2013年8月アーカイブ

 

現在では、フローリングの大半がシートフローリングです。

 

建材メーカーさんも非常に多く、種類もとても多いです。

 

しかし、建材メーカーが違っても、品番が違っても、

 

シート部分。一番上のシート。

 

シートはほとんどが一緒のフローリングがあるのです。

 

そしてそのシートはちょっとした熱で溶けてしまう。

 

当社へ、鍋をちょっと床に置いてしまったというお客様から

電話を頂きました。

 

当社でも他社様でもフロアコーティングは実施されておらず、

床の補修会社を調べていたら当社が目に留まり、

お電話をくださいました。

 

そして、本日現調へお伺いをスタッフがさせて頂きましたところ、

思いっきり溶けてしまっており。

ペロンとめくれ上がっており、燃えたようになってしまっている

ところがありました。

 

補修でなんとか上手くキレイにして欲しいと言って頂き、

担当が持ち帰ってきました。

さて、補修は出来るか。

 

補修部に聞いたら即答。

ダイノックと同じ方法で直ぐにキレイに出来ますよ。

 

えっ?

 

本当・・・。

 

現調にお伺いしたスタッフも安心した様子で、

お客様へ直ぐにお電話をさせて頂き、

補修費用¥31,500を頂くかたちで、

明日、お伺いが決まりました。

 

このように溶けてしまうシートの場合でも、

ナノグラスコート30をはじめに施工していたならば、

1200度まで耐えられるため、

溶けることはありません。

 

手前味噌ですが、

このケースでは、ナノグラスコート30の必要性と

凄さを実感しました。

 

 

ナノグラスコート森のしずく株式会社ゆはかのこ

では、昨日よりフローリングの傷に対します

補修技術を向上させる研修会を実施しております。

 

施工部スタッフがあらゆる床材に

対応し、より高度な技術を一様に身につけることを

目的としております。

 

協力補修業者さんにもご尽力を頂き、

本日を含めて2日間で行っております。

 

シート式のフローリングなどは、

気を付けないとコテの熱で溶けてしまいますが、

絶対に溶かしたり不具合を発生させない

技がたくさんあります。

 

ベテランの補修屋さんもしっかりとした腕が

ありますが、

驚くことに、補修屋さんスタッフの20歳前後の青年が

一番腕が良く、すべての動きが洗練されており、

無駄がなく感じました。

 

経験も大切ですが、とにかく様々な種類の

補修対象物に順応することが

重要です。

 

当社では、今後も定期的に補修技術向上に努めて

参ります。

 

ナノグラスコート森のしずく

 

 ナノグラスコート森のしずく

 

森のしずくショールームへは、

ガラスフロアコーティングを

ご検討中のお客様が、

とても多くご来場を頂いております。

 

フローリングへのコーティングだけに

限らず、今夏より

水周りコーティング各種および、

クッションフロアへもナノグラスシリーズを

ラインナップしました。

 

そのため、反響も大きく、

今まで経験のない、好評を頂いております。

 

ガラスフロアコーティングも

価格や品質もまちまちです。

 

それらあらゆる種類のガラスコーティングを

実際にご体感頂ける。

とにかく実際に感じて頂くことに

重点を置いております。

 

他社使用のコーティング剤も

多数取り扱いをしておりますので、

比較検討の材料として頂けます。

 

情報がとにかく多くて、

迷いや、悩み、そしてご不安だけが

残ってしまう。

そんなところをしっかりとわかりやすく

ご説明をさせて頂いております。

 

ぜひ、フロアコーティングショールームへ

ご来場ください。

 

フロアコーティングへご来場の際は、

お手数ではございますが、

当社ホームページ「 ショールーム 」ページ内

ショールーム予約専用フォームからご予約を

頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

お客様各位ごとに、しっかりとお時間を設定させて

頂き、お客様のペースでご案内をさせて

頂いております。

 

ナノグラスコート森のしずく

ナノグラスコート森のしずく

ショールーム情報

 

お盆休み期間中もナノグラスコート森のしずく

ショールームでは、沢山のお客様にご来場

頂いております。

 

酷暑の中、本日も東京大田区(羽田空港そば)より

わざわざ電車で足をお運び頂きました。

また、午前中には、東京都多摩市より

電車でお越しを頂きました。

どちらも電車では乗継も多く、大変です。

このような労力を頂き、お越しを頂けますこと、

本当にありがたく存じます。

 

当社はフロアコーティングショールームへお越しを頂きました

お客様へナノグラス水周りコートのプレゼントを

現在実施しております。

 

ご新築に限定となりますが、多くのお客様に大変ご好評を

頂いております。

 

フロアコーティングにつきまして、ご検討中のお客様は

ぜひ、フロアコーティングショールームへお越しくださいませ。

 

スタッフ一同、お待ちしております。

 

ナノグラスコート森のしずく

 

 

ナノグラスコート30

 

下図は本日施工後のナノグラスコート30です。

酷暑のため、9時からの施工で19時には硬化が進み、

このように、マットな質感な仕上がりを確認し、

施工終了しました。

ナノグラスコート30完成.jpg

 

 

 ナノグラスコート森のしずく

新商品のナノグラスコート30は、

文字通り30保証のガラスフロアコーティングです。

 

施工前と施工直後と施工終了時と画像を撮影し、

お客様にしっかりとご案内をさせて頂くようにしております。

 

下図ナノグラスコート30施工前2013年8月12日 川崎市新築マンション

ナノグラス施工前廊下川崎市.JPG

 

ナノグラスコート30施工直後2013年8月12日 川崎市新築マンション

 ナノグラス施工後川崎市廊下.JPG

 

2013年8月12日  東京都府中市 新築マンション

ナノグラスコート30 硬化後

施工前.jpg

 

2013年8月12日 ナノグラスコート30 施工直後 東京都府中市 新築マンション

 

ナノグラスコート施工直後.jpg

 

ナノグラスコート30施工直後は、このように濡れ色で、ツヤを感じますが、

硬化するとツヤ感はとれて、マットな仕上がりになります。

 

2013年8月12日

本日もフロアコーティングショールームへお客様にお越し頂きました。

酷暑の中、足をお運び頂き心より御礼申し上げます。

 

 ありがとうございました。

 

 ナノグラスコート森のしずく

 株式会社ゆはかのこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森のしずくナノグラスコート

 

ナノグラスコート森のしずくの、

保証に対します考え方を

大枠でまとめました。

 

L_headshop_site.gif

 

①保証に驚きを持たせる。

②他社が真似できないクオリティで保証を実践する。

③保証を実践することが、当社商品向上の大きな材料である

  ことを忘れない。

④補修力を常に保持して、無償保証を追求する。

⑤お客様に真の安心を常にお届けする。

 

森のしずく株式会社ゆはかのこでは、

上記を基調した本当の保証を実践しております。

当社の無償保証は、お客様の安心を担保させるだけではなく、

当社の品質を常時検証させて頂く上で、

非常に有益です。

 

より一層の信頼と実績を当社は構築して参ります。

 

 

ナノグラスコート森のしずく

株式会社ゆはかのこ 代表

 

 

 

 

 

 

 

新商品について質問を良く頂きます。


ナノグラスコート30はガラスコーティングですか?


はい。本物のガラスコーティングが

ナノグラスコート30です。


 

フロアコーティングに、ナノグラスコート30

商品ラインナップします。

ナノグラスコートは所謂ガラスコーティングです。

 

色々なコーティング剤がある中で、

ガラスコーティングはどのような特徴があるか

を正しく公開されているサイト情報が

非常に乏しいのが現状です。

 

ガラスコーティングの特徴としてありがちなことを

見てみると

塗膜が薄いことや、

艶があまり出ないこと。

硬度が高いことだいたい9Hと謳っている会社が

多いですね。

 

これら独り歩きした情報の信憑性を見てみましょう。

 

ここで塗膜とは基材の上に形成される膜のことを

言うことにします。

 

通常フロア用のガラスコーティング剤は

基材自体に作用します。

 

基材自体に作用するとは、

床材自体に浸透硬化をすることを意味します。

 

そのため、ガラスフロアコーティングは塗膜が薄いと

言われます。

 

塗膜は床材内部から形成されるので、

塗膜が形成されない訳ではありません。

 

ここが大きなポイントとなります。

表面形成はしませんが、基材内部において

内部形成をするのがガラスフロアコーティングです。

 

ガラスフロアコーティングを調べていると、

無機質で塗膜がありませんとの記載を目にします。


これは間違いです。


塗膜をまったく形成しないコーティングである場合、

フローリングへの必要性は皆無となります。

 

多くの情報が混在し、フロアコーティング施工会社すら

間違った情報を誤認し、そのまま間違った認識を

社員やアルバイトスタッフに落とし込んでしまって

いるケースも多いようです。

 

本物のガラスフロアコーティングは

基材内部への浸透硬化部分を含めますと、

UVフロアコーティングの比にならない

しっかりとした塗膜が形成されています。

 

フロアコーティングと特性上、

一定量の吸込率が床材には

あるため、逆に床材への浸透は避けられません。

 

浸透することがないことなど、本物のガラスコーティングでは

有り得ないのです。

 

なぜならば、ナノレベルの粒子で形成をされているからです。

ナノレベル粒子はフローリングの表面に留まっていることは

難しいのです。


フローリング表面はすぐに透過して硬化を始めます。

透過スピードを遅らせるために、

添加剤を入れる施工方法もございますが、

これは絶対におすすめできません。

 

ガラスフロアコーティングは純度と鮮度が

命だからです。

 

不純物を混入させるなど、言語道断です。

 

それは、もはやガラスコーティングではありません。

 

新鮮な高純度ガラスコーティング剤を

しっかりと純度を保って施工をすることが

できるか。

 

これを守れる会社も多くはありません。

 

価格を抑えるために、様々な液剤例えば、

ブタノールで希釈をしたりし、

平たく言えば、量増しをすることが殆どでしょう。

 

このように、㎡単価を抑える簡単な方法です。


 

果汁100%のオレンジジュースを

水で薄めて出すようなものです。


 

森のしずくは、コーティング剤メーカー各位に

たしましても、とにかく第三者的立場を取らせて頂いています。

 

コーティング剤が最高の品質、パフォーマンスを発揮できる

状態だけにこだわります。

 

営利追求を追求すればこそ、本物のみを選択して、

正しい知識と方法による施工が不可欠です。

 

ナノグラスコート森のしずく

フロアコーティング森のしずくは、

お客様邸を丁寧にしっかりとしたパフォーマンスで

仕上げることが最初の営業の場と考えております。


 

しかし、本当に森のしずくが力を発揮するのは、施工後の

どこにも負けない補修力を持った無償保証対応です。


 

保証対応NO1の実績です。


 

 

株式会社ゆはかのこ代表

 

ナノグラスコート30

ザ・神宮前レジデンスUV.jpg

 

 

 8月に入りました。

 本日もナノグラスコート30を多数ご施工させて頂いております。

 昨日は、

 ザ神宮前レジデンスにてナノグラスコート30と

 UVフロアコーティングを施工させて頂きました。

 

 

 同じお客様からのご依頼で2部屋の施工です。

 

 そして、1部屋はUVフロアコーティング30年保証で、

 もう1部屋はナノグラスコート30年保証をご依頼頂きました。

 

 

 しっかりと30年維持管理をさせて頂きます。

 

 

 

 当社はトレンドを追いかけることは致しません。

 

 粗悪品は使用しません。

 

 自信のない仕事はしません。

 

 

 

 ナノグラスコート森のしずく株式会社ゆはかのこは、

 

 職人専門施工会社です。

 

 

 

 

 

ナノグラスコート30のサンプルご請求を

大変多く頂いており、御礼申し上げます。

 

7月よりナノグラスコート30の先行販売を

開始させて頂いてから、

予想以上のご依頼により、サンプル用の

コーティング剤が不足しており、

大変ご迷惑をお掛けしております。

 

ホームページリニューアル、資料等が

不完全な状態にもかかわらず、

これだけ多くのお客様に信頼を頂き、

ご依頼を賜る現状に心より御礼申し上げます。

 

現在急ピッチでサンプル資料、

大幅に遅れておりますホームページリニューアル作業と

鋭意作業中でございます。

 

多くのお客様にご迷惑をお掛けしておりますが、

日々の作業におきましては、非常に良い

仕上がりにて施工をさせて頂いております。

 

当社におきまして、大幅な追加商品となり、

あらゆる観点より、改定が要しております。

 

しかし、そのすべてはお客様本位日本一への

改定でございますゆえ、

今暫く、お待ち頂けますよう、

宜しくお願い申し上げます。

 

 

ナノグラスコート森のしずく

株式会社ゆはかのこ代表

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。