フロアコーティング

 

フロアコーティングとは。

 

フロアコーティング(床保護・床塗装)とは塗料やコーティング剤を用いて、

          床の表面を塗料の塗膜、被膜で覆う内装作業であります。

 

床の保護・塗装は、床材を保護し、床材表面および、

床材自体を傷から守ることを最大の目的としている。

古くはワックスがその役割をし、現在でも店舗などで広く採用されている。

 

ワックスとの大きな違いは塗膜、被膜の強さです。

 

リコート性(再コート性)を持たせるために、ワックスは剥離ができる程度の塗膜、

被膜強度しかないのに対し、

コーティングの場合は、強靭な塗膜、被膜でリコート性がなく

、一度塗布すれば、大きな問題が無い限り、

再塗布の必要がない。

 

そのため、メンテナンスがいらなく、一般住宅を中心に急激に需要が増えた。

 

現在では、種類も増えて、ガラス、UV、シリコン、ウレタン

と油性のコーティングが中心である。

 

ガラスコートの場合は、均一にとても薄く塗布することが要求される。

 

そのため、塗斑や、擦れが出やすく、技術を要する。

 

技術不足を補うために有効な施工方法として、

床面に対して直角方向から圧着させて擦り込むようにすると

きれいに均一な被膜を形成させることができる。

 

フロアコーティングの沿革を見た時に、

このような床保護や床塗装をヒットさせた一因は、

引越会社やマンションオプション会社である。

 

これらの業者が15年程前より徐々に売り出したのが始まりとされる。

 

しかし、当初はジョンソン(現ディバーシー株式会社)の

ステイタスと言うワックスや、

株式会社リンレイのR-1などのワックスが使用されていた。

 

これらワックスはウレタン含有率が高く、他のワックスに比し、

厚い塗膜を形成されたからである。

フロアコーティングのスタートは、水性ワックスだったと言える

時代と共に、より強靭な塗膜へと進化をしてきたのだ。

 

現在の傾向

現在では、艶が無いコーティングの人気が高く、

艶が控えめなガラスが主流と言える。

全体のニーズを100とした場合、

70%が艶を抑えた施工が求められている。

 

必要性

多くの場合、意匠性を一つの目的とされているため、

要否を問うこと自体が本題から逸れてしまう。

床保護の視点では、必ずしも必要とは言えない。

床材メーカーも様々な耐傷加工をした商品を生産している。

工場ライン生産を現場作業で超えることは、非常に困難である。

美観と保護の考え方により、要否が大きく分かれ、

あらゆる掲示板サイトでも賛否両論があり、

多くの人が迷う結果が生まれている。

 

リスク

現在のフロアコーティングのほとんどが、

一度塗布すると完全に剥がすことができない。

塗膜が強靭なため、剥離剤を使用しても剥がせないのが現実である。

塗膜が強靭であることが強みであり、

それゆえに剥がせないことがリスクの側面を持つ。

 

基本的にフロアコーティングは剥離作業を前提としていない。

 

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、フロアコーティング森のしずくが2013年6月28日 12:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フロアコーティングブログキャンペーン開始」です。

次のブログ記事は「こどものためにできること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。