フロアコーティングナノグラスコート30年保証

 

ナノグラスコート30年保証

 

 

ナノガラスコーティング.jpg

 

フロアコーティングの

ナノグラスコート森のしずく

では、ずっとフロアコーティングガラスコーティングに対しまして

否定的な立場でおりました。

 

ガラスフロアコーティングをずっと検証して参りましたが、

長い間、当社はUVフロアコーティングを主力商品として参りました。

森のしずく≒UVフロアコーティングとの立場で仕事を頂いておりました。

 

そのような中でガラスコーティングに踏み切れなかった理由とは。

 

「 フロアコーティング保証 」が出せなかったからです。

今まで色々なガラスコーティングを検討致しました。

しかし、保証が出せて初めてコーティングに価値が見出せると

考えます。

ここで言う保証とは、傷発生時に無償にて補修をさせて頂くことを意味します。

 

試してきたガラスコーティングは補修が非常に難しく、

保証が出せませんでした。

 

ひび割れなどは、テストを実施していく中で解消することが出来ました。

これら、コーティング剤の適応性を上げること(ノンクラック化)は、

当社ではなく、メーカーサイドで改良を実施して頂くことができます。

そのため、業界全般としてすぐに改良が進みました。

一部、クラックレス非対応商品もございますので、注意が必要です。

クラックレス商品であることは、現在必須条件でございます。

 

上記より、ガラスは割れやすいとの当社の考えも

2013年6月中にはすべて払拭できました。

 

多くのお客様より、当社に対しまして、

ガラスフロアコーティング施工リクエストを

頂いて参りました。

 

それでも商品として依然お売りすることが出来ませんでした。

 

無償保証が出来なかったからです。

 

次なる不具合が残っていたのです。

 

それは、コーティングと湿度の関係で硬化後に

床面が白く変色してしまう現象が

数パーセント予見されていたのです。

 

ガラスフロアコーティングに対しますニーズの中、

当社は焦りもございましたが、

利益優先の運営はお客様はもとより、

当社のスタイルではありません。

 

ずっとずっと、水面下でこの約2年間ガラスフロアコーティングの

改良を実施しておりました。

 

そのため、当社はガラスについて間違いなくフロアコーティング業界で

トップのデーターと知識、蓄積技術、そして実績面でも

1万件を施工する以上の総合情報を保有するまでになりました。

 

そのような中出た結論が、ナノグラスコートだったのです。

今までの既成概念を超えて、他業種とも交流をし、

勉強をし、まったく新しい、フロアコーティングでは異次元の

フロアコーティングガラスコート剤が誕生しました。

 

ナノグラスコート30はもちろん保証が出せます。

 

無償対応の保証書を発行させて頂けます。

 

ナノグラスコートジャパン株式会社並びに株式会社スプレッドサービスに

ご尽力を頂き実現をしました。

 

当社のモットーは。

 

当たり前ですが、自信の無い仕事はしません。

 

施工がキレイなのは当たり前です。

 

施工はどこよりもきれいに美しく。

それでもトータルで見た時に、

施工に対する比重は3割程度です。

 

残りの7割は?

 

施工後の30年間にしっかりと置かせて頂きます。

 

お客様につらい思いや、嫌な思いはさせません。

 

ただひたむきに、お客様のずっと先の未来を

見据えた仕事を心がけて参ります。

 

株式会社ゆはかのこ

フロアコーティング森のしずく代表

 

 

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2013年7月31日 18:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フロアコーティング ガラスコートはナノグラスコート30」です。

次のブログ記事は「ナノグラスコート森のしずくサンプル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。