましょう。

 

とりわけ、ガラスフロアコーティング剤は、高耐久になれば

なるほど、仕入れ値が最低でも3倍は違ってきます。

 

安いことは、お客様にとり、とても重要なファクターですが、

耐久性の確保の方がより重要です。

 

安いガラスコート剤もたくさんあります。

しかし、引き渡し後にどれだけの期間持つかが不安です。

ガラスも通常剥がすことができません。

 

価格の差には意味があります。

 

高いと思う会社には、どんどんその根拠を聞きましょう。

 

価格だけで、安直に選ばずに、長い目での費用対効果を念頭に、

検討してください。

 

そして、もう一つ大切なこと。

 

は、「 ツヤ 」です。

 

ツヤが嫌な場合は、ガラスしかありません。

 

ツヤが欲しいなら、UV、シリコン、ウレタンより選べます。

 

ガラスはツヤは無いため、残念ながらやった満足度が低いのが

デメリットでしょう。

 

ふわっと全体を捉えて、あとは各会社さんの売りを聞いて、

少しずつ決めていかれることが良いでしょう。

 

株式会社ゆはかのこ

代表

 

 

 

 

 

 

 

 

インテリアオプション会社に参入していないワケ。

ほこたてナノグラスコート森のしずく.jpg

 

森のしずくナノグラス.jpg

オプションは高い。

これは、良く聞く話しですが、

本当に高いです。

 

かといえ、外部業者は不安だし。

当社も外部業者ですが・・・。

 

オプション会社に依頼をするメリットは、

引き渡し前に工事が通常終わっていることでしょうか。

 

当社も最近では、オプション会社として、参加しませんか?

と声を掛けて頂くことが増えました。

 

オプション会社として参入すればそれなりに成果を出して、

お客様にご満足を頂ける自信はあります。

 

しかし、何分にも中間会社や、元請会社が、

お客様との間いに入ることに

対する抵抗が払拭できません。

 

オプション会社になる以上、それなりの成果止まりとなるのでは。

お客様満足度を自社お客様と同様に、高めて行くことにも一定の限界が

生じると思われます。

なぜなら、お客様以前に、元請さんをみた仕事となり、

自社が物が言えない業者となってしまうからです。

 

これは、嫌ですね。

 

生意気なことを申すつもりはありません。

それ故、当社の責に帰すことは、しっかりと責任をとらせて頂きます。

 

ここをしっかりと明確な形で、お付き合いが出来る会社さんを

募集させて頂きます。

 

従来型の中間マージンや、参入費などでは無く、

本当に自信のある商品、サービスを、自信を持って

ご提供していくことで、相乗効果を築けるような・・・。

 

せっかく新築のマンションをご購入されるお客様に

抜群に良いものをご提案しませんか。

 

このようなことを言うと、いつも馬鹿扱いをされて

なかなか相手にされませんが。

 

どなたに対しましても、決して悪い話しではありません。

 

当社ホームページ左側部分に現在、

セコムさんやアート引越センターさんが掲載されておりますが、

単純なアフェリエイトではありません。

お互いの守備範囲を尊重し、プロとして推薦できること、

そして逆に、推薦頂ける企業として、存在していくこと。

 

当社は様々にシナジー効果を構築できる

会社様を募集させて頂きます。

 

株式会社ゆはかのこ

代表

 

フロアコーティングナノグラスコートは、ガラスコーティングです。

 

ほこたてナノグラスコート森のしずく.jpg

ガラスフロアコーティングのナノグラスコートの保証期間は30年です。

 

フロアコーティング森のしずく は、独自路線を歩んで参りました。

そして、今後も変わることはございません。

 

なぜ、30年間もの期間を設定しているか。

 

他に無いからです。

 

そして何よりも以下の事由が、存在しているからです。

 

フロアコーティングを施工した場合でも、傷は防げません。

フロアコーティングで傷を防ぐことは出来ません。

あくまでも傷を抑制する効果があること。

傷が付いた場合に、コーティング塗膜が犠牲被膜になり、

床材自体への傷を付き難くすること。

 

どんなに硬いダイアモンドでも、傷は付いてしまいます。

 

ですから、フロアコーティングを施工するだけでは意味がありません。

 

傷が付かない商品であったならば、そもそも保証は必要ない

かもしれません。

 

施工後にしっかりとしたアフターサービスの提供が必要です。

 

当社は、施工がお客様とのお付き合いの始まりと考え、

フロアコーティングの価値は、施工後の無償保証にあります。

 

硬度だけを追求することも、施工対象物がフローリングで

あることを考えると、あまり意味がありません。

たとえば、硬度9Hは高すぎてしまい、

逆に総合強度が落ちてしまいます。

対象物の硬度との差異が大きいと、強度は落ちます。

 

万能でありたいと考えます。

しかし現況、万能ではありません。

 

万能でない部分を、できる限り無償で対応を

させて頂くことで、万能に近づくことに

努めているところです。

 

株式会社ゆはかのこ 代表

 

 

 

 

多くの会社があり、それぞれがとても良いことを

謳っていて、どこにお願いをすれば良いかが

最終的にわからない。

 

だから、口コミを見て判断されたり、

施工実績で判断される方が多いのは。

 

実際、当社にも口コミを見てお電話や

お問い合わせを頂くケースは非常に多いのです。

 

しかし、その情報に関しては、当社でも把握していないことも

多く、また身に覚えのない情報であることもあります。

 

情報があふれていることで、逆に本質を見失うことが多いです。

 

せっかくのご新居をご購入されたのです。

 

シンプルにご検討を頂きたいと、心より思っております。

 

シンプルに信頼のできる商品をお選び頂きたい。

 

そして、商品と会社は表裏一体です。

 

10年後、20年後とずっと付き合いをしていける会社か?

会社体力は?

どのような考えを持っている会社か。

代表権者は誰か。

責任所在は。

 

 

ただ、この業界に限らず、すべてのサービス業におき、

価格に重きをおいた営業をしている会社、

低価格を売りにしている会社には、

例外なく不安が生まれます。

 

そして、多くの場合、その不安は的中していることの方が多いのです。

 

良い商品は、低価格で勝負するには一定の限界が生じます。

 

森のしずくは、安さを売りにしておりません。

 

しかし、常に価格の公正、適正をしっかりと考えて、

ベストな商品をベストな価格でご提供させて頂く。

 

適正価格を森のしずくは、追求して参ります。

 

フロアコーティング森のしずく 代表久永です。

 

フロアコーティングを新築購入時に実施するか。

 

それとも後のリフォーム代にオントップしておくか。

 

どちらの考え方も正しいと思います。

フロアコーティングを依頼して、初期より長くきれいな状態を

保とうとされる場合は、コーティング会社の保証内容が

良いところを選ぶ必要があります。

 

さて、本日はマンションフローリング工事につきまして、

私が昔よりお世話になっている工事会社さんの話しを・・・。

 

フローリングを張替工事をする場合、工事申請が必要となります。

各マンションで期間は違いますが、多くの場合最低でも3週間~2週間前に

申請をしなくては、工事許可が出ません。

 

また、申請書類も管理事務所から貰うもの、

工事会社が作成して提出するものまで、多義にわたります。

 

ここで、大切なこと。

 

床材の規定をしっかりと管理会社に確認をした上で、

マンションの仕様規定を充たした床材を選ばなくてはいけないのです。

 

好きな商品を先に選ぶと、マンション工事許可がおりません。

 

事前に床材を購入するのではなく、

マンションの仕様を確認し、仕様に則した床材を購入する。

この順序を守らないと、リフォーム会社から床材費用を多く

請求されてしまいます。

 

床のリフォームをご検討されている皆様。

マンション仕様に気をつけてください。

 

 

フロアコーティングは、前処理がとても重要です。

ご依頼を頂きました、お客様におかれましては当然ですが、

お掃除をして頂く必要は一切ございません。

当社では、とにかく事前クリーニングに力を入れております。

 

 

ほこたてナノグラスコート森のしずく.jpg

森のしずくは、した処理をとにかく大切にしています。

フロアコーティング施工図下処理.jpgフロアコーティング施工前処理.jpg

これは、アルコールで表面を洗浄しているところです。

フロアコーティング下処理済み.jpg

さらにフロアをクリーニングします。クリーニングをしただけでも

かなり違います。

ガラスコーティングの艶.jpg

これが、ようやく下処理が終了したところです。

ナノガラス施工.jpg

ここがボトムベース。

これからいよいようコーティングを施工していきますが、

この時点で、すでにフロアコーティングを実施したと思えるほど、

床がキレイになります。

 

この時点で、他社さんの職人さんであれば、多くの場合、

ガラスコーティングを施工したのですか?と言われるレベルです。

 

これこそが、森のしずくフロアコーティングの技術です。

 

 

新築マンションをご購入をされたら引き渡し前に

内覧会があります。

 

その内覧会や、最後の再内覧会後に

建元様から、購入者様に書類への押印を求められます。

どのような書類かをしっかりと確認しましょう。

 

これは、瑕疵担保責任に関する重要な書類であることが

ほとんどです。

ですから、印鑑を押す時は、慎重になる必要があります。

 

印鑑を押すということは、非常に重要な行為です。

 

傷や不具合が有った場合は安易に印鑑を押すこと渋り、

別書類に改善する旨の一筆を会社印入りで求めるくらいの

慎重さが大切です。

 

安易に印鑑を押したが為に、

傷や不具合への対応が、非常に曖昧な状態のまま、

ご購入者様の責とされたケースもございます。

お客様が知識がないことを良いことに、

瑕疵担保責任を歪め、傷や不具合の改善に応じないケースも

当社お客様にて存在しました。

 

内覧会中までは、

お客様は善意の第三者ではあります。

 

しかし、

内覧会等を経た以上、ご契約主体となり、

知らなかったなどと言うことは、法的にもなかなか認められません。

 

また、内覧会を経たので、

不具合のチェックをする機会も得たと看做されます。

 

そのために、内覧会を建元様は開催しているとも言えます。

 

ですから、内覧会は真剣勝負です。

しっかりと注意をして臨む必要があります。

 

内覧会で不具合が無い物件は今まで一つもありません。

 

それだけに、内覧会は大切です。 

 ガラスフロアコーティング森のしずく

ほこたてナノグラスコート森のしずく.jpg

フロアコーティング失敗

 

最近このようなキーワードを良く見ます。

 

施工の件数だけ、お客様にお喜びを頂けるものと、

断言出来るものでは無いのです。

 

求められるお客様のご期待と、実際と若干の差異が生じたり、

質感が変わってしまったり。

艶感が違ったり。

 

これらは、主観に左右される部分。

 

次に、施工対象物(フローリング)が、様々な材質であること。

 

そして、技術とコーティング剤の質。

 

これらが失敗の大きな要因です。

 

質にこだわり、職人が腕を磨き、しっかりとした事前説明があり、

施工後のことも含めて、しっかりとしたお客様との

コミュニケーションが不可欠です。

 

とりわけ、品質と職人のレベルを最高値でキープするためには、

価格での勝負は難しいところが生じます。

 

安さを売りにできる会社様は、多くの努力をされているとは思いますが、

絶対に省いてはいけないところまで、削減されている価格設定に

思えるところもございます。

 

様々な業者からお見積り・サンプルを取り寄せ、

比較検討されることは、大変重要です。

 

多くの場合、当社が他社様より価格が高いケースが多くございますが、

クオリティー重視と、保証を最重要視しております。

 

施工後に大きなアドバンテージをお客様へお届けします。

 

フロアコーティング森のしずく

 

 

ナノガラスコーティング

ガラスフロアコーティング施工後.jpg

ガラスフロアコーティングと申しましても、

ただのガラスコーティングではありません。

森のしずくのガラスコーティングは、

従来のナノコンポジット技術をはるかに超えた、

コーティング剤の粒子が非常に細かく、

最新最先端のガラスコートです。

「 商品名はナノグラスコート30 」

意匠性のある、ファーストクラスな住空間へ。

森のしずくが誘います!

 

フロアコーティング森のしずく

エコカラット施工

 

エコカラット施工は、森のしずく専門施工店へ。

リビングデザインエコカラット.jpg

エコカラットは様々な組み合わせによって、

とてもおしゃれに、意匠性あふれるオリジナル空間を演出してくれます。

 

グランドターミナルタワー本八幡エコカラット.jpg

ただ単に、エコカラットを貼るだけではなく、鏡を横にズドーンっと持ってくると、

非常にかっこよく、空間に奥行が出て、広く感じます。

本日は、高層階での施工であったため、

夜景がエコカラットの中心にある鏡に映り、

とても綺麗なリビングを演出することでしょう。

 

お客様にもお喜びを頂きました。

 

ナノグラスコート森のしずく

 

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。