フロアコーティングの良し悪し

フロアコーティング会社の立場上、

フロアコーティングの良さを売ることは

当然でありますが、

ネガティブなこともしっかりと発信する必要があると

当社は考えております。

 

ゆはかのこ.jpg

 

フロアコーティングは、一度施工したら、基本的に完全に剥がすことがでいません。

 

施工後の除去が非常に困難です。

 

塗膜の強度を持たせるため、また密着性を高く保持させるため、

必然的に剥離作業が難しいくなります。

 

これは、一般的なデメリットとしてコーティングをご検討されている方は、

どこかで見聞きをされていることが多いでしょう。

 

しかし、本当のデメリットはコーティングが剥がせないことではありません。

 

逆に言うと、簡単に剥がせるようなコーティングをされたら困ってしまいます。

 

一番のデメリットは、コーティング剤でも剥がせないことでもなく、

人が施工する点です。

 

人が施工をするため、人により、技術や体調、気分等に左右されるケースが

非常に高いことが問題となります。

 

最大のデメリットは、剥がせないコーティングを「 人 」が実施することです。

 

ですから、コーティング会社には非常に高い管理能力と教育が科せられます。

 

剥がせないコーティングを実施させて頂く以上、

完璧な仕事を常に行う必要があります。

 

しかし、どれだけ注意をし、教育をしてもヒューマンエラーを100%避けることは

難しいのが現状です。

 

そこで、必要なことは、施工スタッフ(職人)のレベルを高くすることです。

とにかく、高いレベル、ハイレベルな職人を育成をします。

 

そして、100%の仕事を常に心得させます。

 

このハイレベルの「 レベル水準 」はとにかくずば抜ける必要があります。

 

そうすると、万が一90%の仕事であった場合でも、

他社では100%以上の水準をキープすることが可能です。

 

当社は、職人スタッフの技術にこだわります。

 

そのため、他社に比し、職人の待遇はずば抜けて良いです。

 

それは、市場調査はもとより、同業他社の調査も実施し、

フロアコーティング施工技術水準を測った上でのことです。

 

技術職として、会社として正当な評価を、対価として実施しております。

 

そのため、同業他社で自己の能力が正当に評価されていないと

思われる職人さんや、当社の施工技術を知りたいと思われる

同業者様は、個人、法人を問わず、何でもご質問をください。

 

より良き方向へ、当社は多くの方々のご意見をお聞きしたいと

考えております。

 

競合他社様でも、業界の適正化と底上げに力を合わせるべきは

力を合わせて行くべきだと考えております。

 

当社は下請制度を設けておりません。

完全自社施工に今後もこだわっていきます。

今時と思われますが、終身雇用が出来る会社を目指しております。

有能な人材を常に募集させて頂いております。

 

株式会社ゆはかのこ 

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2013年7月16日 13:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フロアコーティング必要性」です。

次のブログ記事は「ナノグラスコート森のしずく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。