ガラスコーティングとは

 

ガラスフロアコーティング技術情報

 

ガラスフロアコーティングとは、

フローリング(床)の表面にガラス被膜を塗ることで、

フローリング(床)を汚れにくくする加工のことです。

 

一度施工をすれば綺麗な状態を長期間持続することが

できるため、マンション、一戸建て住宅を購入された

お客様に広く需要があります。

 

もともとは、床の汚れ防止である防汚効果が

コーティングをする主旨でありましたが、

コーティング剤の進化に伴い効果特性も多義に亘り、

耐水性、耐薬品性、防滑性と様々な効果が

期待できるようになりました。

 

現在では、単なる美観の範疇を超えて、

施主に意匠性を保持させた、それぞれの好みに応じた

光沢度にも対応できる業者も存在する。

 

近年では、あまりピカピカした光沢の床が好まれず、

光沢度の高いUVフロアコーティングから

マットな艶控えめな仕上がりのガラスフロアコーティング

へニーズがシフトしています。

 

艶があまりなく、無機質を謳うガラスフロアコーティング

の難点として、

施工前と施工後の過度な違いが無く、

大金を支払った上での「 やった感 」が少ないとの声が、

ガラスコーティング施工経験者さんの感想のひとつである。

 

無機質と言われるくらい、被膜が薄いため、

塗膜をしっかりと形成するUVフロアコーティングとは

コーティングの性質がまったく違うので注意が必要である。

 

ガラスコーティングは、直接床材自体(フローリング)に

作用するため、表面レベルでの被膜形成量は、

必然的に低くなってしまいます。

 

少しでも被膜を形成させるため、下地(プライマー)処理をした上で、

ガラスコーティングを施工する会社も多数存在する。

被膜を少しでも形成させる目的と、近年富に増えたシートフローリングへの

事後的施工方法である。

 

一方で、この方法では、ガラスコーティングのナノレベルの作用が

阻害されてしまい、ガラスコーティングが本来有するナノ形成、

ナノコンポジット技術の意義を損なう恐れが高い。

 

ナノレベルを追求するならば、一液性であることが最良である。

主剤に対して、ブタノールやIPAを添加し、コート性を上げることで、

実質のナノ形成は半減してしまい、成分粒子が大きくなってしまう。

 

さらに、プライマー処理をした上にガラスコーティングを実施するならば、

ガラスコーティングのナノ形成は、表面レベルだけに留まり、

フローリング(床)への作用は期待できなくなってしまう。

 

ガラスコーティングをフロア使用しる場合、より純度の高い

粒子であることが求められる。

 

粒子が細かいことが、高品質となり、

施工作業効率をあげるために、様々なものを添加することは避けなくては

ならない。

 

粒子の細かいガラスコーティング剤は現在多くは存在しない。

粒子が細かくなると価格も上がるため、

ブタノールやアルコールで希釈を推奨しているメーカーも

存在する。

 

希釈ができるガラスコーティング剤は、そもそも粒子が大きいこと理由で

希釈を推奨しているケースも非常に多い。

 

ガラスフロアコーティング施工時に、希釈を要するのであれば、

ガラスコーティングをする意味は薄れ、ネーミングはガラスコーティングだが、

結果はシリコンコーティングの艶消しと大差が無くなってしまう。

 

 

技術情報

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2013年7月 3日 08:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ナノガラスコーティング30年保証」です。

次のブログ記事は「水周りフッ素セラミックコーティング改」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。